Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

加計学園問題で有名になった国際戦略特区は安倍政権の打ち出の小づち。会議を開いたことさえ隠ぺいしていたことが判明!

2019年06月16日 | 安倍自民党の危険性

 

 加計学園問題でも参考人として証言した「政商」原英史氏の名前ががぜんクローズアップされてきました。

 原氏は1989年に旧通産省に入省して、渡辺喜美行革担当相の補佐官などを経て経産省を退職した人物です。

 国家戦略特区には、制度設計から携わり、ネット番組や著書で規制改革の必要性を訴えてきました。

 そして、安倍首相の大学時代の「腹心の友」加計理事長だけを特別扱いにするために、加計学園が獣医学部を作ろうとしていた愛媛県今治市が国際戦略特区に選ばれたのではないか、という疑惑がある加計学園問題では、国会に政府参考人として出席し、

「『加計ありき』は全くの虚構」

などと安倍政権と国際戦略特区制度を擁護した人物です。


 その原氏が、国家戦略特区の審査を担う民間委員として申請団体を指南し、委員の協力会社がコンサルタント料を得ていた問題が浮上しました。

 またも国際戦略特区制度の信頼をゆがめかねない「規制緩和ビジネス」。

 特区ワーキンググループ(WG)の原英史座長代理は協力会社と無関係だと強調するが、団体関係者は両者を同一視し、特区認定を期待していたというのです。

 そして、原氏が指南した規制緩和提案を審査した2015年10月のヒアリングが隠されていた!ことを2019年6月14日に内閣府が認めたのです!

 

 内閣府や水産庁はこれまで

「記録がない」

などと説明していましたが、一転して隠蔽を認めたわけです。

 

 そもそも、国際戦略特区とは既存の規制をしないで特別に許してしまうという特別扱いを認める制度ですから、公平性・透明性・公開性が大原則になります。

 それが首相のお友達が特別扱いを受けたり、審査する人が指導料という名のリベートをもらっていて、政府がその会議を隠ぺいしたりしたら、もう不正の温床そのものです。

 原氏個人の問題にとどまらず、まさに安倍政権の体質がもろに出た事件です。参院選で懲らしめないとほんとに日本がダメになります。

 
 

小泉政権以来、規制緩和というだけで何かいいもののように扱われていますが、製薬の審査や輸入食品の審査など、国民の生命・健康・安全を守る制度は全部「規制」です。

規制は合理的で必要だから規制されているものの方が勿論多数なのです。

ただただ、規制緩和をすればいいというものではないし、それが首相のお友達や委員にお金を払った人が優遇されるために使われていたら、もう全体主義国家以下なのです。

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

 
 
 
内閣府が入る合同庁舎=東京都千代田区霞が関で、竹内紀臣撮影
 
 
 国家戦略特区ワーキンググループ(WG)の原英史座長代理が指南する規制緩和提案を審査したWGヒアリング開催が隠されていた問題で、内閣府は14日、提案者と水産庁へのヒアリング2件を2015年秋に開催していたと明らかにした。内閣府や水産庁は「記録がない」などとしていたが、一転して隠蔽(いんぺい)を事実上認めた。2件は首相官邸ホームページ(HP)や政府答弁書に一切記載がなく、透明・中立をうたう特区制度の信頼を揺るがしかねない。

 内閣府が14日の野党の聞き取りに対して説明した。内閣府などによると、15年4~6月に提案された真珠養殖の規制緩和を巡り、同10月ごろに提案者、水産庁の順にヒアリングを開催。民間委員では少なくとも八田達夫WG座長(大阪大名誉教授)と原氏が出席した。

 最終的に八田氏が2件の開催を「非公開扱い」とする措置を決め、内閣府は正式なヒアリング開催の際に義務づけられる議事要旨や議事録を作成しなかった。内閣府が13日に事情を聴いたところ、八田、原両氏は提案者の真珠販売会社から「秘密保持」を強く要請されたと説明したという。

