Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

「怒りは限界を超えた」。沖縄、米軍属の犯罪への抗議集会に6万5000人!海兵隊撤退などを決議!!

2016年06月19日 | 沖縄差別の解消と基地問題

 

 沖縄県うるま市で起きた米軍属による女性暴行・殺人事件に抗議する「県民大会」が2016年6月19日、那覇市の奥武山公園陸上競技場で開かれたました。

 参加人数は主催者発表で6万5000人もの人が集まり、

1 海兵隊の沖縄撤退

2 日米地位協定の抜本改定

3 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の閉鎖

を日米両政府に求める決議を採択しました。
 
 この大会は翁長雄志知事を支持する市民団体「オール沖縄会議」が主催しましたが、自民、公明両党などが参加を見送り、当初目指していた超党派の大会にはなりませんでした。

 自公両党はこの大会、決議に参加しませんでした。

 参院選に向けて、自公は日本人が殺されても抗議できない、このことは絶対に忘れてはならないことです。

「怒りは限界を超えた」と記されたプラカードを掲げる参加者=19日午後1時すぎ、那覇市の奥武山陸上競技場



 そもそも、日本や沖縄に駐留する米軍で最も多い海兵隊は、「殴り込み部隊」と呼ばれる攻撃部隊で、日本の安全保障のためにいるのではなく、アメリカがイラク戦争など「敵国」に侵攻するときに活躍する部隊です。

 ですから、海兵隊の撤退を求めても、日本の防衛力が弱くなるわけではありません。

 沖縄に駐留するこれら海兵隊員は若者が多く、それも沖縄で彼らが犯罪を多数起こす原因となっています。

 犯罪を犯したときに日本が裁判権を行使できるようにする日米地位協定の見直しも非常に大事ですが、根本的には海兵隊を日本から撤退させることが、米軍の犯罪を抑止する最も効果的な方法です。

 これが実現すれば、海兵隊用の基地である普天間もいらなくなり、一挙両得です。

 この大会に参加もしようとしなかった自民党公明党が、日本国民の方を向いて政治をしているのか、アメリカの方を向いて仕事をしているのか、この決議をどう受け止めるかではっきりすると言えるでしょう。



関連記事

中谷防衛相とカーター米国防長官、米軍の犯罪再発防止策「軍属の数を数え、教育する」(呆れ)。

日米地位協定を見直すべき83・7%、政府の対応で問題ない13・1%!フジ産経世論調査で。

今夜、安倍・オバマ両首脳が会談。日本は日米地位協定の「運用」の見直しではなく「改定」を要求すべきだ。

翁長知事が安倍首相との会談で「今の日米地位協定では独立国家でない」とオバマ大統領との面談要求。

沖縄の米軍属による殺人事件、中谷防衛相が「怒り」、米国防長官が「謝罪」。口だけなら何とでも言える。

米軍属の犯罪。沖縄県内の16の女性団体が記者会見「県内のアメリカ軍の基地や軍隊はすべて撤退せよ」



私が知る沖縄の方たちは、穏やかでのんびりしている人が多いんです。

その人たちが「怒りは限界を超えた」というプラカードを掲げるのは、よほどのことだと思わないといけないと思います。

よろしかったら大変お手数とは存じますが、二つのランキング、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品



検証地位協定 日米不平等の源流
琉球新報社地位協定取材班 (著)
高文研

スクープした外務省機密文書をもとに、日本における米軍の行動、基地使用、米兵犯罪の取り扱い…等の実態を検証、米軍側に身を寄せて地位協定の拡大解釈で対応する外務省の、「対米従属」の源流を突き止めた問題作!

日本ジャーナリスト会議(JCJ)賞大賞、石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞受賞。


本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」 (戦後再発見」双書2)
前泊 博盛 (著, 編集), 明田川 融 (著), 石山 永一郎 (著), 矢部 宏治  (著)
創元社

なぜ米軍は、自国ではできない危険なオスプレイの訓練を、日本では行なうことができるのか? なぜ日米地位協定は、日本国憲法の上位法としてあつかわれているのか?

