Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

今度はテロ等組織犯罪準備罪の名前で出してくる共謀罪が、テロと無関係の犯罪600以上を対象にしている件。

2016年08月26日 | 安倍政権の危険性

 

 共謀罪は、重大な犯罪を実際に実行に移す前に相談しただけで処罰するもので、小泉政権が2003年、04年、05年の計3回、関連法案を国会に提出しました。

 しかし、犯罪は実行したときに初めて犯罪として処罰されるのが近代刑法の大原則だとして猛批判を受けました。犯罪は実行して初めて法益が侵害され、可罰性が生まれるのが原則で、相談だけでは実害がないからです。

 さらに、捜査当局の拡大解釈で市民団体や労働組合も「団体」として処罰対象になるといった野党や世論からの批判を浴び、3回とも廃案になりました。

 ところが、今回は、4年後に東京五輪・パラリンピックを控える中、世界で相次ぐテロ対策の一環として位置づけ、2020年の東京五輪やテロ対策を前面に出す形で、罪名を「テロ等組織犯罪準備罪」(組織的犯罪集団に係る実行準備行為を伴う犯罪遂行の計画罪)に変えるとしています。

 

 このテロ準備罪について9月に召集される臨時国会での改正案提出を検討しているそうなのですが、なんと共謀の対象になる罪は法定刑が4年以上の懲役・禁錮の罪とし、その数は600を超えます。窃盗や詐欺などの一般の罪のみならず、道路交通法や公職選挙法にも適用されることになり、対象範囲が広く、テロには全く関係のない犯罪が目白押しです。

 これでは、テロ準備罪というネーミングは詐欺と言われても仕方がないでしょう。

 過去の共謀罪法案では、適用対象を単に「団体」としていたが、今回は「組織的犯罪集団」に限定し、「目的が4年以上の懲役・禁錮の罪を実行することにある団体」と定義し、テロ組織や暴力団、人身取引組織、振り込め詐欺集団などを想定しているいいます。

 

 しかし、たとえば、沖縄県の米軍基地でのヘリパッド建設に反対行動をとろうとしている人たちも、道路交通法違反を目的とした組織的犯罪集団とされかねません。つまり、組織的犯罪集団と言っても限定性が弱く、捜査当局によって解釈が拡大される可能性が強いのです。

 また、過去の法案では、犯罪を行うことで合意する「共謀」だけで罪に問われていたのに対して、今回は共謀という言葉を使わずに「2人以上で計画」と置き換えたうえで、計画した誰かが、「犯罪の実行のための資金または物品の取得その他の準備行為」を行うことを構成要件に加え、武器調達のためにパンフレットを集めるなどの行為を想定しているというのです。

 しかし、この「準備行為」などの言葉は定義があいまいだし、パンフを集めたらもう適用というのではほとんど限定の役に立っていません。

 このように、東京オリンピックをだしに、テロ準備などとネーミングをしていますがテロと全く関係ない犯罪を600種類も対象にしている今回の共謀罪。

 市民の安全を図るどころか、恣意的な運用で市民生活をかえって危険にさらしかねず、絶対に反対しないといけません。

 

 

関連記事

自民党がパリのテロに便乗して憲法違反の「共謀罪」新設をまた言い出す。これぞ火事場泥棒、便乗商法だ。

 

 

衆参ともに3分の2以上を与党が占めているのですから、こういう悪法を通そうと次々と襲い掛かってくるのでしょうね。

だいたい、テロ対策の法律なら、対象となる団体も国際的組織犯罪団体、とかテロ組織にしないとおかしいでしょう。

それでもあいまいさはぬぐえないわけですが。

それにしてもテロ対策とは名称だけで、実質をそれに近づけようという見せかけの努力さえありません。

よろしかったら大変お手数とは存じますが、二つのランキング、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村ランキング

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品




名称をテロ等組織犯罪準備罪、要件変えて提出検討

 テロ組織やマフィアなどの犯罪集団による国際的な組織犯罪に対応するため、政府は、過去に廃案となった「共謀罪」の成立要件を絞り込んで「テロ等組織犯罪準備罪」を新設することを柱にした組織犯罪処罰法改正案をまとめた。9月に召集される臨時国会での提出を検討している。

 共謀罪を巡っては、小泉政権時代の2003、04、05年の計3回、関連法案が提出されたが、「一般市民が漠然と犯罪の実行を相談しただけで処罰されるのではないか」といった懸念や批判の声が少なくなかった。当時の民主党など野党側も反発し、いずれも廃案に追い込まれた経緯がある。

