Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

こんな無知蒙昧な人を誰が自民党副総裁にしたの?麻生太郎氏「地球温暖化のおかげで北海道のコメが美味くなった」←松野官房長官「気温上昇によって全国ですでにコメの品質低下の影響が確認されている」(笑)

2021年10月27日 | ダメダメ岸田政権

これからもぜひ毎日一回、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!!!

 

 

 麻生氏は2021年10月25日の北海道小樽市での街頭演説で、

「暑くなった、温暖化した、悪い話しか書いてないけど、温暖化したおかげで北海道のコメはうまくなったろ?」

「お米の花が実に変わる、あのころの温度が2度上がった。それだけで売れるようになった。おいしいお米になって。それを輸出している。これが今の現実じゃありませんか」

と発言した問題。

 

 私は翌26日の記事

麻生太郎自民党副総裁、北海道産のコメについて「温暖化と言うと悪いことしか書いていないが、いいことがある」「温度が上がりうまくなった。これが現実だ」←違います!品種改良したんです!(呆)

の中で、

「いや、現実には北海道のお米がおいしいのは、地球温暖化とは無関係で、農家の努力のおかげですよ?

 有名な上川農業試験場や、北海道の農家が大学などと一緒に研究して、北海道の涼しい気候でも美味しく食べられるように品種改良したんです。

 あなた、選挙運動に行ったんですよね?農家の方々の努力をコケにして、票を逃がすようなことをしてどうするんですか。」

と書いたのですが。

 

 案の定、北海道農民連盟の大久保明義委員長が10月26日、

「全道挙げて品種改良を重ね、『北海道ブランド米』としての地位を確立した結果であり、生産者の努力と技術をないがしろにするような発言は断じて許されない」

と猛反発する抗議声明を出しました。

 

 もう衆院総選挙が目の前ですから、慌てた岸田文雄首相は26日のBSフジの番組で、

「発言は適切ではなかった。申し訳ないと思う」

「お米は、関係者の皆さんが絶えず品種改良など大変な努力をされ、その積み重ねでおいしくなっていると認識している」

と平謝りです。

 さらに、岸田首相は気候変動についても

「災害や農産物にも影響を及ぼす地球規模の大変重要な課題だ」

と当たり前のことを述べました。

 でも、麻生氏をまた副総裁に選んだのは岸田さん自身ですよ!

 

 この麻生氏の妄言について、松野官房長官が面白いことを言っていて、10月22日に閣議決定したばかりの「気候変動適応計画」の中で、気温上昇の影響ですでに全国でコメの品質低下が確認され、今世紀末には収量も減ると指摘されていることを認めました。

 地球温暖化のせいで、北海道のコメが美味くなったどころか、全国のコメが品質低下しているのです。

 だって、本来、日本より南方の植物であるコメの品種改良を重ねて、むしろ本来のコメが育ってきた気候より涼しい日本に合わせてきたのですから、温暖化したらコメがまずくなるのは当たり前ですwww

 松野官房長官はこれをふまえ

「政府としては、すでに生じている、または将来予測される気候変動の影響による被害を防止、軽減するため、対策に取り組んでまいりたい」

と述べたのですが、自民党はいつまで麻生氏のような妄言・暴言・知性ゼロの人を「活躍」させておくんでしょうね。

 

麻生氏は北海道のお米がおいしくなったのは

「農家のおかげですか?農協の力ですか?違います。温度が上がったからです」

と言ったのですが全くの間違いだし、人の気持ちを踏みにじって神経を逆なでするにもほどがあります。

農家や研究者が協力して努力して、品質改良や栽培技術を半世紀かかって向上させてきたからこそ、今の北海道のブランド米があるのです。

にもかかわらず、岸田首相が頭を下げても、謝ろうとしない麻生氏。

ここに、自民党の反知性と傲慢な体質が象徴的に表れているのです。

これからもぜひ一日一回、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!!!