実は基地問題だけでなく、原発事故やその再稼働問題、TPP参加問題など、現在の日本で起きている深刻な出来事の多くが、在日米軍がもたらす国内法の機能停止状態に起源をもっている。

ベストセラー『戦後史の正体』に続くシリーズ第二弾は、さらなる闇に踏みこみ、「戦後日本」最大のタブーである日米地位協定に迫る! 

 

沖縄と本土――いま、立ち止まって考える 辺野古移設・日米安保・民主主義
翁長雄志 (著), 寺島実郎 (著), 佐藤優 (著), 山口昇 (著), 朝日新聞取材班 (著)
朝日新聞出版

2015年7月29日東京。聴衆が固唾を飲んで聞き入った、白熱のシンポジウムを完全収録! 
その発言を生で聞こうと集まった人々が見守る先にいたのは、翁長雄志・沖縄県知事。

 

沖縄の米軍基地 「県外移設」を考える (集英社新書)
高橋哲哉 著
集英社

圧倒的多数が日米安保体制を容認する本土国民に対して、また“本土の平和・護憲運動”と“沖縄への基地封じ込め”の不幸な癒着関係に対して、著者はヤマトの知識人としてはじめて「県外移設」という論争的な問題提起を行う。

 

写真ドキュメント 沖縄「辺野古の海」は、いま: 新しい巨大米軍基地ができる
新藤健一 編著
七つ森書館

辺野古の海は、驚異的に美しいですが、そこへアジアでも最大という巨大な要塞ができる──どうしてでしょうか。
ジュゴンやアオサンゴの大群落などが、お花畑のように、あるいは森林のように……、たくさんの魚たち。
100点あまりのカラー写真と芥川賞作家・目取真俊が問題に迫ります。

 

普天間移設 日米の深層
琉球新報「日米廻り舞台」取材班 (著)
青灯社

県外・海外移設を可能と考えるアメリカの専門家・元高官たちと、辺野古に固執する日本政府―。
全国紙が伝えなかった問題の深層を総力取材でさぐり大反響を呼んだ「琉球新報」連載の書籍化。

 


沖縄、抗議の「県民大会」

米海兵隊撤退を決議 

2016/6/19 16:556/19 17:00updated 共同通信

沖縄で米軍属が逮捕された女性暴行殺害事件に抗議し、被害女性を追悼する「県民大会」で、「怒りは限界を超えた」と書かれた紙を掲げる参加者たち=19日午後、那覇市の奥武山公園 

 

沖縄で米軍属が逮捕された女性暴行殺害事件に抗議し、被害女性を追悼する「県民大会」が19日、那覇市の奥武山公園で開かれ、約6万5千人(主催者発表)が参加した。

繰り返される米軍関係者の事件を根絶するため、沖縄に駐留する米軍の大半を占める海兵隊の撤退や、日米地位協定の抜本改定を求める決議をし、日米両政府に「基地反対」の思いを突き付けた。

 大会には翁長雄志知事や県選出の国会議員らも出席。翁長知事は「二度とこのような事件を繰り返さないと誓いながら、政治の仕組みを変えられなかったことは知事として痛恨の極み」と述べ、日米地位協定の見直しに「不退転の決意」を表明した。

 

 

<iframe class="hatena-bookmark-button-frame" title="このエントリーをはてなブックマークに追加" frameborder="0" scrolling="no" width="70" height="20">"20""20"</iframe>ee
「海兵隊は撤退を」とのプラカードを掲げる参加者=19日午後3時18分ごろ、那覇市の奥武山陸上競技場

 米軍属女性暴行殺人事件に抗議する「元海兵隊員による残虐な蛮行を糾弾! 被害者を追悼し、沖縄から海兵隊の撤退を求める県民大会」(主催・辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議)が19日午後2時から那覇市の奥武山陸上競技場を主会場に開かれた。主催者発表で6万5千人が参加した。

 被害者の父親がメッセージを寄せ、参加者に感謝するとともに「次の被害者を出さないためにも『全基地撤去』『辺野古新基地建設に反対』、県民が一つになれば可能だと思っている。県民として強く願う」と訴えた。

