Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

日大背任事件で逮捕された医療法人の藪本雅巳氏は、安倍晋三氏と家族ぐるみで付き合う親友。加計問題の加計理事長、ジャパンライフの山口会長など「男たちの悪巧み」が多すぎる。

2021年10月28日 | 自公政権の拙劣なコロナ対策

これからもぜひ毎日一回、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!!!

 

 

 日大の附属板橋病院の建て替え工事の設計を行った佐藤総合計画に日大から24億円が支払われたが、うち2億円が大学の関連会社「日本大学事業部」の役員である日大理事の指示で、密かに都内のコンサルタント会社に送金されていたという日大背任事件。

 コンサルタント会社は大阪府の医療法人の関連会社で、東京地検特捜部は背任容疑で日大本部や日大事業部、日大のトップである田中英寿理事長と理事の自宅に加え、医療法人の関連会社などを一斉に家宅捜索し、日大理事と医療法人錦秀会の前理事長籔本雅巳を逮捕しました。

 

 この人たちが何が罪になるかというと、日本大学から医療法人側に2億円余りの資金を流出させ大学に損害を与えた背任罪の共同正犯にあたるわけです。

 日大の理事は当然のことながら日大の事務を誠実に履行する義務があるのに、その義務に反して、日大に損害を与えたのが「任務に背く」背任罪。

 それで利益を受けた藪本氏らはその共同正犯になるわけです。

 

 その医療法人の前理事長である籔本雅巳氏は、安倍晋三元首相がいずれ引き継ぐ細田派の“タニマチ”として知られていて、安倍元首相の「首相動静」には何度も出てくるという人なんですね。

 安倍と籔本はゴルフ仲間でもあって「晋三さん」「ヤブちゃん」と呼び合う関係なんだそうな。

 その関係はそれぞれの父親の代からのものだそうです。

 

 たとえば、2018年5月6日付けの産経新聞を見ると

安倍晋三首相は6日、山梨県富士河口湖町のゴルフ場で増岡聡一郎鉄鋼ビルディング専務、籔本雅巳錦秀会グループ最高経営責任者(CEO)らと趣味のゴルフを楽しんだ。6日夕に帰京する。ラウンドの途中で、記者団に対し「天気が良くて気持ちよかった。(公務復帰する7日から)気を引き締めていきます」と述べた。』

という記載があります。

 中東歴訪から帰ったばかりの骨休みに一緒にゴルフに行く仲なんですから、よほど気が合う仲間なんしょう。

 

 それにしても、桜を見る会に安倍首相枠で招待したジャパンライフの会長とか、どうして安倍氏は胡散臭い人との付き合いが絶えないのでしょうか。

 

 

 いずれ記事にする予定ですが、安倍氏は先日、霊感商法で知られる統一教会の集会にもビデオ出席していますし。

 

 安倍氏自身はお金に困っていないし選挙も安泰なのに、どうしてそういう反社会的な人物や団体との関係を持ちたがるのか、理解に苦しみます

 かつて、昭恵夫人がFacebookに、安倍氏と加計氏らが写っている写真を投稿して、加計問題が発覚して以降は

「男たちの悪巧み」

という絶妙のキャプションが市民の記憶に鮮明に残ったわけですが、どうも安倍氏はお坊ちゃん育ちの反動で悪い方、悪い方に惹かれていく習性がある気がします。

 

 安倍氏が野党で親しく付き合うのは、「不祥事の玉手箱」維新の橋下氏や松井氏でしたし。

 

 そんな安倍氏に自民党の大半が今でもひれ伏していることこそが、日本の政治の不幸だと思います。

安倍氏のお気に入り、岸田首相もすぐ隣でちゃっかり飲んでる。

 

 

人々の苦しみなんかそっちのけで宴会を開くのが安倍氏と自民党の本質なんだと思いますね。

そんな安倍氏や麻生氏が選挙になると弁士として重宝がられるのがその証拠。

それで喜んで自民党に投票するような人だけ洪水で溺れる。。。わけじゃないのが複雑なところです。

これからもぜひ一日一回、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!!!

