Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

橋下・維新の会の教育基本条例案に、橋下府知事肝いりの委員を含め教育委員全員が総スカン

2011年11月13日 | 橋下維新の会とハシズム

 

 

 

 

橋下徹知事と「大阪維新の会」が府と大阪市の9月議会に提出を予定している「教育基本条例案」について、定例の大阪府教育委員会会議がさきほど開かれました。

この中で、「百ます計算」で知られ、学力向上を掲げる橋下知事の要請で教育委員に就任した陰山英男委員(立命館大教授)が、

「教員の管理を強化すれば現場がよくなるという発想は根本から間違っている」

「この条例で大阪の教育がよくなるとは思えない。学力は上がってきているのに、今まで作り上げてきたものを自分たちで壊すことになる。耐えられない」

として

「(可決されれば)辞めますよ」

などと激しく反発しました。

このほか、意見表明ができない府教育長の中西正人氏以外の5人の教育委員全員が

「ものすごく乱暴」

と批判し、

「この条例ではやっていけない。総辞職するしかない」

 とまで言って、反対の姿勢を示しました。

約90分の話し合いのうち、大半が条例への反発と疑問で占めたということです。

そう、橋下・維新の会のやりかた、制定した条例、制定準備段階の条例、すべてが乱暴の一言です。

「島田紳助さんのおかげで知事になれた」橋下府知事「政治に不正はつきもの」「やりたい放題」条例案



教育委員の反発ももっともです。

まともに教育のことを知っている人間なら、この条例ほど、教育の根本にはずれた物はないと感じるのは当然ですから。

橋下さんは何か個人的に教師に恨みでもあって、こんな発想になったのではないかと思うほどです。

橋下・維新の会「教育基本条例」案批判1 教育の基本を外れた教育基本条例 子ども未来法律事務所通信11


 

 

特に異論が相次いだのが、一定の比率の教員に最低評価を行わなければならないなどと定めた管理強化の規定です。

陰山委員は

「あの先生を辞めさせたいといういじめが始まる」

「評価者の方向ばかり向く教員や、一部の保護者とつるむ教員も出てきます。(現場は)むちゃくちゃになりますよ」

などと反対理由を述べ、

「これで学力が上がりますか、先生のやる気が上がりますか」

と訴えました。



陰山委員と共に橋下知事の肝いりで委員に選ばれた小河勝委員(大阪樟蔭女子大講師)も

 「教員を管理し、処罰しようとする視点しかない」

と激しく批判しました。

政治の天才、橋下府知事が力を傾けるべき教育政策は他にあるはずです。

橋下府知事と維新の会は自分たちが教育委員をお願いした方々の意見に素直に耳を傾け、考え直し、ここはこの条例案を撤回して出直すべきです。

そうでないと、橋下知事が去った大阪府に憲法訴訟が起こって次の人が迷惑を受けるだけです。

 

橋下・維新の会「教育基本条例」案批判2 最高裁判例から見て過度の政治介入をする教育基本条例は憲法違反


 

 

 

悪いこと言わないから橋下さん、考え直しなはれと思われた方は

よろしかったら上下ともクリックしてくださると大変嬉しいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング  

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

 

大阪府教委:「維新の会」教育条例案…教育委員全員が反対

 大阪府教委の教育委員会会議が16日開かれ、橋下徹・大阪府知事が代表を務める首長政党「大阪維新の会」が9月府議会に提案予定の「教育基本条例案」に対し、意見表明ができない府教育長の中西正人氏以外の5人の教育委員全員が「ものすごく乱暴」などと批判し、反対の姿勢を示した。

 同条例案は、教育行政への政治的関与を強めることを主眼としており、教員の懲戒規定を明確化したり、首長が設定した目標を実現する責務を果たさない教育委員を罷免できるなどの内容を含む。

 5人のうち、陰山英男氏(立命館大教授)と小河勝氏(大阪樟蔭女子大講師)の2人は08年10月に橋下知事の肝いりで委員に選ばれたが、いずれも激しく批判した。特に陰山氏は「この条例で大阪の教育がよくなるとは思えない。学力は上がってきているのに、今まで作り上げてきたものを自分たちで壊すことになる。耐えられない」と述べ、条例案が可決されれば辞任する考えを表明した。小河氏も「教員を管理し、処罰しようとする視点しかない」と反対論を展開した。【田中博子】

毎日新聞 2011年9月16日 13時16分(最終更新 9月16日 13時23分)

 

 

ジャンル:
速報
コメント (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 厳罰化では少年事件の再犯は... | トップ | 橋下大阪府知事・維新の会 ... »
最近の画像もっと見る

