Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

大阪市を解体する維新の会の大阪都構想は、大阪市の財源を奪ってカジノや土木事業につぎ込むための口実だ

2011年11月25日 | 橋下維新の会とハシズム


冒頭のグラフは大阪市と大阪府の借金の状況についてより大阪市と大阪府の負債残高です。

橋下候補は「大阪市役所から権限と財源をむしり取り」と言っていますが、自分はとうとう大阪府知事の間に借金を上のグラフのように増やすだけ増やしたので、市営地下鉄の黒字化も果たした平松市長が財政再建しつつある大阪市の金を取ってしまおうということなのです。

実際には、維新の会の「大阪都構想」とは、大阪市の権限と財源を奪い、橋下氏に一手に集中させ、リニアだの高速道路だの土建型公共事業を推進することを狙う、まさに「大阪まるごと乗っ取り」の構想です。

この人が大阪市長になり、松井維新の会幹事長が大阪府知事になったら、あっという間に大阪市の財源を食いつぶしてしまうのは必定です。

なにしろ、彼らには大阪の経済を発展させる具体的な策がカジノ・リニア・高速道路以外にないのですから。自分ではなにもできないのに人の成果を横取りしようという魂胆なわけです。

橋下徹・松井一郎氏の維新の会 大阪ダブル選挙マニフェストの経済政策がまたカジノ誘致



上の図のように、大阪都構想とは、大阪市を解体して改編するという構想なのですが、このような改革をするとどのような良いことがあるのか、平松市長に何度突っ込まれても、橋下候補は「大阪都制度になれば、ばちんと決まる」などと言うだけで、答えることが出来ません。

なんやねん、蚊を殺すわけでもあるまいし、ぱちんと決まるって(笑)。

橋下・維新の会の府政では、福祉・教育・文化など府民にとって真に必要な支出を削減しながら、財政赤字の削減どころか、この3年間に物凄い勢いで、大阪の公債(府債すなわち負債)が増えています。

 

橋下さんの知事選での公約の一つは、「新規に府債を発行しないこと」でした。

ところが発行しないどころか、新発府債を1300億円以上も増やしてしまっているのです。

結果として、大阪の府債=負債の残高は、下のグラフのように平成19年度末に5兆8288億円だったのが、平成22年度末には史上初めて6兆円!を突破し、6兆739億円になってしまいました。

松井大阪府知事と橋下大阪市長の維新の会コンビが当選なら「大阪」は破産する

府債残高の推移



なぜこんなことになったかというと、カジノ・伊丹空港廃止・リニアなどなど、橋下・維新の会の経済政策がことごとく不発で、橋下府政になってからの大阪府の税収が下のグラフのように減る一方だったからです。

リーマンショック以降、国も地方も苦しんでいるものの、大阪府の税収目減りは全国でもダントツです。

府税収入の推移
 以上 大阪府作成の大阪府の主な財政状況の推移より



このように大阪府の経済と財政をめちゃくちゃにしてしまって解決が出来ないため、大阪市の税収を奪ってしまおうというのが、大阪都構想です。
横浜市は大阪市よりも人口も多いですが、神奈川県の発展のために横浜市を解体しようなどと言う馬鹿な話は出てきません。

大阪市のお金をリニアや高速道路建設など、土木公共事業につぎ込もうという、旧態依然たるゼネコン体質が維新の会の本質なのです。

松井・橋下氏らの大阪都構想が実現すると、大阪市がなくなり、下の図のように大阪市の24区は8区に減らされてしまいます。それは、「基礎自治体の人口は最大で30万人までにすべき」だからだというのですが、どうして30万人以下にしないといけないのか全然分かりません。

「知事と大阪市長が横並びになるのはおかしい」というのですが、それは自分の横に平松市長が並ばれるのが嫌だっただけでしょう(笑)。

「僕はカジノに賛成、平松市長は反対。いったい、大阪の方針はどっちなのか、はっきりしない」などとも言うのですが、はからずも、まさに大阪市が存在していて大阪都になっておらず、方針が統一しなくて良かった例になっています。

さらば橋下徹大阪府知事 知事辞職・大阪市長ダブル選挙出馬表明は政治生命終わりの始まり 



権力は必ず腐敗します。

ですから、立法・行政・司法の三権分立に典型的に見られるように、権力を分立させ、互いに抑制と均衡をさせることで、権力の濫用による国民の自由と人権の侵害を可及的に防ごうというのが立憲主義の数百年の結論です。