籔本雅巳容疑者(錦秀会のHPから)

籔本雅巳容疑者(錦秀会のHPから)

 日本大学の医学部付属板橋病院(東京都板橋区)の建て替え工事を巡る背任事件。逮捕された医療法人グループ「錦秀会」(大阪市)前理事長籔本雅巳(61)は、父親から医療法人「錦秀会」を引き継ぎ、1995年に理事長に就任。関西を中心に、7つの病院や介護施設、専門学校、病院関連事業などを広く展開する巨大グループへと成長させた。東京地検特捜部の家宅捜索後、9月17日付で理事長を辞任している。
 籔本容疑者は政界にも広い人脈を持つ。安倍晋三元首相とはゴルフや会食を重ねてきたことで知られ、2017~20年の本紙「首相の一日」にも登場している。中山泰秀・前防衛副大臣など自民党議員を中心に、籔本容疑者個人や「錦秀会」から毎年数十万~100万円単位の政治献金も行われている。(三宅千智、奥村圭吾)

 

日大理事ら2人逮捕 トップ自宅も再び捜索―病院建設めぐる背任事件・東京地検

 1995年、父親の跡を継ぎ医療法人「錦秀会」(大阪市)の理事長に就任。多角化を進め、大阪府内と神戸市に病院や介護施設など計約30施設を持つ巨大グループに成長させた。ホームページによると、グループ全体での病床数は6000床。資産家としても知られ、2005年には高額納税者番付に名を連ねた。
 安倍元首相やその親族とゴルフを何度も共にし、当時の首相動静にもたびたび登場。中山泰秀・前防衛副大臣の有力後援者で、政治家との距離が近いと指摘されていた。
 ただ、最近になりグループの経営は悪化していたもようだ。籔本容疑者を知る関係者は「近年の錦秀会は資金繰りが厳しく、いつも金に困っていた」と指摘。別の関係者は私生活が派手だったと話し、「大阪の北新地のクラブが好きで、製薬会社関係者や大学病院の医師、政治家を連れて飲み歩くのをよく見かけた」と述べた。

 

 

公開日: 更新日:
  

 帽子をかぶる安倍晋三元首相といかにも楽しげに肩を組む男性は、大阪の医療法人「錦秀会」の前理事長・籔本雅巳容疑者。日本大学付属板橋病院の医療機器納入などをめぐる背任容疑で10月初め、東京地検特捜部に逮捕された人物だ。

 安倍氏の大阪支援者グループの代表的存在とされ、大豪邸に住み、一晩で数百万円を飲み倒す超大金持ちと報じられている。

 日刊ゲンダイは2人の親密ぶりを物語る写真を入手した。

 写真を見ると安倍氏は”籔本Tシャツ”をワイシャツの上に着て、満面の笑顔でご機嫌な様子。両者の親密さがひしひしと伝わってくる。

 籔本容疑者が安倍元首相の長年の友人である、“アベ友”だったことはすでに報じられている。安倍氏が首相だった2017年5月の「首相動静」には、別荘のある山梨県河口湖のゴルフ場「富士桜カントリー倶楽部」に籔本容疑者が同行。他にも2人が仲良く並んで写っている写真も拡散しており、安倍氏は籔本容疑者を「籔ちゃん」と親しげに呼んでいたという報道もある。

 今回入手できた写真は、ネットに拡散している写真とは別カットだ。

「撮ったのは安倍総理在任中の2019年」

<picture><source srcset="https://c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp/img/article/000/296/676/b41266b05b921b8089a4aaf813693d0d20211027143755259_262_262.webp" type="image/webp" />まるで”薮本応援団”(提供写真/禁・複写&転載)</picture>

 

 これらの写真を提供した人物はこう話す。

「これは2019年に籔本さんの家でワイン会を開いたときの写真だそうです。まだ安倍さんが総理在任中の時でした。安倍家は籔本さんのお父さんの秀雄さんの代からの付き合いだそうです。Tシャツが赤い色なのは、籔本さんがワインとフェラーリが好きだからでしょう。籔本さんはハーレーダビッドソンにも乗って、大阪の有力者のツーリングにも参加していたとも聞きました」