 水産庁は13日の野党の聞き取りに「当時の担当課長は『記憶にない』と言っている」としていたが、14日は「時期や日付は分からないが、指摘を受けてWG委員に説明した」と前言を翻した。内閣府は「今回の提案者はとりわけ公開を懸念していた」と例外的な扱いを強調。「2件は個別の情報収集だった」などとする一方、「(ヒアリングかどうかは)定義の問題かもしれない」とも語った。

 2件の1年後にあたる16年9月7日のヒアリングの議事要旨によると、出席者が「(前年)10月のヒアリング」「前回のWG」と発言するなど、2件の開催を前提に議論していた。

 今回の提案では、原氏と原氏が協力する「特区ビジネスコンサルティング」が提案者を指南していた。野党からは、WG委員の判断で完全に「非公開扱い」とされた規制緩和案件が他にもあるのではないか、と疑う声が相次いだ。

 この問題を巡る当初の毎日新聞の取材に対して、内閣府は「開催は確認できない」、水産庁は「内閣府に聞いてほしい」と回答。13日の野党の聞き取りでも、内閣府は「記録がなく、確認できない」などと繰り返していた。【杉本修作、向畑泰司】

 

 

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

 

コメント (12)   この記事についてブログを書く
« イージス・アショア基地予定... | トップ | 参議院選挙だけでも圧勝でき... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (山尾おしり)
2019-06-16 22:14:35
最近、ツイートまとめがなくなったのは、何か理由があるのですか?
Unknown (馬鹿田彰)
2019-06-16 22:22:34
宮武さんは「全体主義」をどういう意味でつかっていますか?
「首相の友だちが優遇される」程度なら、ある種の全体主義よりはマシだと、私は思いますが。
Unknown (馬鹿田彰)
2019-06-16 22:55:58
私の考える全体主義国とは、スターリンの如く金日成の如くヒトラーの如く、指導者が、自分に反対する人を死刑にするような国ですが、かりに首相の友だちが優先されるとして、それが「全体主義国以下」とは到底思えないのですが。
Unknown (怒りの日)
2019-06-17 08:24:37
ああ、そうか。
馬鹿田彰さんのコメントを読んで思いました。自民党支持者にとって、森友も加計も「何がそんなに問題なの?」ということになることを(馬鹿田さんがどの政党を支持しているかはともかく)。
考えてみれば、自民党候補者に投票したり、議員を支援したりしている人達は、「公平・公正な政治」なんて全く期待していないわけです。
むしろ、「『公正』をねじ曲げるレベルで、地元のために予算を厚く分捕ってくる」ことが期待されているわけです。自民党の議員の発言には「利益誘導こそが国会議員(特に代議士)の本来の務め」と言わんばかりのものが数多く見られます。
その意味で、安倍総理大臣やその取り巻きがやっていることは、不思議でも何でもない。これだけ長く権力の座にいる人が、親しい者に「恩恵」を与えるのはアタリマエであり、そんなことも出来ないようでは一体何のために総理大臣をやっているのか、というのが自民党支持者の感覚なのでしょう。
だから、「いつまでモリカケやっているのか」ということになる。特区が打ち出の小槌になっていても「そのために自民党のセンセイを応援してきたんじゃないか。何を今更?」でしょう。そして、そう考える人達の方が、政党支持率や投票結果を見る限り圧倒的に多いわけです。
ダメな国ですね。
Unknown (諦めぬ理屈屋)
2019-06-17 16:50:49
>考えてみれば、自民党候補者に投票したり、議員を支援したりしている人達は、「公平・公正な政治」なんて全く期待していないわけです。
むしろ、「『公正』をねじ曲げるレベルで、地元のために予算を厚く分捕ってくる」ことが期待されているわけです。自民党の議員の発言には「利益誘導こそが国会議員(特に代議士)の本来の務め」と言わんばかりのものが数多く見られます

