Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

1955年の結党以来初めて党大会を中止するのに「感染者は増えていない」「県境を越えて移動しろ」と言う安倍自民党はまだGo to利権を諦めていない。

2020年07月09日 | 安倍政権の危険性

次の解散総選挙で必ず打倒安倍内閣!

これからもぜひ毎日一回、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!!!

 

 緊急事態宣言の全国拡大に伴い、政府が求めていた都道府県をまたぐ移動の自粛は、6月19日に全面的に解除されました。

 ところが、明らかに東京都内では再び感染者が増えています。7月に入ってから一週間連続で感染者は100人を超えました。

 そこで、東京都知事選挙前日の7月4日、小池都知事は東京発で

「近隣の県で感染者数が増えている」

として、都外への不要不急の移動自粛を都民に要請しました。

 

一週間ぶりに2けたになった東京都の感染者、相変わらず感染経路不明が多いのは通勤電車での感染ではないのかと言う不安は消えない。

 

 

 ところがこれに嚙みついたのが、例の西村くんと菅官房長官です。

 小池氏の発言に対し、新型コロナ対策を担当する西村康稔経済再生相は当初、

「知事の責任で呼びかけをされるということだろう」

と言っていたのに、政府と東京都方針の食い違いで混乱が生じてきたとして、7月6日の報道番組で

「相当感染が広がっているような印象を地方に与えている」

と文句を言いだしました。

西村君もこれで忘れられない大臣の一人になった。。。。

 

 

 ネット上では、

「いや実際感染が広がってるし!」

とツッコミが殺到(笑)。

 さらに、この西村発言を受けて、菅官房長官も7日の会見で

「体調の悪い方などには移動は控えてほしいが、一律に移動自粛を要請する必要があるとは考えていない」

と述べて、こうした見解を西村大臣から小池氏に伝えさせたことを明らかにしました。

 

 西村新型コロナ対策担当大臣が、小池都知事の感染拡大策の邪魔をしたのは今回が初めてではありません。

 4月には緊急事態宣言に伴う休業要請の対象範囲をめぐって西村大臣と小池都知事が対立し、東京都による対象範囲の公表が当初予定より3日遅れるなどの混乱を招いています。

 今回、小池都知事の得票が特に女性で多かったのですが、それはいまだに安倍自民党対「見えない壁に挑戦する」小池都知事と言う図式を信じたからなんですね。

 本当は小池都知事は裏から手をまわして、二階自民党幹事長と手を握っているのにね。

田中曽根内閣の時の田中角栄氏のような闇将軍になろうとしている二階氏。

 

 

 さて、そんな安倍自民党ですが、菅官房長官が記者会見をした同じ7月7日の役員会で、新型コロナウイルス感染症の収束が見通せないとして、今年2020年の党大会を中止することを決めました。

 ちなみに、自民党が党大会を中止するのは1955年の結党以来初めてのことだそうです。

 なぜなら、同党の党則は党大会を「党の最高機関」と位置付け、「毎年1回、総裁が招集する」と定めているからなんですね。

 自分たちが感染拡大が怖い、県境を越えられないということで、東京に集まって党大会をするのを半世紀以上の歴史で初めて断念しておいて、感染は拡大していない、県境は越えていいと外には言うこの無責任さ、不合理さっていったいなんなんでしょうね。

 それはもちろん、県外移動は安全だとゴリ押しすることで、夏休みに安倍政権の観光刺激策「Go to トラベル」キャンペーンを無理にでもやる下地なんですね。

 なにせ、1兆円単位の利権ですから。

このGotoキャンペーンと予備費の使い道を国会で追及されないために、国会を6月17日に閉会したと言っても過言ではない。

 

立憲民主党支持層の36%も小池氏に投票していては戦いにもならない。立憲民主党はなぜ自分の言葉が影響力を失ったか猛省すべき。またれいわも野党の票を割ったこと自体は認めるべき。

 

 

自民党はオンラインで党大会をやるとか、そういう頭はないんですなあ(笑)。
 
それにしても、自由も尊重せず民主主義も守らない自由民主党でも毎年毎年党大会だけはやってきているのに、2017年10月に結党した立憲民主党が2020年2月まで党大会をしなかったのは、党内民主主義の点で自民党にはるかに劣るわけで、これは恥ずかしいですね。
 
よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村

社会・経済ランキング

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

 

新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、自民党は、ことしの党大会を中止することを決めました。

自民党は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、党所属の国会議員や全国の地方議員など3000人以上が参加して、ことし3月に行う予定だった党大会を延期し、9月ごろの開催を目指して調整していました。

しかし、7日の役員会で、感染の収束が見通せないことなどから、ことしの党大会を中止することを決めました。

二階幹事長は記者会見で「党大会を開けないのは極めて残念だが、党運営には何の心配もないよう対応していきたい」と述べました。

 

