Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

「甘利大臣辞任は当然」が7割なのに、安倍内閣支持率が増える世論にびっくりぽん。共同通信、毎日、読売。

2016年02月01日 | 安倍自民党の危険性

 

 報道各社が2016年1月30、31日に行った全国世論調査では、当然のことながら、甘利明・前経済再生担当相の辞任は「当然」とする声が多数を占めましたた。

 共同通信社の調査では「辞任は当然」とする回答が67.3%だったのに対して、「辞任する必要はなかった」は28.5%にとどまりました。

 読売新聞社の調査では「当然」が70%、「必要はなかった」が23%でした

 約7割が、甘利大臣の辞任は当然だとしたわけです。

  ところが、肝心の内閣支持率は、共同通信の調査では2015年12月の前回調査より4.3ポイント高い57.3%、読売調査では前回(15年1月8~10日)から2ポイント高い56%、毎日に至っては15年12月より8%も増えてとうとう51%。

 どこも、内閣支持率が5割を超えてしまいました。

 

 これはなぜかというと、毎日の調査によると、安倍首相が甘利大臣を任命した任命責任について

「任命責任は重くない」との回答が46%、「任命責任は重い」が42%

で、安倍首相の任命責任を問わない人の方が多かったんです!

 第一次政権以来の安倍内閣の重鎮なのに!経済政策を任せていたのに!!

 だいたい、甘利氏が今回の暴露をした相手に騙された、はめられたと言って甘利氏を庇うようなことを言う人がいるのですが、この人、この前までTPPで各国とタフな交渉をしていたんですよ。

 一介の建設業者だか、その総務担当者だかに騙されたりはめられたりするような人を、TPP交渉の責任者にしていたこと自体が悪い。

 さらに、TPPって、貿易の自由化と公正化を図るという建前になっているのに、自分が公正さを疑われる裏金をもらっていたら、国内にも国際的に対しても、恥ずかしいことおびただしいです。

小池百合子議員は自民党のネット監視の責任者

彼女がこのツイートをしたあと、ネット上で雨後の筍のように甘利擁護論が噴出したのは、このツイートがネトサポ(自民党ネットサポーターズ)への指令となっているのではないかと半ば推測しています。

 

 

 愛と寛容を旗頭にする当ブログとしても、この政治とカネの問題に関する市民の寛容さには首をかしげざるを得ません(なら、ベッキーたちのこともそろそろ許してやれよ)。

 これは甘利氏の大臣辞任で満足せず、ますます甘利氏の政治家としての資質を追及していかなければならないと固く心に誓いました。

 次回は、原子力ムラの住人甘利議員と原発利権!

 

告発!政治とカネ
上脇 博之 (著)
かもがわ出版

安倍政権の政治資金をめぐる疑惑幕引きは許されない。カネによる腐敗の深層を徹底究明し、政治を歪める政党助成金、企業献金の本質的問題を抉る。長年研究と告発・告訴の先頭に立ってきた著者ならではの鋭い切り込みが随所に。


誰も言わない政党助成金の闇 「政治とカネ」の本質に迫る
上脇 博之 (著)
日本機関紙出版センター

赤ちゃんからお年寄りまで国民1人当たり250円×人口数を毎年政党に交付する政党助成制度が1995年に始まり、昨年まで交付された総額は約5997億円です! 今年は約320億円の予定。所得格差が大きく広がる一方で、政党には毎年「何に使ってもいい」巨額の税金が支払われているのです。果たしてこれでいいのでしょうか。みなさん、どう思います?

