霊犀社2

第2霊犀社(元祖第一は、田中逸平主宰の私塾)@霊際社@P。ネタ帳・メモ書きなど、まあガラクタ。嫌疑76件わざと表示拒否中

支持:矢内浩文「活字アームという部分」

2009-12-29 19:52:29 | LinkRecords
支持:矢内浩文「活字アームという部分」http://b.hatena.ne.jp/raycy/20091229#bookmark-18209892

アップストライク機を想定した特許書類や書籍のいくつかに、type-arms活字アームと書かれてある。
  • 別人何とかショールズFREDERICK SHOLESのアップストライク式タイプバーの衝突回避的特許{タイプバーがウェッジしづらいという点において。}。1879年 http://www.google.com/patents/about?id=kqpUAAAAEBAJ http://www.google.com/patents?id=kqpUAAAAEBAJ&printsec=abstract&zoom=4#v=onepage&q=type-arms&f=false
  • アップストライク式機の活字汚れ掃除ブラシ特許。1878、1889、1890年。 http://b.hatena.ne.jp/raycy/20091229#bookmark-18211264
  • アップストライク式機の活字インク付け特許。
  • ブリタニカ百科、アメリカ増補版。1892年、type arms or bars 、アップストライク式を想定。 http://www26.atwiki.jp/raycy/pages/212.html
――つまり、ドアティ・ヴィジブル1893年以前から、あるいはそれとは独立に、「活字アーム」なる呼称は存在している。

タイプてこの、活字をつけた 長いほうのアームという呼び方は、サイエンティフィック・アメリカン1872年に、すでに見られる。
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/e7411f90cd0f755bca6ecbebd9d25497
https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/43/6e/455593e2426428346a4f552856ed5190.jpg
印字は、活字を片方の端部に取りつけた活字てこ、タイプ・レヴァを、てこの短いほうのうで腕ショートアームを駆動することによって、なされる。

タイプバーの語義は、(1)部品としてタイプレバー全体を指す(2)絡む部位としてタイプレバーの活字アーム部をさす。ってな使い分けがされているように思う。

競合競争的申請者の初期特許書類では、まだ、タイプバーという呼称が周知共有確立してないせいだろうか、タイプレヴァーと書いているものもあるようだ。

ちなみにこの、活字てこの活字アーム部を駆動するのは、短い方の駆動アームへの動力伝動。その経路は、
ワイヤー伝動 1873年発売機、1874年4月に、E. Remington & Sons社が出荷したhttp://slashdot.jp/~yasuoka/journal/489447
リンク伝動 1878年発売機?
ギア伝動(カム伝動?)いつからか不明、遅くとも、、
といった具合に見れよう。


むしろ謎なのは、活字「アームという機構」。、、とはいったいなにか。
http://slashdot.jp/comments.pl?sid=467620&cid=1641466
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« QWERTY配列DNA | トップ | 反証:安岡孝一ら「微妙な弧... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

LinkRecords」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

反証:安岡孝一ら「微妙な弧を描いた活字棒――それは、のちに「アーム」という名で呼ばれることになる」 (霊犀社2)
反証:安岡孝一ら「微妙な弧を描いた活字棒――それは、のちに「アーム」という名で呼ばれることになる」http://b.hatena.ne.jp/raycy/20091230#bookmark-18215558 反論:「それは、のちに「アーム」という名で呼ばれることになる」は、http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/af...