Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

日本維新の会が第2自民党であることを自白!松井一郎代表「僕はもともと自民党の地方議員。自民党とあまり大きく差はない」。馬場伸幸幹事長は「自民党と一緒に国のかじ取りに参画していくことはあり得る」

2021年10月29日 | 維新の会の脅威

これからもぜひ毎日一回、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!!!

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村


社会・経済ニュースランキング

 

 

 全国的にコロナの新規感染者数は落ち着いて、東京は第5波のピーク時から比べると100分の1くらいなのですが。

 実にイソジンの会らしいと思ったのは、衆院選の東京5区で日本維新の会の候補者である田淵正文氏の事務所スタッフ3人が新型コロナウイルスに感染し、田淵氏もコロナに感染したと発表したことです。

 なにしろ、衆院選の候補者陣営で感染者が出たのははじめてのことで。

 そしてなんと田淵氏は医師で、コロナ対策の専門家然として選挙活動をしていたんですよね。。。

 彼を含めてコロナにり患した方々は本当にお気の毒でそこに罪はないのですが、ただいかにもおマヌケなところが実に維新です。

 

 さて、2021年10月31日投開票の衆院総選挙の予測については各メディアでさまざまな予想が出ていますが、自民党の議席の減り方とまともな野党の伸び方については今回バラバラなのですが、共通するのは現在11議席の日本維新の会が3倍増になるであろうということ。

 実に不快で、また不思議なのですが、たぶん自民党が減らした分を維新が吸収してしまうのでしょうね。

 つまり、維新が第三極で自民を見限るときの受け皿になりうるという考え方が有権者に浸透してきたということなのだと思います。

 しかし、維新が盛んに自民党との対決姿勢を打ち出しているのは全くのポーズに過ぎません。

 安倍・菅政権の下で庇護されてきた維新の会が、岸田政権になってやや自民党と距離ができたので、自民党批判もして見せられるようになりましたが、基本的に維新が自民党の補完勢力、第二自民党であることに変わりはありません。

 

 たとえば、10月15日には、馬場伸幸幹事長が

「自民党が過半数割れして政権運営ができなくなれば、自民党と一緒に国のかじ取りに参画していくことはあり得る」

と述べています。

 政策的にも自民党と維新はほとんど変わりませんので、片山虎之助共同代表は10月13日の参院代表質問で

「小泉政権以降、新自由主義的な政策が実行されたのか疑問だ。小泉政権で閣僚を務めたが、そう認識したことはほとんどない」

と言ってしまっていて、そもそも自民党が新自由主義であることの認識さえなく、自分たちはさらに弱肉強食の新自由主義で突き進む気満々です。

 また、衆院選の公約で自民党が軍事費をGDP1%枠にとどめる路線を突き破って2%への軍拡を主張しているのに対して、政策担当の浅田均政調会長は、

「(軍事費のGDP比)2%が天井だとは思っていない」

と言い切り、自民党以上の軍事優先指向を隠そうともしていません。

 

 そして、松井一郎代表ときたらもっと露骨で、10月25日には

「僕はもともと自民党の地方議員。大きい方向性、政治理念、そこは自民党とあまり大きく差はない」

と自白しました。

 そうそう、維新の会を作った時の松井氏は自民党の大阪府議で、自民党でも札付きの悪いメンバーを集めて大阪維新の会を作って、橋下徹大阪府政の与党となったのです。

 さらに松井代表は同日、安倍・菅政権とベッタリだった右翼姿勢もあらわに、自民党の改憲案について

「安倍総理が自衛隊を書き込む案を自民党の中でまとめてる。われわれはそれに賛成」

と言い切っています。

 維新に投票するのは自民党に投票するのとまったく同じかそれ以下だと、維新の会の幹部たち自身が自ら認めているのです。

 