 

政治とカネの判例集―政治資金・政務調査費に関する判例研究
関根勉 著
デジプロ



しかし、安倍政権はほんとにしぶといです。

甘利辞任で支持率が上がるとは全く予想できませんでした。

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

 

 世論調査の主な結果

 

 共同通信社が30、31両日に実施した全国電話世論調査によると、金銭授受問題をめぐる甘利明前経済再生担当相の「辞任は当然だ」との回答は67・3%だった。「辞任する必要はなかった」は28・5%。夏の参院選後に憲法改正を進めることに反対は50・3%、賛成は37・5%。

 安倍内閣の支持率は53・7%で、昨年12月の前回調査から4・3ポイント増えた。不支持率は35・3%だった。

 甘利氏を閣僚に任命した安倍晋三首相の任命責任は「ある」46・8%、「ない」50・1%。甘利氏は衆院議員を「辞職するべきだ」は39・7%、「辞職する必要はない」は55・5%だった。

 

内閣支持率51% 甘利氏問題は影響せず


 
安倍内閣の支持・不支持率の推移

 

 毎日新聞は30、31両日、全国世論調査を実施した。安倍内閣の支持率は51%で、昨年12月の前回調査から8ポイント上昇した。支持率が5割を超えたのは2014年3月調査以来。不支持率は30%と前回より7ポイント低下した。甘利明前経済再生担当相が28日、自身と秘書の金銭問題で辞任したのを受け、甘利氏を閣僚に任命した安倍晋三首相の責任を尋ねたところ、「任命責任は重くない」との回答が46%、「任命責任は重い」が42%でほぼ同水準だった。甘利氏の問題は支持率に影響せず、安全保障関連法への世論の批判が薄れたことや、外交面での実績などがむしろ数字を押し上げたとみられる。

 甘利氏は辞任を表明した記者会見で、自身と秘書が千葉県の建設会社から現金を受け取ったことを認めた。秘書が関与した問題は弁護士による調査を続けている。今回の世論調査で甘利氏の「説明は不十分だ」は67%、「十分に説明している」は20%。辞任後も説明を求める意見が強い。

 首相の任命責任が「重くない」と考える層では内閣支持68%、不支持15%。これに対し「重い」と考える層では支持32%、不支持50%。首相に責任はあるものの内閣は支持するという人が一定程度存在している。

 甘利氏の後任に自民党の石原伸晃元幹事長を起用した人事については「評価しない」が50%、「評価する」は31%。内閣支持層でも「評価する」42%、「評価しない」40%と見方が分かれた。

 日韓両政府は昨年12月28日、慰安婦問題について「最終的かつ不可逆的に解決」することで合意した。この合意を「評価する」は65%で、「評価しない」の25%を大きく上回った。内閣支持層の75%が評価し、不支持層でも「評価する」は55%と過半数を占めた。

 しかし、この合意によって慰安婦問題が「解決するのは難しい」は72%に上り、「解決すると思う」は19%にとどまった。

 内閣支持率は男性で前回比5ポイント増、女性は同9ポイント増。女性で支持率が伸びたのが今回の特徴だ。

 政党支持率は、自民が前回比5ポイント増の34%。このほか民主7%▽公明5%▽共産4%▽おおさか維新4%−−などで、「支持政党はない」と答えた無党派層は34%だった。【今村茜】

 

 

甘利氏辞任「当然」70%、内閣支持ほぼ横ばい

2016年01月31日 読売新聞
特集 

 読売新聞社は1月30~31日、甘利明・前経済再生相の辞任を受け、緊急全国世論調査を実施した。

 甘利氏が違法献金疑惑の責任をとって閣僚を辞任したことを「当然だ」とする人は70%に上り、「必要はなかった」は23%だった。甘利氏が今後も説明責任を「果たすべきだ」との回答も71%を占め、「そうは思わない」は24%にとどまった。

 ただ、安倍内閣の支持率は56%となり、前回調査(1月8~10日)の54%からほぼ横ばいで、重要閣僚だった甘利氏辞任の影響は、現時点ではみられなかった。不支持率は34%(前回36%)。

 違法献金疑惑への安倍首相の対応を「適切だった」とした人は57%で、「適切でなかった」の28%を大きく上回っている。内閣支持率が低下しなかったのは、甘利氏の早期辞任という対応が評価されたためとみられる。

