Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

さすが維新の松井大阪市長!現金給付10万円の給付率、大阪市が3%で日本の政令都市20個の中で断トツの最下位!!ちなみに全国平均65%、神戸市85%。

2020年06月29日 | 日本維新の会の脅威

必ず来る安倍内閣総辞職のその日には維新ともさよなら。

これからもぜひ毎日一回、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!!!

 日本の全20の政令都市で断トツの最下位。

 政府の現金給付は各地方自治体が実務を担当しているのですが、大阪市は対象の152万世帯のうち4万7600世帯(25日現在)にしか給付できておらず、なんと3%。

 

 ちなみに、吉村府知事と松井市長が目の敵にしている兵庫県の県庁所在地神戸市は85%です。90%を超えている政令指定都市も4つもあって、大阪市は人口が多いとかそういうことはもう言い訳になりません。

 ちなみに、大阪府の堺市も18%。

 いやはや、この維新が市民に寄り添わない程度はひどい。

 吉村大阪府知事も、大村愛知県知事のリコールに顔を突っ込んでる場合じゃありません。

 松井市長も余計な雨がっぱとか集めて、職員を困らせてる場合じゃない!

ネオナチの高須院長による大村愛知県知事へのリコール運動に加担する吉村大阪府知事。でも、大阪は人口比で愛知の3倍の感染者で死者数だって知ってました?人は見かけが9割じゃダメ!笑笑

 

 

 松井一郎大阪市長は2020年6月25日の記者会見で市民に陳謝し

「人員拡充したのになぜこれほど時間差があるのか検証したい」

と述べましたが、ところが、吉村府知事も松井市長も、11月1日に大阪「都」構想の住民投票は断固やるって言うんですよ。

 はっきり言って、今大阪都なんて、なんで必要なんですか?

もう終わったことでしょ。

 

 

 そこに賭ける人員、手間、お金があったら、現金給付だけではなくコロナで痛めつけられた大阪経済を救い、コロナの第二波に備えるべきで、わざわざ、選挙でもないのにコロナ感染の危険を冒してまで、100万人も選挙箱に行かせるべきではないでしょう。

 維新にとっては唯一最大の政策が何の役に立つかもわからない大阪都構想だというだけで、市民生活をほったらかしにしてのこの強行突破。

 本当に罪深い政党です。

今年11月末の大阪マラソンは35000人見に来るから中止と言う吉村大阪府知事が、有権者220万人投票者100万人以上の大阪都構想住民投票は11月にやるこの矛盾(維新にはそれしかないから)。

コメンテーターとして売れに売れているこの人がガン凶、いや元凶ですな。

 

維新の都構想関連の発言等 - osaka-shimin ページ!

大阪都になれるとしても5年後。維新の政策はカジノ(IR)、大阪都、万博って実のあるものが何一つないんです。

だいたい、コロナでラスベガスもマカオもカジノが壊滅状態なのに、まだカジノを埋め立て地にって言ってる時点で狂ってます。

あと、維新と同じ新自由主義政党である地域政党「減税日本」の河村市長が率いる名古屋市も7%の給付率なのには笑いました(笑)。

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村

社会・経済ランキング

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

大阪市役所=林由紀子撮影

 

 新型コロナウイルス対策で国民1人当たり一律10万円を配る「特別定額給付金」について、大阪市の給付が進んでいない。対象世帯への振り込み割合を示す25日現在の給付率はわずか3%。20政令市の中で最も遅く、6割を超える全国状況からも大きく引き離されている。なぜ「自治体格差」が生まれているのか。

 大阪市の松井一郎市長は25日の記者会見で市民に陳謝。「人員拡充したのになぜこれほど時間差があるのか検証したい」と述べ、担当部局に業務改善を指示したことを明らかにした。

 大阪市は5月にオンラインや郵送による申請の受け付けを始めた。しかし、二重申請や記載ミスが続き、6月上旬にオンライン申請を中止。「さまざまな苦情対応で人が割かれた」(松井市長)との声も出ているが、内部で詳しい原因が分かっておらず、対象の152万世帯のうち4万7600世帯(25日現在)にしか給付できていない。

 毎日新聞が20政令市を調べたところ、熊本(95%)や札幌(93%)など4市が9割に達する一方、千葉(5%)や名古屋(7%)は1割に届いていなかった。

 給付率が高い自治体に共通するのは入念な事前準備だ。札幌市は、リーマン・ショックを受けた2009年の景気刺激策「定額給付金」を給付する際に業務委託した印刷会社と再び契約。過去のノウハウを生かして申請書の紙や封筒の確保などを素早く段取りし、早期の申請開始につなげた。岡山市(90%)の担当者は「国の動きを見て4月半ばから準備し、システム業者や郵便局とも事前協議ができていた」と話した。

 松井市長は25日の会見で「大阪市は(人口規模が)大きすぎる」とぼやいた。しかし、政令市で人口が最も多い横浜市は給付率が2割を超えており、「他都市のやり方を見習う」と対応の甘さを認めざるを得なかった。【矢追健介、野田樹】

 

 

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村

社会・経済ランキング

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 東京都知事選討論会で、際立... | トップ | 橋下徹氏が、安倍友の河井夫... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東京一極集中に責任を取った党は?)
2020-06-29 23:06:13
それでは、明治維新まで日本の首都圏(江戸時代も、建前上の首都は京都)で、その後にも大大阪時代を迎えていた上方・関西の、意図的な東京一極集中による弱体化の責任を本気で取った党はあるのか?
他の党に、党本部の一部機能を関西に移す覚悟はあるか?
それが無ければ、本気とは言えない!!
Unknown (raymiyatake)
2020-06-30 00:18:09
そうか、維新は東京一極支配に抵抗して、東京から来た10万円も配るのをサボってるんですね!

え?そゆことじゃない?!笑笑

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。