 今回の政府案は、組織犯罪処罰法を改正し「テロ等組織犯罪準備罪」を新設する。共謀罪を盛り込んだ過去の法案では「団体」としていた適用対象を「組織的犯罪集団」と明記し、「4年以上の懲役・禁錮の罪を実行することを目的とする団体」と限定した。「組織的犯罪集団」はテロ組織や暴力団、振り込め詐欺集団などを念頭に置いているとみられる。

 また、政府案は(1)組織的犯罪集団としての活動(2)2人以上の具体的な計画(3)犯罪実行の準備行為−−などを犯罪の構成要件として検討。一般に共謀は「2人以上の人が特定の犯罪を行おうとする合意」を指すと解されるが、今回の「テロ等組織犯罪準備罪」は成立する要件がより厳しくなっている。

 一方で、対象となる犯罪は「4年以上の懲役・禁錮に当たる犯罪」で、廃案となった過去の法案と変更はない。600程度の罪種が対象で、道路交通法や公職選挙法も含まれることから、範囲が今後の議論になりそうだ。罰則は、対象犯罪が「死刑、無期、10年を超える懲役・禁錮に当たる刑」は5年以下、「4年以上10年以下の懲役・禁錮に当たる刑」は2年以下の懲役・禁錮を科すとしている。

 共謀罪が長く議論されてきた背景には、国際的な組織犯罪への対応強化がある。各国共通の処罰法の整備を目的とした「国際組織犯罪防止条約」が00年に国連総会で採択され、03年に発効した。日本は同年に国会で承認したが、条約の締結には共謀罪を含む国内法の整備が必要とされ、今も締結できていない。【鈴木一生】

 

 


 政府は、重大犯罪の計画を実行しなくても計画を話し合うだけで処罰対象とする「共謀罪」を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案を、九月召集の臨時国会に提出する方向で検討を始めた。複数の政府高官が二十六日、明らかにした。過去に提出した法案とは異なり、対象となる集団を絞り込んで要件も変更、「共謀罪」もテロ対策を前面に出した罪名に変える。共謀罪の導入を巡っては、小泉政権当時に関連法案が三回にわたって国会提出され、いずれも廃案になっている。

 これまでの法案では対象となる集団を単に「団体」としていたが、今回の改正案では、テロ行為などの重大犯罪を行うことを目的とした「組織的犯罪集団」に変更。犯罪の実行を集団で話し合うだけでなく、資金の確保といった犯罪の準備行為も要件に加える。罪名は「テロ等組織犯罪準備罪」としている。

 罪名の変更について、政府高官は「共謀罪では国民が身構える。東京五輪を控え『テロ対策』という目的を明確にした方が理解が得やすい」と述べている。

 共謀罪が適用される罪はこれまでの法案と変わらず「法定刑が四年以上の懲役・禁錮の罪」で、道路交通法や公職選挙法などを含め六百超と範囲が広い。

 政府は、改正案を秋の臨時国会に提出することを目指すが、前の通常国会で継続審議となった環太平洋連携協定(TPP)の関連法案などの成立を優先させる考えで、改正案成立は来年の通常国会以降を想定。

 共謀罪を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案は、二〇〇三、〇四、〇五年に国会提出されたが、野党などは「労働組合も対象になりかねない」「居酒屋の会話でも逮捕される」と反発。日本弁護士連合会の反対もあり、政府側が成立を断念してきた。

◆現行法で対応可能

 <神戸学院大の内田博文教授(刑事法)の話> 犯罪の準備段階の行為を処罰することは現行法でも対応が可能で、共謀罪は不要だ。殺人予備罪など、刑法には複数の予備罪が規定されており、準備行為を処罰することができる。現行法で対応できないというのであれば、具体的な立法事実を示して議論する必要がある。過去の治安維持法と同様に、運用の拡大で市民運動も標的となる恐れがある。

◆乱用、恐れ消えず

 <ジャーナリストの斎藤貴男さんの話> 犯罪捜査が目的なのは分かるが、一度法律ができてしまえば、政権や捜査機関が監視や思想の取り締まりなどのために都合よく運用するのが目に見えている。海外でテロが頻発し、自民党が選挙で圧勝していることを口実にしても、乱用の恐れは消えない。今は「東京五輪のため」と言えば何でも許されるような風潮があるが、こうした法改正は、安倍政権が憲法改正を目指す際に、表現の自由を制限したり、緊急事態条項を新設したりするための地ならしになり得る。