その通り❗
今さら過ぎる話で慣れっこになりすぎて忘れていたほど(笑)。
大昔からの自民党の強さの秘訣です。
だからコアの自民党支持者にモリカケはじめ何を言ってもゼニカネ利権批判は通用しないのでしょう。
ましてやそこに『思想』が重なるとどうしようもない。
安倍晋三とか麻生太郎ってのはそんな点でも最悪分子。
だけどコアな自民党支持者には理想の首領様。

そんなやつらが小選挙区システムで創価のサポートを受けて殆ど優位に立っている現実を打破したいけど、
そもそもこれで勝ち抜いてきた人々で国会が仕切られている限り、これまた絶望的に変わりっこないという現実もある。
『改憲阻止への一念』からの思いで護憲の縛りつきでの統一候補で対抗すべきと思う私もそこらは不満もいいところ…。

消費税なしなんてことを言い始める候補者が出てきたのも小さな地殻変動なのかは分からないが、次は異様な民意の歪みをただすために選挙制度を比例にしようなんて人たちも出てきて欲しいものだ。
今の野党連合では衆参とも一人区ばかりの仕組みにアベ政治を絶対に許さないという対抗策としても一本化ばかりに焦点をあててしまう(加えて社共以外は小選挙区マジックに浮かれてきた一人ばかりという事実もあり)し、そうしないと改憲阻止なんて
夢のまた夢になりかねないのだが、真面目に考えれば選挙選挙をただす声を上げねば…。
だが、参議院一人区の増加も含めて、たぶんそうした流れには
ますますならないとも思っている。
定数削減は無条件で善玉意見になっているようだし、削減しやすいのは調整をやり易い比例枠だろうしね。
現状の酷さ(民意の歪み)より
現状のゲーム感覚(実際はほぼ、ゲームにすらなっていない)に
慣らされている世の中もあり制度を直すのは至難の業だろう。

選挙制度こそ憲法みたいなことをフランスの学者さんが宣うていたとか、今は亡き国弘さんが仰っていたのも思い出した。
やれやれ。
Unknown (下野膣子)
2019-06-18 22:16:56
香港では民衆が北京に飲み込まれまいと必死のデモをしているときに、「アベ政治は全体主義以下!」ですか。
いい気なものですね。
Unknown (餅搗宇佐子)
2019-06-19 07:32:59
前川喜兵衛さんなんか、友だちを天下りさせるのに暗躍していたはずですが、アレは全体主義者なんですか、違いますよね。
連合は敵だと思う。野党共闘に立憲を入れていいのか (茶碗)
2019-06-19 14:32:38
かの戦前も、はじめからひどい検閲とかひどい憲兵がいたわけではなくて、人々は今の我々のようにごく普通の暮らしをしていたのであって。だんだんときな臭くなり、今のようにSNSがない時代でもあり、大本営、翼賛体制、全体主義への完成となったことを思うと、現在も絶対に油断はできない(特にNHKがあるかぎり)と思いますが、どうなんでしょうか。
それと、自民支持者ですが、労働者階級の中にも相当数いるのではないかと思う。アベノミクスで庶民の金を吸い上げてつり上げた株価のおかげで利益を得ているのは大企業や大株主と言うけれども、大企業では自社株買いがかなりあると言います。そこの正社員は当然、給与の天引きか何かで株を買っているだろうから、賃金アップと同じ恩恵を受けているのではないかと思います。賃金は税金が高いけれど、株利益は課税率が小さいとか聞きます。
中小零細企業や非正規労働者が虐げられていても、大企業のエリート正社員はそしらぬ顔でアベノミクスが続いたほうがいいと思っているのじゃないかと思います。
野党共闘は大企業と庶民・労働者の格差を言うけれども、山本太郎さんのように労働者間での格差をもっと追及してほしい。
  (AS)
2019-06-20 21:10:03
なんか湧いて来た方々に、独裁は共産主義の代名詞みたいに言われてますが、資本主義独裁だってあるんですよね~。ナチスドイツは共産主義でしたっけ? ソモサ家に握られてた当時のニカラグアは? 絶対王制の国は全部資本主義ですよ。
Unknown (諦めぬ理屈屋)
2019-06-21 01:48:34
二点コメントを…。

