Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

究極の偽善者 ワタミの渡邊美樹社長 女性新入社員過労自殺の労災認定にも全く反省せず暴言ツイート

2012年02月22日 | 人権保障と平和

(2012年2月21日付け北海道新聞 「ワタミ社員の過労自殺を認定 入社2カ月の26歳女性」より)

 

 4年前、大手居酒屋チェーン「和民」で働いていた26歳の女性社員が、入社から2か月後に自殺したことについて、神奈川労働局は、残業が月に100時間を超えるなど過労が原因だったとして、女性の死亡を労災と認定しました。

 女性は2008年4月に入社し、横須賀市内の居酒屋に勤務。連日午前4~6時まで調理業務などに就いたほか、休日も午前7時からの早朝研修会やボランティア活動、リポート執筆が課されました。

 そして、入社からわずか2ヶ月後の6月12日、女性は自宅近くのマンションから飛び降りて自殺したのです。

  労働局審査官は、この女性が深夜勤務で時間外労働が月140時間を超え、朝5時までの勤務が1週間続くなどしていたこと、休日や休憩時間も十分に取れる状況ではなかったうえ、不慣れな調理業務の担当となり、強い心理的負担を受けたことが主な原因となった、と指摘して、2012年2月14日付けでこの自殺を仕事の過労が原因による労災と認定しました。

 4~6月の2か月間の時間外労働時間は計約227時間でした。審査官は「業務の負荷が主因で適応障害を発病し、自殺を思いとどまる力が著しく阻害されていたと推定できる」と認定しました。

 業務と自殺の因果関係を認めたのは当然といえるでしょう。

 これに対して、親会社の「ワタミ」は「内容を把握していないため、コメントは差し控えさせていただきます」としています。

 ところが、ワタミの渡邊社長がこんなツイートをしているのです。

「労災認定の件、大変残念です。四年前のこと 昨日のことのように覚えています。彼女の精神的、肉体的負担を仲間皆で減らそうとしていました。労務管理できていなかったとの認識は、ありません。ただ、 彼女の死に対しては、限りなく残念に思っています。会社の存在目的の第一は、社員の幸せだからです」
(Twitterより引用)

大人達の責任 子供達の未来のために(渡邊美樹社長のホームページ うちの事務所名とかぶっていて余計に腹が立つ)

 


 社員の幸せが第1と言いながら、入社したばかりの社員に月140時間以上も時間外勤務させて死なせてしまったのに、「労務管理できていなかったという認識はありません」って、よくも言えたものです。

 そんなにはっきり覚えているのなら、状況をわかってて過労自殺させてしまっているじゃないか。あんたという人間が残念や。

 こんな風に無責任・無神経なことを社長が考えているなら、会社としてノーコメントではなく、「悪いことをしたとは思っていない」と、そうコメントすれば良いのです。

 悪評は耳に入っていましたが、この渡邊美樹という社長だけは、ほんまに、どんだけ偽善者か。

 森さんの両親によりますと、手帳に記された日記には亡くなるおよそ1か月前に、「体が痛いです。体が辛いです。気持ちが沈みます。早く動けません。どうか助けて下さい。誰か助けて下さい」と書かれていたというのです。

 その日記が下の画像です。

(2012年2月21日付け北海道新聞 「ワタミ社員の過労自殺を認定 入社2カ月の26歳女性」より)

 

 

 涙なしには読めないです。身体が震えます。

 誰か助けてやれなかったのか。。。。

 遺されたお母さんは「一生懸命、頑張ってると思っていました。なぜ、もっと早く苦しんでいることに気づいてやれなかったのかと悔やんでも悔やみきれません」と話しておられました。

 親御さんは辛いですよ。。。。。しかし、親御さんには罪はない。

 ワタミが、この過労自殺事件の加害者です。

 和民は、現代の女工哀史か?!蟹工船か!!?

 加害者の責任者がこんなコメントをして許されるのでしょうか。久々に頭に来ました。

 一生、絶対に利用しません。

 

 

被害者の娘さんのご冥福をお祈り申し上げます。

よろしかったら、上下ともクリックをしてくださると大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ人気ブログランキング  

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

ワタミ社員の自殺、労災認定 入社2カ月の女性

 居酒屋「和民」を展開するワタミフードサービス(東京)の神奈川県横須賀市の店に勤め、入社2カ月で自殺した女性社員(当時26)について、神奈川労災 補償保険審査官が労災適用を認める決定をしたことがわかった。横須賀労働基準監督署が労災を認めず、遺族が審査請求していた。

 決定は14日付。決定書や代理人弁護士によると、女性は2008年4月に入社し、横須賀市内の居酒屋に勤務。連日午前4~6時まで調理業務などに就いた ほか、休日も午前7時からの早朝研修会やボランティア活動、リポート執筆が課された。6月12日、女性は自宅近くのマンションから飛び降りて自殺した。