36 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
教員は民間の労働者とちがるのか? (chappy)
2011-09-16 20:04:38
教師は私立であれ公立であれ税金が投入されていて、よほどのことがない限り首にならない。教育という聖域を隠れ蓑にして仕事に甘えがないとも限らない。今まで公立の小中高で良かった先生は一人もいなかったし、参考書で勉強したほうがわかりやすいということに気づいてからは成績急上昇で旧帝大に入れた。駿台予備校の高3クラスの先生は全然違っていて良かった。少なくともだめ教師は入れ替えていったほうが生徒のために絶対いいはず。教育委員会の人は教師という温室育ちの集まりだからその安全パイの世界から出るのが怖いだけだろう。ハワイ州の教師なんて教え方とか関係なく州の財政赤字で首を切られるくらいでなんでもありだ。要は教師も温室でなくもまれたほうがいいだろうし、ほとんどの子供が民間で働くのだから教師も同じくらい厳しい環境にいたほうがよいこともあるはず。失敗しても政治が責任をとればいいだろうし、文部科学省のゆとり教育ほどひどいことにならないだろう。
Unknown (Unknown)
2011-09-16 20:10:44
橋元知事頑張れ!
多くの国民は期待しているぞ!
教師も弁護士も質が低い (Unknown)
2011-09-16 20:27:11
そりゃあ指図されたくない連中は反対するだろう。
「政治的中立」というのは、民意を無視して好き勝手したい役人の決まり文句。
自己都合でしかない。
そこに、「あるべき教育」という視点は皆無。

何の役にも立たないような授業してる奴にまで高い給料払ってる状態を維持して何になる?

弁護士も同じように、参入障壁で職業利権を守ってる業界だから、
地に足のつかないわけのわからない主張をする奴が少なくない。

こういうバカを駆除するためにも、一定の管理を用いた教育改革は必須。
身分を守りたいだけの主張など、一般の国民・市民には何も響かない。
一度なれば身分が守られるなど馬鹿げている。
どこの封建社会だ?

批判に聞く耳を持つ必要のない現在の教育や弁護士のアホな主張よりも、
民意を無視できない政治の方がマシ。
国民・市民の在り方次第で教育も良くなる。

批判されるべきは、「政治的中立」だけが正解だと思ってるような、社会が見えてない弁護士の方だろう。
こちらもまた、然るべき淘汰が要求される。
自白 (ray)
2011-09-16 20:32:03
ですから個人的な教師への恨み?や弁護士への不満wからでなく。
Unknown (真の教育者)
2011-09-16 20:47:21
反対するのはまともな教育ができないダメ教師だけです。私の知る限り、多少なりともまともな教育をしている教師たちは全員が賛成しています。子どもたちを虐げ私利私欲だけを追求する金の亡者、悪の権化たるダメ教師たちの厚顔無恥な主張には虫唾が走ります。
物事には、中核の部分があって、教育を利益本位のサラリーマンが教えるのは教育基本法に反して望ましくない (cafe教師のサリーマン化、利益指向はダメ)
2011-09-16 20:50:11
教員も人間だが、一般のサラリーマン化は、許し難いもので、教師がサラリーマン化し、利益思考に走ってはならない。この区別が教育の核心だ。違いますか?
 しかるべく、教師は、ソクラテスの哲理を以って、教育を司る教師たれ!
橋下さんが教育のプロと見込んで選んだ人たちが (ray)
2011-09-16 20:52:32
ダメ出ししてるんですが、教育基本条例賛成派の人はなぜ無視するのでしょうか。

目を覚ましてください。
Unknown (真の教育者)
2011-09-16 20:58:29
生徒の権利を完全に蔑ろにして教師の利益ばかり追求する教師たち。彼らは教師利権追求のプロであって決して教育のプロなどではありません。
難しいのは (taka)
2011-09-16 21:00:24
良い教師と悪い教師の壁だろう。
良い教師に管理など必要ない。
悪い教師には管理が必要。

教師をやってる人物に会って素晴らしいと思うことは稀だ。
素晴らしい教師がいるのはわかってるが、素晴らしい教師よりも子供を預けるのを拒否したくなるような教師の方が多い。
ただ、教育基本条例案に関しては間違っているのだろうな。
もう一度つくり直すべき。
Unknown (真の教育者)
2011-09-16 21:05:54
どんなデタラメな教育をしてものうのうと法外な高級を得つづける教師に教えられて生徒のやる気がでますか、学力が上がりますか?教育委員会には(もしかすると知事側もそうかもしれませんが)生徒側の視点が完全に欠如しています。これではごく一部の高尚な価値観を持った教師に教わることができる幸運な、もしくは富裕層の子供たちと、一般大衆の子供たちの間の格差が広がるばかりです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

橋下維新の会とハシズム」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事