2016年01月31日 Copyright © The Yomiuri Shimbun


賄賂発覚でも内閣支持率上昇! 「甘利辞任」をめぐる安倍官邸の狡猾な情報操作と踊らされた間抜けな新聞・テレビ

【この記事のキーワード】
2016.02.01
abe_01_160118.jpg
自民党民主党ホームページより


 今朝(2月1日)の朝刊各紙に驚かれた読者も多いだろう。金銭スキャンダルを起こした甘利明・経済再生担当兼TPP担当相の辞任を受け、マスコミ各社が世論調査を実施したところ、なんと安倍内閣の支持率が上昇したのだ。

「各社の調査では、甘利さんの辞任を当然と受け止める世論が軒並み70%に達しており、世論の反発を数字が裏付けている。ところが内閣支持率をみると、産経新聞や東京新聞が載せた共同通信のデータでは4ポイント、読売新聞が2ポイント、毎日新聞に至っては8ポイントも上昇し、いずれも支持率は50%を超えてしまった。

 急上昇に驚いたのか、毎日は『甘利氏の問題は支持率に影響せず、安全保障関連法への世論の批判が薄れたことや、外交面での実績などがむしろ数字を押し上げたとみられる』などと解説しているが、これではまるで、世論が甘利スキャンダルに怒っていないかのような言い方ではないか」(野党議員)

 そうでなくても、甘利辞任劇をめぐって「さすが武田信玄の末裔」などと武勇伝のように褒めそやすコメントが一部でわき起こった。しかし、賄賂性のあるカネをもらい、フィリピンパブでの接待を受けている政治家や秘書を肯定する一般市民などいるわけがない。

 今回の世論調査結果といい、重要閣僚を失って断末魔に立たされた安倍政権に延命の手を差し伸べるような報道ではないだろうか。一線で取材する大手紙政治部記者が匿名でこう訴える。

「実は、官邸の巧みな世論操作を真に受けて『甘利続投』と報じてしまったマスコミが報道の修正に困り、『続投のはずだった甘利氏が英断に踏み切った』というおかしなストーリーを描いたせいなんです。マスコミの一人マッチポンプともいえる現象。これは末期的症状だな、と内部にいても頭を抱えざるを得ません」

 なるほど、甘利氏が辞任を表明した1月28日の記者会見からさかのぼること2日前の26日深夜。共同通信が「甘利氏、続投強まる」との記事を特ダネ扱いで報じたという。

 この記事が翌27日朝刊に載ると、マスコミ各社は引きずられるように続投報道に染まっていった。この政治部記者が続ける。

「実際、官邸内は、甘利続投論が支配的でした。官房副長官たちは『安倍首相の本音は続投希望だよ』と盛んに囁きあっていました。なかには『甘利さんの金銭授受なんて、そんなものはない』と吹いて回る官邸スタッフもいました。『後任も決まっていないから』とも言われ、取材現場は『甘利続投で間違いない』ですっかり騙されました」

 官邸の世論誘導はこればかりではない。この27日から会見当日の28日にかけて、「甘利続投」の空気が強まると、これをよしとした官邸サイドは、「週刊文春」(文藝春秋)と告発者の薩摩興産・一色武氏へのアンチキャンペーンを張る。

「一色氏が右翼活動家であること、そして千葉県内の県議を脅していたかのようなあまたの怪情報が官邸からドッと流れました。それに、甘利さんの政治資金の調査や秘書たちをヒアリングしていた第三者委員会に、内閣参与の宗像紀夫・元東京地検特捜部長が関わっていて、『刑事犯罪に問われるような話ではない』という見解が伝わってきた。これで、官邸クラブ詰めの記者たちは『甘利は悪くない。はめられた』と真顔で言いだし、自民党幹部も顔負けの被害妄想に駆られたんです」(前出・政治部記者)
 