 審査官は、深夜勤務で時間外労働が月100時間を超え、休憩や休日も十分に取れなかったと指摘。不慣れな調理業務に就いていたことにも触れて、「業務による心理的負荷が主因となって精神障害を発病した」と認定し、業務と自殺の因果関係を認めた。

 女性の父親(63)は「過酷な労働条件で、会社に責任があると認められたのはよかった。同じ状態で働いている人を少しでも救ってほしい」と話した。

 親会社の「ワタミ」は「内容を把握していないため、コメントは差し控えさせていただきます」としている。 

朝日新聞 2012年2月21日22時53分

 

『事件』 ジャンルのランキング
コメント (74)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「死刑判決に勝者はなく、犯... | トップ | 橋下維新の会はオワコン 大... »
最近の画像もっと見る

74 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (R)
2012-02-22 11:42:56
勇気あるコメントです。

私は貴方を応援しますヨ。
!! (認識不足だろう)
2012-02-22 13:54:29
いまどき、残業の代名詞といわれた、証券やコンビニでも残業は月に30時間が限度。
日本で一番残業の多い会社では?
奴隷のようだ。店員さんのために、ワタミには
行かないほうがいいのかな?
もう (Unknown)
2012-02-22 14:52:48
絶対利用しない!
もう立身伝は信用しない (プリズム)
2012-02-22 16:00:50
本当にこの女性はかわいそうです。
ワタミの社長のしゃあしゃあとした科白に、心から怒りを感じます。
連日膨大な残業をさせられ、休日の研修会やボランティアも強制されるなんて。これでは、他の企業のボランティアも信用できなくなってしまうくらい、イメージを悪くします。
それにしても、この社長、政治にも触手を動かして、いやらしいこと、この上もない。
本人は立身伝中の人物を気取っているのかもしれませんが、従業員を奴隷のようにこきつかい、貴重な休日まで魔物のように支配しているだけではないですか。
橋下氏も、府知事時代に幹部職員を自殺させていました。このことを思い出して、二重に怒りがこみあげました。
もう、立身伝の人物など信用しません。
ワタミの労働条件 (井町和義)
2012-02-22 16:09:55
先日(2012年2月)、横浜駅前を通過中、ワタミの職員が10人位で東日本震災の救援募金を行っていました。今回の事件を知り、彼らも休日に無理やり研修・ボランティアという名のもとにかりだされていると感じました。過労死は週45時間の残業で危険ラインです。それを140時間を超える残業をさせ、それでもなお、労務管理ができていないとは思わないという渡邊社長、今回は素直に謝罪すべきではないでしょうか。
Unknown (Unknown)
2012-02-22 18:34:26
勇気のあるコメントに敬服いたします。

ワタミ社長が恐ろしいなと思ったのはこの事件が発生した2008年には、主立った正式なコメントがこの人からなかったこと。つまり「明らかな過労自殺」なのに法の決定が下るまではそれを認めなかったことです。

ノロウィルスの隠蔽や賃金の未払い問題等、過去に様々な問題を起こし、それでも世間では「成功者」としてメディアにちょいちょいでてくる。一体どうなってるんでしょうね?

日本全体に蔓延している、この「経営者」を頂点に置くヒエラルキーを覆さない限り、こういう人はこれからも出てくるんでしょうね。。。

今後も至極的を得た、それでいて痛烈なコメントをぜひ期待しています。
Unknown (アラベスク)
2012-02-22 19:56:22
もうワタミは潰れるべきだ。ワタミの社員のためにも日本人全員の労働条件向上のためにもこんな店行くべきじゃない。
お二人の方から勇気あるコメントとお褒め頂きました (ray)
2012-02-22 21:05:30
ありがとうございます。

しかし、ワタミを批判するのは難しいことなのでしょうか。
ブロゴスでも競い合ってブロガーが批判するかと思ったのですが、誰も追随者がいなくて驚いていますw

橋下大阪市長を批判するときの逆風に比べたら全く勇気など要らなかったのですが、教えてください。
Unknown (tu-ta)
2012-02-23 01:16:40
新聞の日付、2箇所とも2011年になってます。2012年ですよね。
勇気を間違えてると思う。 (山田)
2012-02-23 08:13:22
何故、本人は退職しなかったのでしょうか?「辞めればいいじゃない。」と親御さんは言わなかったのでしょうか?非常に残念なことですが、会社だけの問題じゃないと思います。会社がつぶれれば、現在、頑張っている人が困窮するだけです。会社に着いていけなければ、「辞める勇気を持つ」ことが重要ではないでしょうか?結局、自分は自分で守ることが一番だと思います。一つ仕事を辞めても、世の中にはいろんな仕事があります。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

人権保障と平和」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

マザー・テレサは渡邉美樹を「偽善者」と呼んだか? (性・宗教・メディア・倫理)
“自分の国で苦しんでいる人がいるのに他の国の人間を助けようとする人は、他人によく思われたいだけの偽善者である。”  渡邉美樹さんを批判すにのに用いられた、マザー・テレサが行ったと言われる言葉をめぐってブログTEST マザーテレサの「名言」と伝言ゲームでは、...