  さて、副代表の吉村府知事はどうかというと、山崎拓自民党元幹事長が10月27日、大阪10区に立憲民主党から出馬した辻元清美氏を応援して

「小選挙区は絶対に辻元清美、比例は自民に」

と発言したことに対して、以下のようにツイートしたので思わず失笑しましたww

 立憲と自民が手を組み始めたとかありえないでしょう(笑)。山崎氏個人の行動であることは誰の目にも明らかです。

 だいたい、結党以来10年間、ずっと自民党のどの法案にも賛成し、自公政権が責任逃れのために国会を延長しないことにも賛成してきたのは維新の会ではないですか。

 まさに、自民党と手を組んでいるのは日本維新の会。

 自民党に見切りをつけた賢明な有権者が投票先に選ぶべき政党ではありません。

二階幹事長と歓談する吉村府知事、松井市長ら。

 

 

維新が第2自民党であることなんて誰の目にも明らかだと思っていたのですが、維新が自民党が減らす議席を吸収して3倍になるということは、マジで維新が第三極だと思っている人が多数いるってことですよね。

騙される人より騙す人が悪いというのが詐欺事件の鉄則。

維新のしたたかさと、真実を報道しないマスメディアには驚きもし、あきれもします。

これからもぜひ一日一回、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!!!

 

 

田淵正文氏

田淵正文氏

 衆院選東京5区に日本維新の会から立候補している医師の田淵正文氏(63)は28日、新型コロナウイルスに感染したことを自身のフェイスブックで明らかにした。公示後に候補者の感染が判明したのは初めてとみられる。現在は入院中といい、取材にメールで「事務所内(のスタッフ)に5、6人のクラスター(感染者集団)が発生した」と回答した。
 田淵氏のフェイスブックなどによると、23日にスタッフの感染が判明。田淵氏はこのスタッフと行動を共にしていたといい、その後に自身の感染も判明した。
 田淵氏の陣営には公示後、維新の松井一郎代表らが相次いで応援演説に入った。田淵氏はメールで、いずれも濃厚接触者には当たらないと保健所が判断したと説明。今後の選挙活動について「当面は感染の広がらない形に限定する」とした。
 田淵氏は内科医で、院長を務める東京都目黒区のクリニックでは新型コロナ患者の診察にあたっていた。
 東京5区には自民党の若宮健嗣氏(60)と立憲民主党の手塚仁雄氏(55)も立候補している。(共同)
 
 
 
 

自民の単独過半数維持は微妙、立民が議席増・維新は勢い保つ…読売・衆院選終盤情勢

 読売新聞社は31日投開票の衆院選の終盤情勢を探るため、26~28日に世論調査を行った。自民党は単独での衆院定数の過半数(233)維持が微妙な情勢だ。立憲民主党は議席を増やす公算が大きく、日本維新の会は勢いを保っている。289ある小選挙区の約4割で接戦となっている。

 調査結果に全国の総支局などの取材を加味し、情勢を分析した。

 自民は終盤に入り、野党に追い上げられる小選挙区が目立っている。優勢を保つ候補は113人にとどまり、劣勢は序盤の46人から60人に増えた。当落線上で104人がしのぎを削る。特に野党の地盤が強い北海道、大阪、沖縄で苦戦している。一方、保守地盤の強い富山、山口、高知では安定した戦いを展開しており、山形でも議席独占の可能性が出てきた。比例選では70議席近くを視野に入れるが、公示前の276議席からは減らしそうだ。

 公明党は、9人を擁立した小選挙区の多くで安定した戦いを進める。比例選では順調に議席を積み増し、前回の2017年衆院比例選の21議席を上回る可能性がある。自民、公明の与党では、国会を安定的に運営するための「安定多数」(244)をうかがう。

 立民は、優勢な小選挙区を序盤の30から七つ増やすなど公示前の110議席から30近く増やす可能性がある。ただ、94人が接戦を演じており、情勢は流動的だ。比例選では40議席を超える見通しとなっている。

