霊犀社2

第2霊犀社(元祖第一は、田中逸平主宰の私塾)@霊際社@P。ネタ帳・メモ書きなど、まあガラクタ。嫌疑76件わざと表示拒否中

タイプバスケット上タイプバーとキー間の配置関係規則性原則。アップストライク式はディッカーソンによる

2009-10-01 21:30:31 | LinkRecords
キーボードの2段めと3段目はなぜ互い違いになっていないの - 教えて!goo:
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5443197.html
のリンク先としてご覧になっている方へ
2010-12-6 追記
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/4f1dce38f6d958eb3e75661a46e0e892

以上2010-12-6 追記

2009-11-21 追記
とりあえず、
http://www6.atpages.jp/~raycy/Q/
http://blog.goo.ne.jp/raycy/s/%A5%B9%A5%BF%A5%AC%A1%BC
http://blog.goo.ne.jp/raycy/s/stagger
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/68fef3eb068fbfffc57089fc36e7609e
http://blog.goo.ne.jp/raycy/s/dickerson
などをご覧ください。

本記事は、質問の回答としては相応しくないとおもいます。その質問への回答を意図したページは、まだできていません。

本記事は、ディッカーソンの規則性
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/067d19087df5e22345931b87d8e3d03d
http://blog.goo.ne.jp/raycy/s/%A5%C7%A5%A3%A5%C3%A5%AB%A1%BC%A5%BD%A5%F3
が、アップストライク式タイプバー・プリンシプルタイプライターのキー、キーレバー、タイプバー配置関係として、機械力学的、製造・検査的、材料節約的に理にかなっていて、製造のムリムダムラが少なくなっているってなことを示すような図であろうかと思います。
この規則性をも含めたQWERTYは、
使いがってとしても、当初当時の機構的機能パフォーマンス成就のトータルバランス性を考慮したリアルタイム性要求水準に対しても機能成就した設計であったとは感じます。

――以上、2009-11-21 追記

一般関係性理論:キー配列とタイプバスケット上のタイプバーの配置。主としてディッカーソンの規則性による ←って、題名に偽りあり、、ちょっとふかしすぎ、
タイプバスケット上のタイプバー配置とキー配列に関する一般関係性理論。主としてディッカーソンの規則性による
タイプバスケット上タイプバーとキー間の配置関係規則性原則。アップストライク式はディッカーソンによる

ディッカーソンに、どれかのマシンのキー配列とタイプバスケット上のタイプバーの配置の関係を、
キーボードの
キー上二段分の文字のタイプバーが、タイプバスケットの奥側半分に順に交互にならび、
キー下2段分の文字のタイプバーが、タイプバスケットの手前側半分に順に交互に並んでいるってな記述があったはず。

それを裏付けるようなキーレバー上面ワイヤー接続点分布検討図が得られている。http://slashdot.jp/comments.pl?sid=402428&cid=1365021

ただ、タイプバスケット上の配置の中心線の角度ずらし方オフセットが少しかわると、上述の接続点分布検討図のようにはならない。その変化具合は、特にタイプバスケット左右の中心線センター部あたりなどで激しく乱れてずれる。

それが安岡孝一氏のフィールド調査図となっているのかもしれない。

でも、SとZとか、そして前に書いた[3]と[W]もhttp://blog.goo.ne.jp/raycy/e/050008f57200f0efd56789f8ddd7e554
それらの駆動ワイヤーがクロス交叉しちゃうんじゃなかろうか。
あれ?そんなことはないのか、クロスすることはないのかな?一等最初の絵を見ると。あと、両端での接続点の並びの乱れもでている。

あとで、書き直してみるか。
って、この、本来図ってか、安岡孝一氏フィールドワーク観察結果タイプバスケット図に基づくキーレバー上面のワイヤー接続点分布検討図掲載のページは、著作権嫌疑指定ページで、不表示措置中のようでした。
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/50ef8de5f50119a29dda75de57d4a01e
TITLE: 鉛直に構成されるべき各タイプ-バー軌道平面と、キー・レバー上面中心線との交点の様子を検討する。

これは、いよいよ、著作権嫌疑指定ページの表示権復活交渉が必要なのかな?とりあえず、当該ページを、著作権侵害嫌疑部分にモザイクでもかけて公開するか。
ってか、この当該ページの著作権に関する安岡孝一氏主張には、まったく納得がいかない。おかしい。http://www26.atwiki.jp/raycy/pages/41.html
とりあえず、嫌疑の http://slashdot.jp/comments.pl?sid=402428&cid=1349726 のブロッククオート部を切って表示してみるか。
実際、三平面の交点のほぼ一意決定性の話でもある。

後それとは別に並行して、gooに、このページ単独での再表示の可能性について、問い合わせてみるか。
そもそも、不表示にしたって事は、こちらに非があったと認める行為とみなされがちだから、不表示にしてしまったこと自体にも問題はあったかもだが。って、そうともいえぬか。
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 論敵の提示一例を敵論主張の... | トップ | 博物館所蔵ショールズ・アン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

LinkRecords」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

博物館所蔵ショールズ・アンド・グリデン・タイプ・ライター安岡孝一氏観察タイプバスケット共通配置で検討 (霊犀社2)
博物館所蔵『ショールズ・アンド・グリデン・タイプ・ライター』安岡孝一氏観察タイプバスケット共通配置で検討 博物館所蔵ショールズ・アンド・グリデン・タイプ・ライター安岡孝一氏観察タイプバスケット共通配置で検討Milwaukee Public Museum菊武学園(ただし菊武学園...