北海道のコメ巡る麻生氏発言「断じて許されない」 農民連盟が抗議

街頭演説する自民党の麻生太郎副総裁(中央)=北海道内で2021年10月25日、高橋由衣撮影

 自民党の麻生太郎副総裁が衆院選の街頭演説で、北海道産米が地球温暖化の影響で品質が上がったかのような発言をしたことに対し、道農民連盟の大久保明義委員長が26日、「全道挙げて品種改良を重ね、『北海道ブランド米』としての地位を確立した結果であり、生産者の努力と技術をないがしろにするような発言は断じて許されない」とする抗議談話を発表した。

 談話では、温室効果ガスの排出量を2050年までに実質ゼロとする政府の目標に触れ、「地球温暖化を肯定するような言葉を発することは、自民党副総裁の発言としてあるまじき由々しき事態」と批判。そのうえで「温暖化防止対策に取り組んでいる企業や国民にとっても耳を疑うような発言だ」と指摘した。

 麻生氏は25日、道内で街頭演説し、道産米について「昔、北海道のコメは『やっかいどう米』と言うほどだったが、今はやたらうまいコメを作るようになった。農家のおかげか、違う。温度が上がったからだ。温暖化というと悪いことしか書いてないが、いいことがある」などと発言した。【米山淳】

 

 

岸田文雄首相

松野官房長官、麻生氏発言に論評控える 「温暖化で米うまくなった」

 岸田氏は「お米は、関係者の皆さんが絶えず品種改良など大変な努力をされ、その積み重ねでおいしくなっていると認識している」と指摘。気候変動についても「災害や農産物にも影響を及ぼす地球規模の大変重要な課題だ」と語った。
 麻生氏は25日、札幌市などでの街頭演説で道産米について「昔は『厄介道米(やっかいどうまい)』と言っていた。温暖化したおかげでうまくなった」などと発言。これに対し、立憲民主党北海道連は26日、文書で「農業関係者の長年にわたる努力を侮辱したもので、温暖化と結びつけるのは見当違いだ」と抗議した。

 

 

2021年10月26日 18時52分 JST | 更新 17時間前

「温暖化のおかげで北海道の米がうまくなった」麻生氏発言→専門家「温暖化の影響はほとんどない」と指摘

「暑い年でないと美味しいコメができない、というわけではありません」と専門家。品種改良などの努力が身を結んだ結果と言えそうだ。

「温暖化したおかげで北海道のコメは美味くなった」。

10月25日、北海道小樽市で行われた街頭演説での自民党の麻生太郎・副総裁の発言が波紋を呼んでいる。「農家のおかげですか?農協の力ですか?違います」という内容にはSNSで「品種改良の努力を踏みにじっている」などと批判もあがっている。

そもそも、この主張は正しいのか。

北海道大学農学研究院の専門家は、品種改良に加え、栽培技術や収穫後技術の改善を積み重ねた結果だと指摘。「温暖化の影響はほとんどない。猛暑である必要も、地球温暖化である必要もありません」と話している。

■「農家のおかげ?違います」

問題の発言があったのは10月25日。小樽市で衆院選の自民党公認候補とともに街頭演説に立った麻生氏は「今、北海道は色々な意味であったかくなった。平均気温が2度上がったおかげで北海道のコメは美味しくなった」と切り出した。

そして「昔、北海道のコメは『やっかい道米』と言われるほど売れないコメだった。今はその北海道がやたら美味いコメを作るようになった。農家のおかげですか?農協の力ですか?違います。温度が上がったからです」と発言した。

さらに「平均気温が2度上がったおかげで北海道のコメは美味しくなった。地球温暖化といえば悪い話しか書いてありませんが、温暖化でいいこともあります」とも話した。

この発言が報じられるとSNSでは、「品種改良の努力を踏みにじっている」などと批判の声が相次いだ。

発言では「おぼろづき」「こちぴかり」という銘柄を挙げ「金賞を取った」ともしているが、「こちぴかり」という銘柄は存在しない。類似の名前で「コシヒカリ」はあるが、北海道では生産されていない。