 共産党は沖縄1区で優位に立ち、比例選でも2桁の議席確保を狙う。公示前の12議席は上回る勢いだ。

 維新は拠点の大阪で、19ある小選挙区の半数以上を制しそうだ。比例選でも20議席台に乗せる可能性があり、公示前の11議席から3倍超をうかがう。

 国民民主党は、公示前の8議席を確保できるかどうかが焦点だ。

 調査は電話で実施し、18万2039人から回答を得た。一定数の回答者が小選挙区選や比例選で投票する候補者や政党を挙げておらず、情勢はなお流動的な要素もある。

 衆院選には、小選挙区選(定数289)に857人、11ブロックの比例選(定数176)に194人(重複立候補を除く)の計1051人が立候補している。

 
 

2021年10月28日(木)

維新「自民と一緒」告白

 安倍・菅政権の継続か、政権交代で新しい政治をつくるかが問われる総選挙で日本維新の会は“改革者”をアピールしていますが、実態は自公政治の悪政を後押しする最悪の補完勢力です。この間の維新役員の発言からもそれは明瞭です。

 松井一郎代表は「僕はもともと自民党の地方議員(大阪府議)。大きい方向性、政治理念、そこは自民党とあまり大きく差はない」(25日)と告白。馬場伸幸幹事長は「自民党が過半数割れして政権運営ができなくなれば、自民党と一緒に国のかじ取りに参画していくことはあり得る」(15日)と自民との連立に意欲を見せています。

 浅田均政調会長は、自民党が軍事費をGDP(国内総生産)1%枠にとどめる路線を破って2%への軍拡を主張しているのに対し、「(軍事費のGDP比)2%が天井だとは思っていない」(15日)と述べ、際限のない大軍拡をあおっています。

 憲法改定をめぐっても松井氏は「安倍総理(当時)が(憲法に)自衛隊を書き込む案を自民党の中でまとめてる。われわれはそれに賛成」(25日)と、安倍改憲推進の立場を明らかにしています。

 片山虎之助共同代表は13日の参院代表質問で「小泉政権以降、新自由主義的な政策が実行されたのか疑問だ。小泉政権で閣僚を務めたが、そう認識したことはほとんどない」と述べ、格差と貧困を拡大させたことに無反省です。

 
 

これからもぜひ一日一回、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!!!

 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 日大背任事件で逮捕された医... | トップ | 日本維新の会の田淵正文候補... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
正体見たり (ゴメンテイター)
2021-10-29 18:25:02
なるほど、イシンに入れるということは、ジミンに入れるということですね。

ところで、「目の前の困っている人を助ける」風のTVCMが流されていますが、助けるための具体的方法が示されていません。

「身を切る改革」と言って、あたかも政党や議員が絞られるかのように思わせて、実際は市民・府民の生活を切り捨てている大阪。
このTVCMは、その手口とほぼ同じ。そう、あのイシンの創始者がよく言っている「騙されるやつが悪いんだ」と同じ発想のものでしょう。
Unknown (ewkefc)
2021-10-30 01:17:01
『日本維新の会が第2自民党であることを自白!松井一郎代表「僕はもともと自民党の地方議員。自民党とあまり大きく差はない」。馬場伸幸幹事長は「自民党と一緒に国のかじ取りに参画していくことはあり得る」』に対する意見
https://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/553aae13e4e7d2624f59a3b2104b71ca

>安倍・菅政権の下で庇護されてきた維新の会が、岸田政権になってやや自民党と距離ができたので、自民党批判もして見せられるようになりましたが、基本的に維新が自民党の補完勢力、第二自民党であることに変わりはありません。


自由民主党はアメリカの力添えで結党され、アメリカからの資金によって維持されてきたアメリカの出先機関なのだが、自民党の役割は日米安保条約の維持、つまりドル体制のです。
自民党が保守である所以は、日米安保条約を保守する役割を負っているからです。

現在、日本の国政政党で日米安保条約の廃棄を提唱しているのは日本共産党だけですので、日本共産党以外の政党は全て保守勢力ということになります。

【行き着く先は同じ】
https://ewkefc.blog.fc2.com/blog-entry-119.html
【保守とは、ドル体制を維持すること】
https://ewkefc.blog.fc2.com/blog-entry-163.html

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。