霊犀社2

第2霊犀社(元祖第一は、田中逸平主宰の私塾)@霊際社@P。ネタ帳・メモ書きなど、まあガラクタ。嫌疑76件わざと表示拒否中

視覚 目で見たことは 必ず大脳を通ってから 小脳に伝達されるが、耳からは 小脳に直接届くルートあり。

2012-06-28 04:51:56 | 視聴メモ
室伏こうじ 愛ちゃん シャラポワ あとだれだっけか

視覚 目で見たことは 必ず大脳を通ってから 小脳に伝達されるが、耳からは 小脳に直接届くルートあり。

大脳は 複雑な動作をいちいち指令。
小脳は 自動化後を担当。 サッとこなせるようになる。(タッチタイピングなら 指が勝手に動く、、)

大脳は 上達のブレーキになることがある。邪念


キッカケは 長嶋茂雄のオノマトペ 状況把握力 伝達力 に 着目?
長嶋茂雄 → 松井秀喜


ためしてガッテン オノマトペ
http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20120627.html


http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20120627.html
音のリズムが脳の働きを変える(2)

そもそも、上達するとは…
運動を自動化(無意識化)すること。

目から得た視覚情報は、
必ず大脳を経由して処理されますが、
耳から得た聴覚情報には、
小脳に直結して処理されるルートがあります。


たったったったっとっひゅっ 跳び箱
すーーがぁぁぁぁぁぁぁぁぁ ゴルフ飛距離
サッサッサッ チャーハンあおり
たんたんぽーん 玉子焼き返し
ぐぅぅぅぅ 固い蓋あけ
すーーーーーー アイロンがけ 直線動作

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« ひらめいたときに あなたの... | トップ | いま 目視 視認 サイトメ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

視聴メモ」カテゴリの最新記事

トラックバック

[書きかけ][タッチタイプの定義][どうかな]いま いうべき タッチタイプとは、使いうる すべての手指・足等(たとえば全十指)を使い、... (μTRONキーボードでタッチタイピング:raycyの日記)
いま いうべき タッチタイプとは、  使いうる すべての手指・足等(たとえば全十指)を使い、 (あるいは どちらかの片手を使い?) 片手で操作できれば それに越したことはない