Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

4月2日(火)のつぶやき

2019年04月03日 | ツイートまとめ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 4月1日(月)のつぶやき | トップ | 4月3日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
戦争で儲ける者は (「アベの脱税疑惑」改め「詐欺師 安倍晋三」)
2019-04-03 09:38:25
何故、安倍氏やその周辺の人たちは、日本が戦争をできるようにしたいのか。
そこに、何らかの私的利益があるからだろう。

武器・兵器を税金でジャンジャン買える。武器兵器産業が儲かり、安倍氏等に莫大な献金が支払われる。

実際に紛争が起こればどうなるか。
たとえば、中東で紛争が拡大すれば、原油の価格が高騰することがある。産油国だけでなく、その取引に係る者もぼろ儲け。しかし、アメリカは自国の若者の死を避けたいから、日本軍を使いたい。

そう、戦争や緊張の高まりで利益を得る者は、直接には手を下さない。

こう考えると、先の戦争は日本が起こしたのではなく、起こさせられたのかもしれない。勿論、日本の中に手引きをした輩は居たのだろうが。
そうすると、その輩とは「岸信介」か。中国でのアヘンの密売利権を持っていたとされる彼の、利権を護ることと、戦争を望む者の利害が一致したのではないだろうか。

真偽のほどは闇の中。しかし、岸がアメリカのエージェントであったことは周知の事実であるから、そこから遡れば限りなく「真」ということになる。

・・・岸はアヘン利権を護るために、中国との開戦の工作をした。その事実を米国に知られていたため、エージェントになることを軽ーく受け入れた。・・・
岸の売国ぶりを見れば、こう考えるのが当然か。
いや、もしかしたら、開戦の工作も欧米資本からの指示だったのかもしれない・・・。

資料が焼却されたり、米国に持ち出されたりしたため、すべては想像で終わるしかないのか。
某ドラマのセリフに準えて (リベラ・メ(私が本物))
2019-05-14 23:50:44
こう叫ぼう。「叙勲するなら給料をくれ!」って。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ツイートまとめ」カテゴリの最新記事