 翁長雄志知事は1995年の少女乱暴事件に触れ、「事件を受けての県民大会でこのような事件を繰り返さないと誓いながら政治の仕組みを変えることができなかったことは、政治家として県知事として痛恨の極みであり、大変申し訳なく思っている」と謝罪。

 地位協定の抜本改定や辺野古新基地建設阻止には「大きな壁が立ちはだかっている」としたが「心を一つにし、強い遺志と誇りを持ってこの壁を突き崩していかなければならない。きょうを決意の日とし、全力で頑張っていこう」と求めた。

 採択された大会決議は、繰り返される米軍関係の犯罪や事故に対する県民の怒りと悲しみは限界を超えていると指摘。日米両政府が事件のたびに繰り返す「綱紀粛正」「再発防止」には実効性がないと反発し、県民の人権と命を守るためには、米軍基地の大幅な整理縮小、中でも海兵隊の撤退は急務だと訴えた。

 さらに両政府に(1)遺族、県民への謝罪と完全な補償(2)県内移設によらない普天間飛行場の閉鎖・撤去(3)日米地位協定の抜本的な改定―を求めた。【琉球新報電子版】

 

よろしかったら大変お手数とは存じますが、二つのランキング、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (18)   この記事についてブログを書く
« 麻生大臣、血も涙もなく、「... | トップ | 日本テレビの世論調査、民進... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ついでに申し上げれば (負けたらムサシって言うのやめよう市民連合)
2016-06-19 19:46:17
維新の会も参加しなかった模様です。

http://mainichi.jp/articles/20160619/k00/00e/040/155000c
「日本の怒り」 (アベの脱税疑惑)
2016-06-20 07:18:19
なぜ「沖縄の怒り」なのでしょう。なぜ「日本の怒り」ではないのでしょうか。
日米の「支配、被支配」の関係が問題なのに。
海兵隊は領地奪還に役立つ (K)
2016-06-20 08:23:04
外国軍が尖閣諸島を奪いに来た場合、まず自衛隊が対処をしますが、それでも奪われてしまった場合は、その領地を取り返さなければなりません。
そこで、役立つのは優れた攻撃力を誇る米海兵隊です。
もし、海兵隊が主の主張通りにグアムに撤退した場合、尖閣奪取の特攻部隊が居なくなったことで、尖閣侵攻への心理的ハードルが下がり行動に起こすリスクが高まります。
こういう人が多すぎる (一国民)
2016-06-20 13:28:50
>海兵隊が主の主張通りにグアムに撤退した場合、尖閣奪取の特攻部隊が居なくなったことで、尖閣侵攻への心理的ハードルが下がり行動に起こすリスクが高まります。

海兵隊は日本の防衛には関係無いと、いくら解説してもそれを分かっていない、分かろうとしない人が多すぎます。それに、アメリカが中国相手に集団的自衛権を発動して日本に加勢する可能性は、日本側が思っている程度よりも相当に低いのです。

そもそも、安保条約上、アメリカは日本に加勢する場合でも議会承認が必要です。ここがNATO加盟国と決定的に違点です。

アメリカ海兵隊があたかも日本の特攻部隊に成り替わるかのように書き中国に対峙してくれると思わせるなど、自民党の悪質なデマ広報員と思われても仕方がありません。例え意図的で無く書いたにしても、こんな嘘を書くことは悪質極まりないです。
変なこと言うやつ、おるやん (バードストライク)
2016-06-20 13:30:55
えっ?
アメ様は、尖閣の件は日中で良きに計らえ、わが輩は介入せん、と言っていなかったっけ?

文中にも、沖縄の海兵隊員はベトナム、イラクなどへの「殴り込み隊員」だとの記述 があるし。

ネット工作員の脳中では、いつの間にか彼らは日本の安全を守ってくれる頼もしい正義の味方、ということになっているらしい。脳筋、ってあんたのこと?