 安倍晋三事務所に写真を提示し、①写真が2019年に開かれたワイン会の時のものであるか②籔本容疑者と安倍氏の関係などについて質問をしたが、安倍氏側は「担当者不在」を理由として、期日までに回答は得られなかった。

 安倍元首相と疑惑の人物の写真といえば、加計学園理事長の加計孝太郎氏らとワイングラス片手にニヤける写真を昭恵夫人が「男たちの悪巧み」と題してフェイスブックに投稿し、加計疑惑の火に油を注いだのも有名だ。

 安倍元首相と籔本容疑者のこれらの写真をきっかけに、今後はどんな展開が待っているのか。

(取材・文=平井康嗣/日刊ゲンダイ)

 

 

【安倍政権】:首相の悪だくみ人脈 ゴルフ仲間は医療界寵児と規制改革委員

 『漂流する日本の羅針盤を目指して』:【安倍政権】:首相の悪だくみ人脈 ゴルフ仲間は医療界寵児と規制改革委員 

 安倍晋三首相の私的人脈を表わす2枚の写真。1枚は安倍昭恵夫人が2015年12月24日にフェイスブックに投稿した加計孝太郎氏(加計学園理事長)らとの「悪だくみ」写真として知られるが、安倍氏の義弟である松崎勲氏がフェイスブックに投稿した別の写真に一緒に写る籔本雅巳氏は、日本屈指の医療法人グループ「錦秀会」の理事長だった。彼との関係から、安倍首相の知られざる大阪人脈が明らかになる。(取材・文/森功=ノンフィクション作家。文中敬称略)

      首相の大阪人脈と言えば橋下&松井の維新コンビ(共同通信社)

 

 

増岡氏(右上)安倍氏(右下)籔本氏(左下)松崎氏(右上)(松崎氏フェイスブックより)

                       * * *

 大阪医療界の寵児と評される籔本雅巳(57)は、安倍晋三最側近の一人に数えられる元外務副大臣の中山泰秀の仲人である。

 安倍と籔本もゴルフ仲間で「晋三さん」「ヤブちゃん」と呼び合う関係だ。二人で中山の政治資金パーティの発起人になってきたことから、大阪では中山が安倍と籔本を引き合わせたのではないか、という説もある。だが、そうではないと語るのが、ある自民党大阪府連の関係者だ。

「安倍家と籔本家は、もとは安倍晋太郎先生(安倍の父で元外相)の時代にさかのぼるはずです。晋太郎先生はミナミの料亭『大和屋』を贔屓にされ、大阪にもよくいらしていた。その時代に雅巳さんのお父さんである秀雄さん(錦秀会の初代理事長)と知り合い、懇意になったようです。

 雅巳さん本人が、“晋太郎時代の安倍事務所の金庫番と親しくなり、いっしょにゴルフなどをしていた”と言っていました。そうした縁で、二代目の病院理事長の雅巳さんが、晋太郎先生の後継者である安倍総理に近づいたのだと聞いています」

 米国留学時代からの40年来の仲間である加計孝太郎や昭恵夫人の遊び仲間だった35年来の増岡聡一郎(鉄鋼ビルディング専務)ほどではないまでも、相当長く、深い付き合いなのは間違いないだろう。だからこそ、安倍本人が大阪の籔本を神奈川県茅ヶ崎のスリーハンドレッド(ゴルフ場)や山梨県河口湖畔の別荘に招いてきた。しかも、二人を取り巻く交友関係は単なるプライベートの域にとどまらない。 

 たとえば2013年5月6日の山梨県「富士桜カントリー倶楽部」でのゴルフ。ゴールデンウィークに首相主催で行なわれた4組のミニコンペだが、そこには籔本だけでなく、首相補佐官や秘書官、内閣官房参与も集った。二組目が萩生田光一(現・自民党幹事長代行)、中山泰秀、籔本雅巳、大阪大学医学部大学院教授の森下竜一のパーティだ。