■温暖化である必要ない

では、「温暖化したおかげで米が美味くなった」とする麻生氏の発言はどの程度、正確と言えるのか。

北海道大学農学研究院の川村周三(しゅうそう)研究員・元教授は「温暖化の影響はほとんどない」と指摘する。

Zoomの取材画面
リモート取材に応じる北海道大学農学研究院の川村周三研究員・元教授。専門はコメの収穫後技術など。

北海道のコメは、以前は「美味しくない」という印象を持たれていた。「やっかい道米」と揶揄されていたのも事実だ。

この課題に1980年から取り組んできたのが農家や農協、それに農業試験場や研究者らだ。川村さんによると、①品種改良②栽培技術③収穫後技術の3点が、北海道産米の食味向上のポイントだという。

コメは一般に、でんぷんの成分「アミロース」とタンパク質の含有量を適度に下げることが必要になる。粘りがあり柔らかくなるからだ。

「北海道では初めてのコシヒカリ系統となる『きらら397』が1989年にデビューし、やっと美味しいコメが出てきました。さらに『彩(あや)』という遺伝的にアミロースが少ない品種が生まれると、今は同じ低アミロース系統品種の『おぼろづき』『ゆめぴりか』が広く栽培されています」

さらに、タンパク質量についても、原因となる窒素肥料を抑えるなど、栽培技術を向上させることで減らすことに成功した。

コメの収穫後に用いられる技術の進歩も味の向上につながった。例えば収穫後のコメのタンパク質量や成熟した米粒の割合を測る「自動品質判定」や、北海道の冷たい自然の空気をサイロに送り込むことで、籾をマイナス5度からマイナス10度程度まで冷やす技術などを独自に開発した。

こうした過程を踏まえると、麻生氏の「農家のおかげですか?農協の力ですか?違います。温度が上がったからです」という発言は誤っているとみられる。

一方で、温暖化の影響が考えられるのは、稲の花が咲いてから収穫するまでの登熟期間だ。この期間の気温が高いとアミロースは低下し、粘りがあり柔らかいコメになる。麻生氏も「お米の花が実に変わるあのころの温度が2度上がった」と発言しているが、このことを指している可能性はありそうだ。 

しかし川村さんは「暑い年でないと美味しいコメができない、というわけではありません。平年並みでも、過去には冷害年でも『ゆめぴりか』は食味試験で高い評価を得ています。猛暑である必要も、地球温暖化である必要もありません。さらに、高温障害は本州以南で問題になっています」と指摘している。

 

 

麻生氏「コメがうまいの温暖化のおかげ」発言 火消しに躍起の政府

街頭演説する自民党の麻生太郎副総裁(中央)=北海道内で2021年10月25日、高橋由衣撮影

 自民党の麻生太郎副総裁が「北海道のコメがうまいのは、農家ではなく地球温暖化のおかげだ」と発言したことが波紋を広げている。北海道を中心に農産関係者の反発は強く、政府・与党は火消しに追われた。

 麻生氏は25日、北海道内であった衆院選候補者の応援演説で「昔、北海道のコメは『やっかいどう米』と言うほどだったが、今はやたらうまいコメを作るようになった」とした上で、品質向上は農家の努力ではなく「温度が上がったからだ。温暖化というと悪いことしか書いていないが、いいことがある」などと述べた。

 しかし、北海道庁などによると、実情がまったく異なる。北海道は特有の厳しい気候に適した品種の開発・改良を数十年にわたって継続し、全国屈指のコメの主産地となった。1988年に登場した「きらら397」をはじめ、「ななつぼし」「ゆめぴりか」といったブランド米も次々と誕生している。

 9月25日現在の北海道の2021年産米の作付面積は10万3300ヘクタール、主食用米の予想収穫量は52万6000トンに上り、いずれも新潟県に次ぐ規模だ。道内の農家で構成する「北海道農民連盟」の大久保明義委員長は26日、「全国でも北海道米が高い評価を得ているのは、全道を挙げてコメの品種改良を重ね、官・民・農が一体となって協力し、地位を確立した結果。生産者の努力と技術をないがしろにするような発言は断じて許されない」と抗議する談話を出した。