菅義偉官房長官=川田雅浩撮影

 

 菅義偉官房長官は7日の記者会見で、新型コロナウイルスの新規感染者が連日100人を超えている東京都の医療提供体制について「最も逼迫(ひっぱく)した4月下旬には(新型コロナ対応で確保した病床のうち)9割の病床を使用していたが、現在は1割しか使用していない」と説明した。

 菅氏によると、都内の新型コロナ対応の病床稼働率は4月下旬は約92%(2000床のうち1832床)だったが、7月6日時点では約13%(3300床のうち419床)にとどまる。入院者のうち重症者も4月下旬は93人だったが、6日時点で8人だった。

 新規感染者は6日まで5日連続で100人を超えたが、無症状など入院の必要がないケースも多い。検査実施人数も4月下旬は1日300人前後で陽性率が20%前後だったが、最近は2000人前後を検査して陽性率は4~5%程度だ。

 政府は医療提供体制に余裕があることに加え、重症化しやすい高齢者の感染例が少ないことから、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の再発令には慎重だ。感染予防と経済活動との両立を目指す中、小池百合子都知事が「他県への不要不急の移動自粛」を呼びかけて“水を差した”ことにも不満が高まっている。

 菅氏は7日の会見で、西村康稔経済再生担当相が小池氏に「体調の悪い方などには県をまたいだ移動は控えていただきたいが、一律に移動の自粛を要請する必要があるとは考えていない」と伝えたと明らかにした。政府関係者は「検査を増やしているから感染確認例も増えているが、病院には余裕があるし、状況は全く異なる」と指摘した。【秋山信一】

 

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!
コメント (11)   この記事についてブログを書く
« 【安倍首相はどこに行った?... | トップ | 東京の感染者がコロナ感染始... »
最新の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あなたを幸せにしたいんだ (ゴメンテイター)
2020-07-10 13:23:14
「立憲民主党支持層の36%も小池氏に投票していては戦いにもならない。立憲民主党はなぜ自分の言葉が影響力を失ったか猛省すべき。またれいわも野党の票を割ったこと自体は認めるべき。」
あれー?「知事選が終わったら、ああだこうだと言わないで。」とおっしゃっていたのは何処のどなた?
でもさすがです。なぜか候補者名は出さずに、「立憲民主党は」ですから。宇都宮さんに投票しなかったのは、「政党はあっち行けー」と言いながら、野田佳彦や菅直人と手を組む、要するに候補者への信頼度の問題でしょうね。
山本太郎さんに立憲民主党、共産党の支持者から16%、17%と投票されているからと「野党の票を割った」というのは、立憲民主党の支持者の票が宇都宮さんと小池さんにほぼ同じぐらい行っている状況では、無理がありますね。山本さんが出ていなかったら、その分小池さんの票が増えたかもしれませんから。

さて、COVID-19の感染の勢いが増していますが、これでますます自民、公明、維新・小池が、人の命などなんとも思っていないということが明確になってきました。

「人の命は地球よりも重い」
この言葉とその思いを否定している自民党はもとより、それにしがみつく公明党、自民越えの維新・小池も同じなんですね。

人の命を大切にする、命を守る。言葉だけじゃなく、そういう行動をとる政権に入れ替えないと、いつまでも庶民は苦しめられるだけです。
Unknown (raymiyatake)
2020-07-10 14:55:38
私がお願いしたのは
責任をなすりつけないこと
いがみ合わないことです

都知事選挙に一切触れないことなど求めていません
そんなことは無理ですよね

記事ではせめて候補者の名前は出さないようにしました
しかし、政党は反省しないといけない

また、小池さんの票を削ると言って出てきて、後から立候補して、立憲と共産支持者の6分の1を取ってしまっても、野党の票を割ってはいない、と言ってしまうのなら、それこそ無理筋。

事実は事実として認め、そこから始めたらいいのです。

だから宇都宮さんが負けたんだと言ったらそれは嘘だし、そんな責任を太郎ちゃんに押し付けたりはしていない記事です
Unknown (格差是正)
2020-07-10 16:03:18
その通り!
都知事選の惨敗は宇都宮さんのせいでも無ければ、山本さんのせいでもありません!
元凶なっているのは立憲民主党代表の枝野氏です!

消費税を意地でも下げようとしない状態では、野党共闘の話が先に進まないのは百も承知のはず
それに、選挙日当日の宇都宮餃子について部下たちと一緒にツイートするなど醜態をさらしている
※公職選挙法違反の共同正犯のボス?