地方自治も中央政府(国)と地方政府(地方公共団体)の権力分立の仕組みでもあります。

二重行政が効率が悪いといって、地方自治体をなくして国だけにして、絶対王政時代のように一国の権力を中央集権化した方が良いなどと言う人はいないでしょう。

大阪府と大阪市がそれぞれ権限と財源を分け合っているのは、国民のために決して悪いことではありません。現に平松市長の反対もあって、カジノ構想は実現しないでいるのですから。

良いことは話し合って協力してやれば良い。討論と妥協が議会制民主主義の真髄です。

権力を一極に集中することは危険です。

それが、まして、橋下・維新の会であればこそ。

橋下徹氏は権力欲を満たすためには自身のお子さんまで利用する。「絶対的な権力は絶対的に腐敗する」




大阪都構想に対する反論の書をご紹介します。

 

著者/訳者

高寄昇三/著

出版社名

公人の友社

「橋下知事は、大阪市のずさんな行政経営を淘汰するため、大阪市を壊滅させなければならない、と気炎をあげています。しかし、実態は、大阪府による大阪市の吸収です。

明治22年以来、120年余の輝かしい歴史をもつ大阪市を死滅させてよいのでしょうか。
大阪市財政が放漫であるから、大阪市を解体し、大阪経済の一元的開発をすすめるというのは、無茶苦茶な話です。

大阪都構想は、具体像・内容を提示されないまま、感性だけで、選挙の対象となりつつあります。ポピュリズムにみられる、一般的手法です。」

 

 

 

著者/訳者

澤井勝/編著 村上弘/編著 大阪市政調査会/編著

出版社名

公人社

 

 

 

大阪市民の愛する、100年以上の歴史のある大阪市を守るべきだと思われた方は

よろしかったら上下ともクリックしてくださると大変嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング

 

 


コメント (12)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2011年度 ハッカーに最... | トップ | 橋下・維新の会のハシズムは... »
最新の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大阪市長選 (ホームズ)
2011-11-24 23:51:21
新聞では橋下リードと書いていますが、本当に市長に当選させるのだろうか?彼を支持する市民は、彼の実績をどう評価してるのだろうか?
Unknown (momo)
2011-11-24 23:52:07
東京府、東京市を復活させようなんて橋下批判、大阪都構想批判ってないのかな?
まずそこからだと思いますけど、タブーなんだろうなー
Unknown (Hori)
2011-11-24 23:53:56
どうでもいいんですが、知事選で松井氏が落ちて、一方、市長選では橋下氏が当選するという可能性も一応ありますよね。その場合、橋下氏はどうするつもりなんでしょう?ふと気になりました。
Unknown (KURAMA)
2011-11-24 23:55:35
もしも維新の会がどちらも当選して府市あわせなことになると…。
 対抗策は、もう何もできないんですかね…。

 土建屋マンセー、弱肉強食マンセー、セーフティーネット不要マンセーになるのが、恐ろしいです。

 微々たる力ながらも、27日は必ず投票します。(敗北主義者で、ゴメンナサイ。)
Unknown (今からみてきます)
2011-11-24 23:57:26
周りは維新の会こそ、この世の中を変えてくれる!と期待する声が多いのですが、この状況は郵政民営化を訴えた小泉さんと同じ感じ。

格差を拡げて、若者が派遣村に殺到しましたよね。でも、彼らは小泉首相に期待して票を入れたはずです。

神戸女学院の内田先生の橋下さんの話を聞くと、空恐ろしくなります。

どうなることやら。

あと、知事候補の松井さん。
「公教育は自分の受けた30年前と同じ。自分は外国でビールの注文する英語力しかついていない。」
とブログで書かれていました。

その公教育、松井さんは学校をさぼりまくってたから基礎学力がついていないのではないですか。
お父様がやはり政治家で家は豊かだったはずですが、お世辞にも偏差値が高いとは言えない高校、大学を選ばれていますね。

私も同年代なのですが、今のゆとり世代と違って詰め込み教育の時代だったので、かなり英語は学習したはず。

RAY先生も松井さんと同年代ですよね。
何ですと (かくぞう)
2011-11-25 00:02:53
確かに日本の英語教育には問題点はありますが、それでも基礎学力だけでも日常会話程度はクリア出来ますし、特に英会話学校になど行かなくても海外で仕事をこなすまでになっている友人達だっていますし。