 政府・与党は後始末に追われている。松野博一官房長官は26日の記者会見で「コメントは差し控えたい」と沈静化を図った。金子原二郎農相も閣議後記者会見で同様の対応でかわそうとしたが、記者から詰められると「農家の皆さんの努力に尽きる。気候どうこうというより、気候に合ったものを作る努力をした結果、今日がある」と麻生氏の発言を事実上、修正した。

 気候変動はコメの品質にどの程度、影響するのか。拓殖大北海道短大の田中英彦教授(作物学)は「稲が実るには穂が出た後の40日間で、気温が一定の水準に達する必要がある。温暖化が収量や品質に貢献する部分はある」とする一方で、「おいしいコメを生み出すには品種改良や農家の努力などの積み重ねが前提になる」と麻生氏の発言は正しくないとの見方を示した。【浅川大樹】

 

 

これからもぜひ一日一回、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!!!

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 世論操作で票を買う。ネトウ... | トップ | 【安倍自民党政治の象徴】ア... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (maritosi1152)
2021-10-27 19:44:44
彼に投票権があるのは福岡8区でしたっけ?
訴えたいわ。
Unknown (真実を教えてくれるブログ応援してます。)
2021-10-27 20:06:27
麻生財閥、いわくつき。人殺しと性奴隷。こんなやつ私より最低な人以下の蛆虫。大嫌いです。アメリカヤクザに憧れる人が副総理や総理大臣になるの?家系が総理一家だから?ルールなければ殺したいリストに入ってます。ですがこいつ殺して私には何もいい事ないので政権交代祈り、あべあまり、すが、麻生を悪巧み全て国民に周知させて大疑獄で逮捕されたらまだ生きたいと思います。日本が狂ってる。何もかもアメリカの言いなり。日本は日本ではありません。 日本人に自由などありません。検閲とクライシスアクターと捏造と不正選挙で国民は皆奴隷余儀なくされています。下請け97%のにほんって、、、こんな国好きになれますか?それなのに毎回傀儡政府が勝ちつづけます。もう、辞めたい。
小さな政府、新自由主義、意味わかる?自公維新は中国と何も変わらない。ごく一部の官と金持ちが国家財産から労働力まで奴隷のように低賃金で扱う新自由主義です。下手したら中国よりも最低なごく一部の共産主義。金持ちは優しい人いません。投資家は四割以上害人です。年金使って日本売国してる日本政府官僚は最悪です。でも天罰は下りません。今の野党連立は大きな政府。支え合い大事にして、本当の共産、助け合い、金持ちに私利私欲やめようよという提言しています。当たり前。先進国で恥ずかしいほど何もかもが国民切り捨て姥捨山政権と官僚は先進国ではびり、途上国にさえ負ける官僚主義。アメリカ軍傀儡の非国民、アメリカなど常任理事国が儲かる戦争は儲かる奴らしか財界にも投資家にも怪しいネット工作員にも、マスメディアにも、とにかく国民の財産を売国してすでに占領してくれてありがとう状態です。それを隠す情報操作を管財が協力して日本国民を奴隷にしています。メディアも真実を流しません。政教分離すら守らない日本政府は創価学会がヤクザ的恐怖を関係者に与えている事も知らんぷり。外国では創価学会はオウム真理教より危険な団体なのに、自民党は連立政権なんです。国民は真実を知らなすぎる。サラリーマン奴隷一揆起こしませんか?まだまだ言いたい事あるけど、世の中恨みたくないのに恨んでしまった自分は政府の責任だとしか思っていません。えせころな禍、150万円借金しました。働いてるのにです。政府は助けてくれない。必要な経費捻出するのに借金です。税金たんまり取られてます。それが相談しても取り立てすごくて死にたいです。現政権は悪魔出す。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。