この間はよくも人の生傷に塩と唐辛子を塗り込んでくれたな。いつかボコってやる。


てーげーで歌と踊りが大好きで人を詰めない鷹揚な沖縄人が、自公を除いても6万5000人も集まった。
いかに沖縄の怒りと悲しみが深いか。
昨日、国会前でも1万人が集ったという。

もうこんな国、こんな体制はいやだ。
早く政権を変え、報道を正常化し、この国の淀み、不合理、差別などを正していきたい。
沖縄も、原発も、教育も、税制も、雇用も、選挙制度もその他みんなだ。

・・・なんて書くと、ある方が
「出動ポイント!」
とみなして、なんか面倒くさいコメントをさりげなく送って来そう(笑)。やだやだ。
奪還作戦は準備があり (ray miyatake)
2016-06-20 14:10:11
態勢を整えて行うもので、沖縄に海兵隊がいても、侵攻から間をおいてやるものだそうです。

ですから、海兵隊がグアムに退いてもまったく関係がないのです。
沖縄の主張を正確に理解する必要がある (一国民)
2016-06-20 17:42:20
今回の集会で、海兵隊の撤退、日米地位協定の抜本的改正、普天間返還(辺野古移設中止を含む)の3つを強く沖縄の方々は強く要求されました。

本土の人間および右翼の人間が正確に理解しなくてはいけない点があります。今回の沖縄の主張は、沖縄から全てのアメリカ軍基地を無くして欲しい、というものでは無い点です。つまり、「日本の安全保障に関係するアメリカ軍の部隊については、沖縄の駐留を我慢します」という意味なのです。

沖縄の人々の今回の叫びについて、安全保障問題に関心が無い人々、極右思想を持つ人やネトウヨなどは「今回もまた、どうせ沖縄の主張はアメリカ軍(全面)撤退だろう?それじゃ日本が困るじゃん。」と軽く考えている人が殆どと思います。少しでも日本の安全保障に関心を持てば、今回の沖縄の主張および要求は、これだけはどうしても、という最低限のものなのです。これまでに対して、要求のレベルを下げているのです。

どうして日本政府は、この最低限の願いすら実現しようしないのか、腹が立ちます。いや、それを通り越して呆れています。
Unknown (京葉淳一)
2016-06-20 23:26:39
案の定日米両国には怒りでイッパイなのにで中国に対すして怒る姿勢が全くありませんね。この「県民大会」の参加者の皆様は、こんなプラカードを作る暇があるなら、静かに冥福を祈ることが出来ないのでしょうか?これは例の事件の犯罪者を非難するのではなくて、米軍に対する非難と自分たちの主義主張のために被害者の不幸を利用しているとしか思えませんね。この「県民大会」の参加者の皆様は、沖縄にいるのが米軍ではなくて中国人民解放軍だったら「怒りは限界を超えた」と抗議活動が出来ると思っているのでしょうか?中国人民解放軍の方が米軍よりもっと残酷な振る舞いを行うと思うのですが。
ひとまず誤解だけ解いとこうか (平和歩行者)
2016-06-21 01:54:03
沖縄の海兵隊は、日本を守るためにあるのではない。それはそうですね。
そういう名目ですらありませんし。(トランプの戯言は無視)
『太平洋の要石』という言葉をご存じでしょうか?
沖縄は中国や北朝鮮の太平洋進出をにらむ位置にあり、さらにはインド洋方面へ向かう艦隊への補給にも適した軍事的に重要な立地であるため上のように呼ばれています。
極端な話日米安保とはアメリカ視点「沖縄に海兵隊の基地を置かせろ、ついでに守ってやるから」
という意味なのです。
沖縄に海兵隊を駐留させること自体がアメリカのメリットなのですから、沖縄の立場で「最低限」といってもアメリカからしたら「本末転倒」に他なりません。
第一“海兵隊員は犯罪者予備軍だ”といわんばかりの過剰な言動は偏見・ヘイトスピーチでしかありません。
まずは速やかに地位協定を改定することで事件の再発を抑制し、その上で冷静に土地収用等について議論すべきと考えます。
長文失礼しました。
もう止められないし止まらない (リベラ・メ(本物の))
2016-06-21 08:23:00
一気に噴き出した怒りと苦悩は、もう止める事は出来ないし、この世の誰にも止めさせられないのです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

沖縄差別の解消と基地問題」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事