 ここに出てくる森下と籔本の付き合いも古く、濃い。大阪市内のある病院長に聞くと、こう話した。

「籔本先生と森下先生は阪大医学部の同級生かと思っていました。そのくらい仲がよく、いっしょに飲んだり食べたりしていますよ」

 籔本は55歳の森下の2つ上にあたり、同級生ではない。「錦秀会」幹部によれば、籔本は関西医大から阪大大学院に進み、そのときに森下と知り合ったようだ。

 森下は、2003年から大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学教授に就任。日本における遺伝子治療研究のスペシャリストだ。予防医学やアンチエイジングを謳う「日本抗加齢医学会」の副理事長も務めてきた。医療ビジネスを展開する籔本に、森下は大学の研究者として協力してきた。

 安倍との関係でいえば、森下は第二次安倍内閣が発足するや、2013年1月23日、内閣府「規制改革会議」の委員に抜擢される。さらに3月18日には、首相が本部長を務める「健康・医療戦略本部」の参与に就任した。GWのミニゴルフコンペは、その1か月半後だ。森下は医療分野における安倍政権のアドバイザーとして尽力してきた。

 森下は、日本維新の会とのつながりも深い。2013年4月17日に「大阪府・市統合本部医療戦略会議」参与、2016年6月28日には大阪府知事の松井一郎が進める「日本万博基本構想」委員となり、維新の会と連携してきた。憲法改正で歩調を合わせる維新の会を、首相の安倍や官房長官の菅義偉がバックアップしてきたのは言うまでもない。 

 籔本雅巳と森下竜一──。奇しくも彼らの動きは、安倍政権の進める医療政策と足並みが揃っている。とりわけ第二次政権発足以降、安倍は先端医療や高齢者向けの医療・介護を成長産業と位置付けて力を入れてきた。そこに橋下徹や松井一郎という維新の会が打ち出した政策が複雑に絡み合い、それぞれが果実を得ようとしているかのように見える。

 ◆医療ツーリズム

 籔本の率いる錦秀会グループは、先代理事長の秀雄が1957年に開設した大阪市住吉区の阪和病院からスタートしている。その頃を知る人物がいる。被差別部落解放運動に取り組んでいる自由同和会浅香支部長の畑中幸司だ。

「阪和病院とは、先代理事長が木造二階建ての産婦人科医院を始めた頃からの付き合いです。当時の運動団体は部落解放同盟しかなく、私の父には正式な肩書もありませんでしたが、父も運動に携わっていました。

 その頃病院経営が傾いた時期があったが、救急病院の指定を受けてから経営が上向いた。その手伝いをしたのが父たちで、行き倒れの情報を得て、病院に運んでいました。そうして患者が増えていき、錦秀会は救急病院として大きくなっていったんです」

 阪和病院には畑中の父親たちによる活動の旧恩もあった。錦秀会グループの社会福祉法人では、今も部落解放同盟の支部幹部が評議員を務めている。

 そうして入院ベッド数40床だった錦秀会は、いまや5800床に達する日本屈指の医療法人グループに成長する。12病院、14の介護施設、3看護教育施設、3訪問看護施設というマンモス医療法人である。

 そこまで大きくしたのが、1995年に理事長に就任した二代目の雅巳だ、と錦秀会の関係者が説明してくれた。 

 「とくに2000年に介護保険制度がスタートし、今の理事長が療養型の病院をつくっていったのが大きかった。そこから看護や介護施設、社会福祉法人など高齢者向けの施設をつくり、グループを大きくしていきました。生活保護受給者向けの施設などもあります。それらは保険制度や助成金制度のおかげで、経営する側にとって、とりっぱぐれがありませんから」

 高齢者医療は日本の大きな課題である半面、錦秀会はその時流に乗った。それだけでなく籔本は、昨今流行りの医療ツーリズムビジネスにも乗り出す。

 「大阪は、日本で治療を受けたいという中国人富裕層のニーズが高い。それで阪和第二泉北病院に『阪和インテリジェント医療センター』という施設をつくり、そこでPRTやCTの検査ツアーを受け入れています。施設をうちで提供し、阪大と提携してドクターが二重チェックをする。もし病気が見つかったら、阪大の病院を紹介して治療してもらうわけです」(同前)

 ◆安倍側近とスパコン

 錦秀会の健診センターそのものは第二次安倍政権の誕生前に設立されたが、当初は当てが外れて赤字続きだった。健診料金は20万円、ツアー代金は100万円ほどだそうだが、安倍政権がインバウンド政策を進めると、瞬く間に軌道に乗り黒字化したという。