 

 

菅官房長官「慎重に検討中」 新たな法整備に


 
菅義偉官房長官=首相官邸で2016年8月24日、藤井太郎撮影
 
 菅義偉官房長官は26日午前の記者会見で、犯罪集団による国際的な組織犯罪に対応する法整備について、「これまでの国会審議などで不安や懸念が示されているので、慎重に検討している」と語った。法案の国会提出時期については「現在のところ何も決まっていない」と述べるにとどめた。一方で「国際組織犯罪防止条約を締結し、組織犯罪と戦うことは極めて重要だ。条約の締結に伴う法整備は進めていく必要がある」との認識を示し、法整備への理解を求めた。【田中裕之】

 

よろしかったら大変お手数とは存じますが、二つのランキング、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村ランキング

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品


 


コメント (11)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 前の記事へ | トップ | ワンセグ付き携帯電話を所有... »
最新の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
賛成致します (K)
2016-08-26 15:30:44
> 犯罪は実行して初めて法益が侵害され、可罰性が生まれるのが原則で、相談だけでは実害がないからです。

実害が出てからでは遅いのです。
犯罪を未然に防ぐ措置は絶対に必要なので、賛成です。
K様へ (篝)
2016-08-26 16:50:19
犯行を未然に防ぐ事は必要です。
しかしこんな曖昧な規定では主様が挙げた沖縄のヘリパッドみたいな犯罪と呼べない政府に反対する方を逮捕する方便になりかねません。
テロの撲滅がお題目なのに対象をテロ団体に定めないのはどういうことかわかるでしょう
論理的に説明して欲しいね (一国民)
2016-08-26 17:28:24
Kさん

共謀罪創設に賛成であるのなら、それにより、どの程度犯罪を未然に防ぐ事が出来るのか論理的に説明をして欲しいですね。

それと、そもそも共謀を客観的に証明するには具体的にどうすれば可能とお考えか、教えて欲しいです。ただし、盗聴あるいは盗撮は除外します。理由は、暴力団など明らかに犯罪を犯す可能性のある人物または団体でない限り、一般人のプライバシーの侵害が明白だからです。もちろん、極右あるいは極左思想だからというのも個人の自由なので、これも除外します。

もっとはっきり言うと、共謀罪を創設する事は、国家が国民のプライバシーを堂々と監視する事になり、それはもはや北朝鮮と何ら変わりない状況ですので。
ひょっとしたら (リベラ・メ(本物の))
2016-08-26 20:39:11
もしかして、私達が今このblogでコメントしたり、記事をentryする事も、共謀罪になるのでは?法案が“成立”したら。
コッチの手もあったか! (バードストライク)
2016-08-27 04:27:08
「緊急事態条項」の露払い役? の「共謀罪」。
露払いどころか、こんなのが成立したら「緊急事態条項」が要らないくらいではないのか?
何にだって、適用できそう。

リベラ・メさんの心配通り、このブログであれこれ政権批判の会話をし、
「では、オフ会でリアルな話し合いを持ちましょう」
と掲示して集まったら、待っていたのは特高でした、、、なあんてね。

ちっとも笑えねえわ!!
大分県警 隠しカメラ設置の件 (バードストライク)
2016-08-27 12:14:43
http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye2852840.htm

独自入手 警察の“隠しカメラ”映像
 人の動きを感知して作動するビデオカメラを、大分県警が野党を支援する団体が入る建物の敷地内に無断で設置していた問題。その後の取材で「NEWS23」は、大分県警が撮影した映像を独自に入手しました。そこには、警察官がカメラをどう設置するか相談する姿も克明に記録されていました。動画でご覧ください。(24日23:00)//


動画10分20秒。
興味深い。
事件捜査を担当する「刑事官」が、隠しカメラを設置する場所、角度まで捜査官に指示する有り様が、冒頭に写っている(捜査官、ワイシャツ姿なのに、刑事官は縞シャツ姿でエラそーでヤクザっぽい)。

撮影された個人、車のナンバー、はっきり特定できる。

設置理由は「選挙違反」の捜査のためだと?
何やねん!
じゃあ、自民党関係者の事務所にも、仕掛けたのか?

