霊犀社2

第2霊犀社(元祖第一は、田中逸平主宰の私塾)@霊際社@P。ネタ帳・メモ書きなど、まあガラクタ。嫌疑76件わざと表示拒否中

メモ 山本一力 池波正太郎 形見 万年筆 夫人 男の財布

2006-03-12 14:00:34 | 視聴メモ
山本一力 万年筆 池波正太郎 夫人だったんだっけ。
山本一力 万年筆 池波正太郎 形見 OR 遺品
なんで『男の財布』の文脈で、夫人なんだ?主人(正太郎)ならきっとこうしたろう、ということでの、夫人の行為なのだろうか。傍証としては、二次資料だなと。本人から貰ったものだと勘違いしていたが、この勘違いは私の責任か。

男の財布 池波正太郎

山本一力の時代小説の書き始めは1994年とある、池波正太郎の没年は1990年。
時間的には、会っている可能性は、低かろうとは推察される。だが、一力氏には広告やコピーの職歴があり、この辺りでのコンタクトの可能性も推察された。だが、違うようだ。

夫人からもらった事実を、男の財布との関連で、述べていたのか。この夫人の物(万年筆)の使い方も、ジェンダーを越えて、男の財布であるということなのだろうか。

夫人 男の財布
----------------------------------
男の財布を主張するときに、傍証として、夫人の遺品喜捨を挙げる。何かに似てないか。

LD‐丈B の 限りなく黒に近いグレー関係(でもそれならば非黒か)。 その傍証としての、彫Aメール。
ちょっと違うか。

まさに 黒白(こくびゃく)を問う問題だね。池波さんは、その間に 人間世界の 真実があるとも言っていたようだったが。

白黒 池波正太郎 山本一力
黒白 池波正太郎 山本一力

デジタル⇔アナログ 的な話だが、、、。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« メモ 組み込み社会 埋め込... | トップ | メモ 朝日新聞 Be 桜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

視聴メモ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

5 トラックバック

メモ 事実と真実。池波‐行動発案選択決定基準としての、池波美学∨ダンディズム。 (霊犀社2)
夫人の男の財布問題。メモ 山本一力 池波正太郎 形見 万年筆 夫人 男の財布 真実。事実から抽象されたモデル規範としての、文脈 系特性 雛形。池波美学ダンディズム。 事実 夫人からもらった。 真実 池波‐行動発案選択決定基準としての、池波美学∨ダンディズム
もったいないじいさん 今井 美沙子 (著) (霊際)
もったいないじいさん@amazon 今井 美沙子 (著) 清家さんがBSブックレビューで紹介していた。 男の財布とも関連する概念かな?まあ、自然な傾向に抗おうとする価値観の発現かな。 メモ 山本一力 池波正太郎 形見 万年筆 夫人 男の財布 もったいないじいさんの美学∨ダンデ.
急診券 地域通貨。ローカルルール ローカル会計。男の財布。 (霊犀社2)
急診券 ローカルルール ローカル会計。一病院会計。 霊犀社2 急診券 渡辺千代三郎 地域通貨 霊犀社2 三線 Convivial Tool sounding board 乗せる咎める 市場に訊く 皆に聞く 霊犀社2 ゲゼ研OFF 男の財布 個人の価値重み付けの軽重加減。 霊犀社2 メモ 山...
恋は、恋による界面の相互浸透を生むか? (霊犀社2)
恋というものを説明できる人がいるだろうか。 男あり。恋する男のパラダイムにおりけり。恋する男の(心の)内 と 男の外(界)は、感知 察知まで含めたような繋がり方で、さまざまにつながって、インタラクティヴ、相互浸透を起こす。 片思いの場合、その察知は勘違...
科学的学問的。ぜんぶ場に平げて虚心坦懐に眺める。政治・金儲けやらが頭をかすめてては求真ならず。岡潔ら (霊犀社2)
科学的に考える。ぜんぶ場にひら平げて虚心坦懐に眺める。政治やら金儲けやらが頭をかすめてては求真ならず、、岡潔 科学的見方。ぜんぶ場に平げて虚心坦懐に眺める。政治やら金儲けやらが頭をかすめてては求真ならず。岡潔ら 科学的学問的。ぜんぶ場に平げて虚心坦懐に眺...