 「中国人が奈良や京都の観光をしながら大阪の南港にあるハイアットリージェンシーホテルに泊まって健診を受ける。日中の旅行代理店と提携し、観光バスをチャーターしてこちらにやって来ます」(同前) 

 籔本と森下の関係からすると、健診センターの医療ツーリズムにおける阪大との提携もやりやすかったに違いない。実はもとを辿れば、この医療ツーリズムは、維新の会の橋下や松井の発案なのだ、と別の錦秀会の関係者が話す。

「もとは大阪万博を呼び込みたい松井さんたちが、2010年の上海万博を視察に行き、万博の売り物として見つけたのが医療分野なんです。

 上海に行くと、日本の病院で治療を受けたいという中国人の金持ちが多い。で、松井さんたちが、関西は古くから薬問屋の街で医療が盛んだから売り物になる、と乗り気になった。松井さんからある医師を介してPET検査を実施していた籔本さんに話が行き、阪大が協力するようになったのです」

 阪大の森下が「日本万博基本構想」委員になっているのは、そんな経緯があるからにほかならない。と同時に、維新の会では先端医療の国家戦略特区構想をぶち上げた。

 特区構想自体は再生医療を軸にしており、阪大には別のスペシャリストの教授がいるので、森下は直接特区構想に携わっていないという。が、折に触れ、特区構想の実現を呼びかけている。彼らのネットワークの中で何が話し合われてきたのか。

 ここへ来て、大阪における安倍人脈のキーパーソン、元外務副大臣の中山泰秀にも、新たな話題が持ちあがっている。

 〈齊藤元章先生、おめでとうございます。更に上を目指して頑張って下さい。そして政府もこの研究開発を、今まで以上に更に力強く支援するべき課題だとの戦略的認識を持って欲しい〉

 中山の昨年10月27日付フェイスブックにはこうある。齊藤の経営するスパコン開発「PEZY Computing」が、処理速度日本一を達成したというNHK報道のあった直後の投稿だ。 

 中山は2016年7月15日、東京・目黒の「八芳園」で催されたシンポジウム「経済と人間の成長戦略」で齊藤と仲よく登壇。熱く語り合っただけあって“スパコン日本一”祝いのメッセージを送るのは、自然の流れではある。が、ご承知のように齊藤がその直後に国の助成金詐欺容疑で東京地検特捜部に逮捕されてしまったから、顔色なしだ。

 加計学園問題以降、安倍晋三は親しい友人について、あくまでプライベートな交友であり、自らの政策や政治とはいっさい関わりがないかのように抗弁してきた。だが、その友人たちはしばしば政策の重要局面に顔を出し、ビジネスを展開している。だからこそ「悪だくみ」の構図に対する不信が拭えない。

※週刊ポスト2018年2月9日号

 元稿:株式会社小学館 主要出版物 【週刊ポスト】 2018年02月04日 16:00:00 これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

 

 

 

 

これからもぜひ一日一回、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!!!

コメント (3)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 【安倍自民党政治の象徴】ア... | トップ | 日本維新の会が第2自民党で... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (真実なブログ応援したい)
2021-10-28 20:27:51
この二人の写真見ると完全に首相が使いっ走りにみえますね。政治家が元官僚だらけの社会主義日本ですが、政治家が官僚の下請けの国って日本以外にもあるのですか?国民の代表が元官僚だらけって異常事態だと思うかですが。教えてください。日本の政治家は世界的に見て民主主義なのですか?
Unknown (上に同じ)
2021-10-28 20:36:31
日米合同委員会はアメリカ軍とトップ官僚の悪巧みです。政治家は不参加。日本の諸悪は?官僚が代議士っておかしくないですか?純粋に疑問に思います。日本は官僚性で、民主主義ではないですよね?教えていただけませんか?
Unknown (連投すみません。)
2021-10-28 20:46:43
一般会計は政治家が予算決めます。
特別会計は一般会計よりも莫大ですが使い道はアメリカ軍とトップ官僚のやりたい放題ではないですか?この国を支配しているのは国民ではないですよね?誰なんですか?教えてくださると嬉しいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。