共謀罪成立以前に監視は始まっている。
削除されてしまうかもしれないので、お早めにご覧下さい。
森川弁護士のブログから (バードストライク)
2016-08-28 13:43:03
> 共謀罪(そう名乗らないつもりらしいけど)の本質とは、共謀、つまり、実行行為に移さなくても、「相談しただけ」で、「犯罪」成立としてしまう点にあります。と言われても、ピンとこないし、自分には関係ない、と思っている人も多いとは思いますけど、5月に成立した盗聴拡大法が施行されれば、国家権力が、「お前ら、犯罪やろうって相談してたよね、俺、聞いてたもん」と認定して、とりあえず逮捕・弾圧はますます簡単♪というふうになっていくわけです。

それでも、まあ対象は「犯罪」の相談でしょ、って? じゃあ、例えば、私が集会で「こんな1%が富を独占する世の中はおかしい。社会を変えましょう!そのために力をつけましょう。まずは、今日の集会のカンパをお願いします」と呼びかけて、カンパを集めたら、それは、今回加えられた「準備行為」には当たらないでしょうか。大丈夫?

「社会を変える?1%の富の独占はおかしい。つまり、富を奪うということだな。暴力を使うってことだろ?革命か。そりゃ凶器準備集合罪の準備行為だな!」ってことにならないでしょうか?本当に大丈夫?

http://s.ameblo.jp/mfb1991/entry-12194293289.html


本当に大丈夫?
って、こっちが聞きたい。 ( ♪ マーク、付けないでよ・・・ (;_;) )

「オリンピックでのテロ対策に備え」るのだったら、もう Ol¥nPIG なんか、止めてくれ! (ジャップはんの真似をしたけど、打つの大変 w )

数の暴力で成立させてしまうのだろうか?
テロ集団=アベ一派 (1jAP)
2016-08-29 05:40:54
 念願かなって、自らに最も不都合である”レッドデータ”に乗るような絶滅危惧種を確実に根絶やしにして、次々と不都合な連中をブチノメシ、拘束するための方策をgestapoどもと嬉々としてヤッタルカラナと含み笑いしているアベ一派。
 統治という名の一番の暴力支配を居直っているこの列島一の最悪の組織暴力集団は、常に暴力を加える側であるため、暴力を加えた認識すらもなく更なる暴力を加える。アベ一派にとっての”極左”は、今や反対派総て。自民党内”左派”という扱いの慎重派はやがて粛清される運命。
 その昔、日本列島にも縁の深いペクチェ(百済)という王朝がチョソン半島にあったとか。その末期はアベ一派が最も学ぶべき悲惨なものだと思われる。恐怖政治をしけばしくほど、自らの疑心暗鬼が増幅することに気付きもせず、やがて他称忠臣とされた個々人すら疑心暗鬼の対象となり…自称忠臣どもの意のままにペクチェ王朝は自壊し、最期の王は自称忠臣どもの庇護すらなく唐の捕虜となって連行されたとか。
 古今東西どこでもそうだが、権力に媚びへつらう輩こそが、獅子身中の虫であることを奴らはペクチェの最後の王のように気付きもしない。
全く愚かしい自壊の道に気付きもしないようでは遠いご先祖のようになってしまうとの危惧をもってアベ一派に距離をおいたスメラギの強かさを少しは煎じて飲め、とのみ忠告しておいてやろう。
 壊滅させた”極左”の亡霊をいつまで都合よく利用するのだ? 3億円事件、グリコ森永事件…オウム事件。奴らが徹底的に”極左”を”アカ”を壊滅させる都合のために利用した”事件”で、列島内の”極左”や”アカ”は徹底的に根絶やしにされ、大衆路線という自粛によって自壊した。
 さて、アベ一派よ、慎重派をどのようにブチノメシ、粛清していくのかね? なぁ、テロ集団、アベ一派よ。

 行ったらあかん道をお前らは、既にブッチギリで爆進して疑わない。
 お前らが自壊していくさまを生きてるうちに見れることを何よりも楽しみにして生き残った同志らとともに逆歯だけは研ぎ澄ましてゴキブリやネズミのように日々を生き残ることにしよう。
テロ助長しそう (Anonymous)
2016-08-30 04:32:01
助長しそうな助長思想
思想犯取締りデスヨ
特高復活だね
共謀罪は自公の閣議に適用すべきではないか。 (法律はよくわかりませんが)
2016-09-03 15:01:26
共謀って、秘密保護法や武器輸出解禁、集団的自衛権の行使容認の閣議のことをいうんでしょう。ほかにも公共放送、内閣法制局、日銀のトップの首を勝手にすげかえるとか。戦争法凶行採決のときも、委員外の人間かまくらーずを配置させてたのはテロ準備罪ではないですか。
さっさと成立させて遡及適用して、自公を根絶やしにしちまえ!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。