 悪質なのは政治記者の現場ばかりではない。大手紙の社会部デスクも自嘲気味に打ち明ける。

「政治部から甘利さんの続投報道が出るようになると、せっかく社会部内に立ち上げた甘利取材班の勢いもそがれてしまったね。困ったことに、『週刊文春』の圧倒的な報道に現場記者も手をこまねいてしまい、やることといったら、文春さんの続報のゲラ刷りを固唾をのんで待ち望むという本末転倒な待ちの姿勢になってしまった。リテラが伝えたようなバンダイ疑惑やその他の特捜部案件を伝える動きは鳴りをひそめてしまったね」

 こうしたマスコミ操作の一方で、しかし、官邸は次の一手を打っていた。甘利氏の後任人事をひそかに進めていたようだ。

 実は、安倍首相は会見の3日前の1月25日午後6時半、東京・南麻布の高級イタリア料理店『Appia』で、厚労大臣の塩崎恭久氏とともに、後に甘利氏の後任に指名された石原伸晃氏と会食をしていたのである。これは明らかに、甘利氏の後任を打診したということだろう。

「官邸は、マスコミには『刑事犯罪に問われるような話ではない』『続投で問題ない』という情報を流しつつ、実際は、かなり危ないと考えていた。一色氏は2回目に50万円を甘利氏に渡した際に、口利きを直接依頼したと言っている。もし、テープがあれば完全にアウトだし、テープがなくてもさらに詳細な証言が出てきたら、状況がひっくり返りかねない。実際、甘利氏については掘ればいくらでもスキャンダルの火種は出てくる。そこで、先手を打って甘利氏辞任を想定して、後任探しに着手したというわけです」(前出・政治部記者)

石原氏と塩崎氏は、第一次安倍政権を重要閣僚として支えた「古いお友達」と言われている。まさに旧友にすがった格好の安倍首相だが、思惑は見事に的中した。マスコミはギリギリまで「甘利更迭」を知らされず、辞任劇を英断と報じる愚挙に出たのだ。しかも、国会審議を待たず、「甘利続投」の大誤報を雲散霧消させるかのように速やかに世論調査を行った。その結果が、内閣支持率の上昇なのだ。

 この3年間、安倍官邸の狡猾な情報操作とそれに踊らされるマスコミという構図がずっと続いてきた。そして、今回もマスコミはまんまとその構図にはまりこみ、重要閣僚の真っ黒な不正は「お咎めなし」どころか「武士の英断」というような話にすり替わってしまった。いったいこの国はどうなってしまっているのだろうか。
小和田三郎

 

 

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1月31日(日)のつぶやき | トップ | 文科省が高校生の政治活動に... »
最近の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とら猫イーチ)
2016-02-01 18:40:19
 理由の第一は、報道統制ですね。 甘利辞任に至る報道姿勢に問題があるのでしょう。 

 第二は、安倍政権の経済政策に未だに希望を抱いている人が多数なのでしょう。 哀しいことに、経済・財政学者でも、希望を抱いている、と云うか擁護される方がおられるのが現実ですし、何よりも金融関係者が、自らの利権擁護で支持をしているか、しているふりですので一般人が騙されているのです。

 官製相場で、株価を買い支えて、経済が上向きを演出していますし、直近の出来事では、日銀が「マイナス金利」と云う奇想天外(と云うよりやけくそ)の手口を見せ、短期でしょうが、円安に振れたので株価も上がりましたからね。

 未だに国民生活が破綻せずにいるのは、原油価格が下落し、輸入産品が円安と平衡したので、インフレに振れないからです。 即ち、安倍政権や日銀が嫌う「デフレ」なるもののお蔭です。

 もっとも、彼等の云うところの「デフレ」は、「内外価格の平均化」ですので、いくら日銀が頑張っても如何ともし難いものです。 即ち、現在の経済・金融の実状は、鎖国体制下のものではありませんので、一国では、如何ともし難いのです。