もうこの際、トップを変えてみたらどうでしょうか?
今の状況では、枝野氏の首を差し出す事でしか本当の意味での野党共闘(自民包囲網)は形勢出来ないところまで来ている気がします

・国民・玉木代表「野党は消費減税でまとまって戦うべき」(朝日デジタル)
https://www.asahi.com/articles/ASN785W6QN78UTFK00Q.html
「共産党から日本維新の会まで一致できる政策は消費税減税だ。」
「安倍晋三首相が消費減税を争点に解散・総選挙をすることも十分あり得る。政府・与党が言ったあとから野党が「うちも(消費)減税します」と言っても全く選挙にならない。」
Unknown (raymiyatake)
2020-07-10 16:07:31
宇都宮餃子ツイートは司法研修所同期として泣けました(涙)

秋に消費税8パーセントに下げる!
ドイツもイギリスも下げたから!ってのを大義名分にして解散されたら、リベラル左派は即死ですね。。。。
これ、かな? (ゴメンテイター)
2020-07-10 17:45:57
7日の朝日新聞デジタルが小池氏、宇都宮氏、山本氏に投票した有権者について分析をしています。

見出しは「小池氏再選、全年代から高い支持 女性の61%が支持」で、小池氏が「投票する際に最も重視したことを『リーダーシップ』『経歴や実績』と答えた人の7割から得票していた。」と伝えています。
記事を読み進めますと、投票で「リーダーシップ」を重視すると答えたのは25%。このうち72%が小池氏に投票したということです。
宇都宮氏は、「支持する政党や団体」が29%、「クリーンさ」が26%、「リーダーシップ」は3%です。山本氏は「政策や公約」が20%、「クリーンさ」が19%、「リーダーシップ」が14%ということです。

COVID-19の感染対策をしている風のTV出演が溢れていた小池氏に、「リーダーシップ」があると騙された有権者が多かったということでしょうか。
それに加えて、「女性の知事」という看板も大きかったのだと思います。
「政治にもっと女性を。」
よく言われますが、前面に出てくる女性政治家は、古く悪しき政治を踏襲するだけ、「オッサンの政治」を実践する方達が多いですね。小池氏も「オッサンの政治」の一人。

総じてみれば、「百合子山は高かった。」。
理由は「リーダーシップの有る女性知事」を最大限に演出されてしまっていたこと、ということでしょう。
Unknown (raymiyatake)
2020-07-10 19:46:35
だいたい、投票動向を後で見ると、明らかに女性の方が賢いですよね

それが今回は小池さんに入れている女性が多くて、ビックリしたんです。

小池さんは女性であることを悪利用してるだけなのに
データがあるとよいと思うのですが… (suterakuso)
2020-07-11 08:30:15
失礼します。

>投票動向を後で見ると、明らかに女性の方が賢いですよね

国政選挙の男女別の投票動向はないだろうかと思って「政党別得票率 男女別」で画像検索(google)してみましたが、ぱっと見、そういうグラフの画像は見つかりませんでした。

なぜか、けっこう上位にひっかかっていたのが次のグラフです。

https://www.minyu-net.com/news/saninsen2019/FM20190723-399088.php

これを見ると、残念なことに、福島ではあの森雅子は女性の方が得票率が高いのですよね。対抗馬も女性だというのに。

異論を唱えるとかではなくて、これ、どういう生活の背景がある人がどういう候補者を選んでいるのかということで、広くもっと見てみたいなぁと思いました。

何かデータをご存知でしたらぜひご紹介をお願いします。
見つけました (suterakuso)
2020-07-11 09:15:22
少し当該部分を見つけにくいですが、政府関連機関による統計を見つけました。

第48回衆議院議員総選挙
全国意識調査
調査結果の概要
平成30年7月
公益財団法人 明るい選挙推進協会
http://www.akaruisenkyo.or.jp/wp/wp-content/uploads/2018/07/48syuishikicyosa-1.pdf

第 48 回衆議院議員総選挙(平成 29 年 10 月 22 日執行)についての意識調査です。

これによると、男女別の主な投票政党(%)は次のようになります。

小選挙区(44ページ)
自民 男48.1 女47.2 公明 男3.9 女5.2
立民 男17.1 女13.5 共産 男4.4 女6.5 社民 男1.8 女1.8
希望 男9.8 女10.7 維新 男3.5 女3.7

比例(46ページ)
自民 男39.7 女39.6 公明 男8.0 女9.7
立民 男24.0 女17.7 公明 男5.2 女6.6 社民 男2.3 女2.5
希望 男8.1 女9.5 維新 男5.6 女5.3

これは残念ながらブログ主様の認識を改めることを求めるものではないかと思います。

しかし、正しい認識こそが正しい戦略を生むと思いますので、直視していただきたいと思います。弱者に寄り添い、公正さを求める政治を実現しようとする人として。
書き間違えの訂正です (suterakuso)
2020-07-11 09:20:32
比例の方に公明を二つ書いてしまいましたが、立民の後に書いたのは、共産です。
Unknown (raymiyatake)
2020-07-11 14:52:28
あっらー
安倍さんも自民党も支持率は女性の方が低いのに、投票したら男女半々なんですね!
ビックリしました。
ありがとうございました!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。