御自分の狭い知識と価値基準だけで全てを判断する政治家は危険ですね。
文部省の英語教育そのものに、狂いが生じている!毎日、英字新聞を読むか、外国人と恋をすれば英語は上達するのです、いかが? (cafe)
2011-11-25 02:24:06
 こんな、下らない知事候補を、相手にしてはいけない!
 さて、ray様ブログ・ページに、「英語教育のテーマ」が出題されると、どうしても一言。
 英語科教職課程を、大学院まで英文科へ行って、単位取得したから、チョット、コメントをさせてくださいネ
 その英文科の聴講をして、高校一級教諭免許を取得できた。
 その後も、語学教育をアメリカのセントルイス大学、イリノイ州立大学など、全米でも特筆される高い英語教授法の大学で、連邦政府給費留学生となった。
 文部省の外国語(英語)教職課程、教授審査をパスし、現職の英語教授もして来たので、大体のことは分かっていると、一応の自負もある。
 その海外留学が、博士課程を四年となって、その後政府エコノミストとして、中東・北アフリカ諸国、またエネルギー・国際経済を、調査研究してきた。
 さて、要するに、日本では小学校から、英会話の教育、学習をする必要はない。しっかりと、基礎英語の語学を習得すれば、十分なのです。
 この点が、文部科学省の間違いでして、上記のUnknown(今から見てきます)さんが、松井知事候補の「ビールの注文だけしかできなかった」と、日本の英語教授法に、欠陥があるかの如く言うのに対し、むしろ「ビールの注文に英会話の語学教育を必要とするのか?」と、反論すべきでしょう。
 この質問と返事が、可笑しいのです!
 何処でもビールの注文では、「ビア!」と一言言えば、英米その他の海外諸国の何処でも、バーテンさんがビール注文の給仕を、してくれます。
 どうぞ、ご心配なく!
 もともと、ビールはエチオピアの原産で、ドイツ系諸国の特産品が、さすがに一番美味い。また、日本産も、これに匹敵する。
 ビールを飲むのに世界中どこでも、一切、英語が必要な言語ではないのです。
 松井知事候は、なぜか「選挙民の気を引こうとして、”知ったかぶりの嘘を言った”」だけで、下らない阿呆な話に過ぎない。
 
このダブル選挙・大坂都構想、すなわち橋下市長候補者の描くカジノ博打場構想は、一体、何処から生じた矛盾なのか? (カフェ)
2011-11-25 06:51:53
 この課題は、平成11年地方分権一括法の約400に及ぶ法令の改訂において、地方分権の地方自治法第2条9項1号に則る、第一号法定受託事務の制度的な受け皿を、整備してこなかったことに起因する。
 さて、従来は、これが、道州制による都道府県の改変しかないと、一般にも認識されていた。
 まさか、橋下元知事、市長候補のように、大坂へ博打場を特別法で建設するような、ヤクザの親分と組む方法を、想定していなかった。
 地方公共団体を、喰いものにした野蛮な手法で、これを政策に掲げ選挙に打って出るという野望が、付け上がることを施政者の政治家が、読めなかったからである。
 脇が甘かったもので、手を抜いていたことも、事実であった。
 要するに、一般国民、大阪市民、府民など住民の無知、ヤクザの伸介など暴力団が跋扈するところの、特殊な大坂地域の風習、風俗を、平成11年迄の地方行政見通しでは、描いてこなかった報いであった。
 このように、府政、市政の知事、市長が、100億円に達するような、莫大の財務会計、その管理を疎かにする場合には、地方自治法第242条に基づく、住民監査請求、第242条の2住民訴訟によって、納税者訴訟を提起する必要がある。
 その関連する本人訴訟ホームページを、参考まで、
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/professor
Unknown (関東人)
2011-11-26 00:49:56
そろそろ、大阪府民は目を覚まさなくては・・・
吉本ノリで、おもしろそうだけで、自分の未来を選んじゃダメ。
特に在阪マスコミ!

Unknown (大阪人)
2011-11-26 11:58:41
意見は人それぞれです。
一番の問題は有権者に選択する能力がかけているところではないでしょうか。これは平松氏派・橋下氏派それぞれに言えます。

実生活では疲弊しきってはいるが、選挙前になると東京の金持ち有識者の綺麗事になびく。いってることは間違ってはいないが、実生活とは乖離した話題。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

橋下維新の会とハシズム」カテゴリの最新記事