 しかしながら、金利が上昇し始めると国家財政破綻に至る道に入ります。 国債の金利が現行のままになるのを祈るしかありません。

 一般には、こうした実状が報道統制で、知られないので政権の支持率が上がるのでしょう。 

 新安保体制でも、何も変化は無いように見えますしね。

 全てが可視化された暁には、どうなるかは分かりませんが、その時点では、全て遅すぎるでしょう。 

 哀しいことに、日本人の性根は、「赤信号、みんなで渡れば怖くない」ですので、皆さん方のお目に見えなければ何も分からないのです。 

 これは、株式市場でも同じです。 上がり始めれば、皆さんが一斉にお買いになり、下がれば一斉にお売りになります。 科学的に平均を取るような投資手法に依る人は、余り居ません。 

 要するに、幼い国民なのですね。 仕方がありません。 民主主義の下で暮らしたのが、高々、数十年ですから。 それも、戦争に負けた結果であり、国民が戦い取ったものではありませんしね。
みんなで踊ろう! (バードストライク)
2016-02-01 18:43:25
ア、ヨイヤサノ、ヨイヤサ!
ヨイヤサノ、ヨイヤサ!
アー、ソリャ、ソリャ!

ア、ホレ、ホレ!
奴らの口に、
高級鮨を詰め込もう!
高級天麩羅、詰め込もう!
窒息するまで、窒息するまで!

ア、ホイ、ホイ、ホイ・・・


もはやアホくさくて、何も書く気にならん・・・。
風船は割れる寸前まで膨らんで行く (洲蛇亜林)
2016-02-01 20:19:20
何で安部政権に一定の支持があるのか不思議なんですが、経済が何とはなしに安定しているように見えるので支持しない理由も無いというところでしょうか。
ネット界隈の一部に見られるような熱狂的な安部支持なんてものは普通の庶民の話からは感じられません。

しかし、異例の大規模金融緩和やったり実体経済の実力以上の株価上昇にも関わらず、結局経済成長率の数字では民主政権時代の数字には遠く及ばないということから考えてみてもアベノミクスが失敗であったことは明確になっていると思います。
さらに大問題は、ただ単に成果が出せていないという以上に計り知れないほどのリスクを国家に負わせているということです。
現在国債金利が低下しておりますが、行き場のない資金がそこに流れ込んでいるに過ぎず国債バブルという状態だと思います。
何かのキッカケでバブルに過ぎないと判明した瞬間に国債バブルもパンクします。
そうなれば、どういうことが起きるのかは明らかであって、現在安部首相を熱狂的に支持しているネトウヨの方々にも関心の高い安全保障も成り立たなくなります。
もちろん社会保障も崩壊し経済活動も大幅に縮小して多くの国民が犠牲を強いられることになります。

いまだに、金融緩和すれば企業への貸し出しが増えて設備投資につながったり、円安で輸出産業が潤えば経済の好循環が生まれると思い込んでいるところに、経済構造の変化を見ようとしない安部政権の姿勢が表れている
ところです。
本来自民党関係者や官僚が進言してアベノミクスを止めさせないといけないところですが、誰も我が身可愛さに追従しているだけというのが悲劇です。
Unknown (それなりに個性的な通りすがり)
2016-02-01 20:23:14
悲嘆することはありませんよ
政権維持のシステムが崩壊しつつあるだけの話です
本来なら、マイナス金利導入で株価上昇(本当は少し戻しただけですが)を受けて、支持率上昇という筋書きだったのでしょうが
予定外の甘利のスキャンダルで「閣僚辞任にもかかわらず支持率上昇」という世にも間抜けな世論調査を発表しなければならなくなっただけのことです