自民党のコアな層について記したところに茶碗さんからの労働者側からの指摘もついてそこは良かったと思うところ。
そもそも支持政党でダントツ首位なのが自民党だしね(笑)。
働く側にも企業さまさまですみたいな人たちももちろんいる。
ネオリベにひかれるサラリーマン層なんてのもいるだろう。
かつてなら普通だった正社員であることを小さな特権みたいに感じている人もいるかもしれない。
東京新聞だったか週のはじめに考えるだかで将来の夢は正社員になることなんてことを卒業時に述べた小学生の話が紹介されるような時代だし(怖)。
だけどそうした人たち、ここで先に私がコメントしたコアな自民党とまではいかないだろうとも思う。
まして反共なる時代錯誤な観念にとらわれている連合にしても
アベ政治を懲らしめるという点ではそれなりにアンチ自民党だしね(笑)。
別に彼らをバカにして記しているのではないが『無知』から何となく自信の現状をそれなりに維持させてくれていそうな自民党でいいやという緩い支持になっているのが実態ではなかろうか?
あれだけ危険な水道民営化の話にしても電気もガスも民間なのに別に水道が民間になってもノープログレムでしょうなんて
何気に真面目に応えてくるような人も少なからずいると思う。
おおまかながらに説明してようやく事の深刻さに気づき始めるなんてこともたかだか私の身のまわりでもあったほどだ(笑)。
水道民営化の話は法案可決直前になってようやくテレビメディアでも真面目に取り上げたが、あれも一種のアリバイ工作みたいなものだろう。
これ、未だに知らない人が案外いるのではないか?
年金問題にはやたら力を入れるメディアだが、そこはいわゆるジジババ層的にも『よりウケる』テーマだからやっている面ももしかしかたらあるのかもしれない。
ま、それでもいいのです。
年金問題はたしかに真面目なテーマだから不誠実な安倍政権を取り上げるのは悪くはない。
ここでは水道の話を取り上げたが野党はアベ政治を支える岩盤支持層や産経などの御用メディアには目もくれず、生活に密接な
問題に焦点をあてて頑張ってほしい。
自民党の額面的な支持率をなんとか一割強でも引き剥がすだけでも改憲策動への芽を潰す可能性は上がってくる。

もうひとつ、労働者間の格差という点でたとえば山本太郎などが行動していることについて。
彼のダサすぎるあのネーミングで絶対に投票はしないし政党条件消滅ラスト記念も兼ねて社民に投票するのでそこはよいのだが(笑)世の中の流れに異議ありという点では面白い。
立憲候補者にも消費税に反対するのが出てきたりとかというのもひょっとしたら彼と繋がりがあるのかも?
主張する財政政策に仮に問題があるとしても、あまりにも現状が
酷すぎるということへの野党としての問題提起としては決して悪いことではないと思う。
ただひとつ懸念もある。
比例候補者だけなら良いのだか、
共食いで、安倍晋三が、高笑い❗
って選挙情勢になってしまったらということだ。
参議院の一人区はさすがになかろうが複数区にも新規参入してで共食いなんてことになれば目もあてられない。
平和を愛し格差問題を許さない熱心な山本ファンになるほど安倍晋三を結果的にサポートする危険性もあるかもしれない。
あの共産党の選挙戦略が変わったのもお家事情もあろうが根本はアベ政治を絶対に許さないという一点での共闘である❗
そこらは政治学に限らず経済学のネタですら使われる話でもあるが改めて述べておきたくもなった。
参議院の複数区なんて東京以外にどれだけあるか?
たいしたことはないのでは?
それでもたかが数議席でも改憲阻止となればなかなか厳しいものになってこよう。

比例枠は各野党の力比べ❗
主張では実際社共とそんなに差異はないが(笑)インパクトある鋭い問題提起で野党候補者全体に格差と生活問題により批判の舵をとるように仕向けていく効果になればとも思う。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

安倍自民党の危険性」カテゴリの最新記事