それを笑いつつおかしいと声をあげていけばよいだけの話です。
例によって御用評論家が「野党がだらしないせいだ、受け皿となる政党が存在しないからだ」と
いつもの決まり文句で正当化しようとするでしょうが
重要閣僚が賄賂で辞任するような政権と比べて野党がだらしないとは言えないだろ、とあたり前のことを言えばよいだけです。
とにかく怖い (雲雀)
2016-02-01 21:28:02
ベッキーのニュースが凄いんですよ。
なんであそこまで私刑にしないといけないのか不気味なんですよ。
ネットでベッキーを叩く。(まとめサイト系)
でマスコミもそれに同調してベッキーを叩く。
コメンテイターもベッキーを叩く。

これは非常に不気味に感じるんです。
不倫は確かに良くない。でも何故彼女がほんの数週間で完全に消されつつあるのか。いろいろ考えるとこの社会の恐怖を感じる。

ある日突然、「お前は犯罪者」という烙印を押されたらその波から這い上がれなくなる恐怖を感じる。
冤罪であっても怒涛の私刑に耐え切れなく殻に閉じこもってしまうかもしれない。

何者かが何かの意図を計って人を陥れることがいとも簡単に出来てしまう世の中になっているような気がしてくる。
単純に誰かの陰謀とかそういうことは言わない。
でも、抗いきれない世の中の流れが自然発生的に、ネットやマスコミを誘導してしまうことはあるかもしれない。その歯止めとなる
冷静な発言が最近ネットやTV関係のメディアから聞くことが少なくなった。

甘利さんは言った「いい人とばかり付き合っていては選挙に勝てない」と。つまり悪い人と分かった上で付き合ってしまったので
大臣辞めますって。それを潔いとか武士道とか平気で言っちゃうネットやマスコミに私は恐怖を感じる。
そういう流れが自然と出来てしまっている。

この対比に一抹の気持ち悪さと恐怖を感じた次第です。
(長文、乱文申し訳ありません。重複してたらすみません)
何故だと思いますか? (wao)
2016-02-01 23:15:38
安倍内閣の支持率が上昇していることに疑問を
お持ちのようですが、何故だと思いますか?
自分達の主張が多くの国民に響かない事を如何に
捉えていますか?
このブログの常連コメンターさんの意見を読んでて
思いますが、自分達が頭良くて偉くて、周りの事を
「おバカ」と思っていませんか?
一例で。
自国民相手に、「所詮幼い国民」だのと偉そうに
独善的なんですよ。
伝えたい相手に伝わらず、お仲間内で通じる閉じた
世界観で言葉を発している内は、今のままでしょうね。
Unknown (通りすがり)
2016-02-02 01:08:12
>伝えたい相手に伝わらず、お仲間内で通じる閉じた
>世界観で言葉を発している内は、今のままでしょうね。

でもネトウヨさんも、それどころか安倍政権もそれは同じでは?
私も少し驚きました (一国民)
2016-02-02 02:10:54
投稿タイトル通りで、内閣支持率が上昇するような要因なんてあったっけ、という印象でした。

安倍内閣も、もっと本当の事を正直に言ったり、隠し事を無くしてくれれば、本当の支持率が上昇するはずなのですが。でも、そんなことをしたら政権崩壊か(笑)。
Unknown (とら猫イーチ)
2016-02-02 10:47:36
 私の言うとおりのようですね。
 
 wao氏のように他人のコメント趣旨を誤読する人では、何を言っても意思疎通は不可能でしょう。

 貴方の読解力は零です。 コメント最終の一文は、「自棄」と云うものです。 分かりますか? 私も日本国民なのですよ。 

 国語を、もう一度学習しましょうね。
Unknown (とら猫イーチ)
2016-02-02 11:56:18
 体が右傾した人々も、下に挙げたThe Prisoner の一挿話でも学習されるのが宜しいようで。。。

 安倍も所詮は、No.2に終わる命運が理解出来得るでしょう。 (無理かもね。)

 The Prisoner 1967 - Episode 04 - Free for All
https://www.youtube.com/watch?v=HrvwGn8oPnw

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

安倍自民党の危険性」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事