断捨離な日々

埋もれた歴史も面白い
縄文からの日本文化が興味深い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自民党/最低賃金

2009-08-18 | 政治・社会

今日のニュースステーションに、自民党の細田幹事長が出ていた。

その話の中で、自民党は、同一労働同一賃金を実現するよう努力する

と言う。 財界が反対するのでは?という質問に 実現させる!と言う後に

最低賃金の話となったら、”1000円にするという党もありますが、

それは、なかなか、現在703円(全国平均)を800円にするというなら・・・”と言う。

あのねえ、最低賃金を上げないで、(最低賃金も上げられないで)

どうやって、同一労働、同一賃金にするのですかね?? 

新自由主義を捨てない自民党は、正社員を非正規に合わせるつもり???

あり得そうだ 自民党の政策で、10年で100万所得を増やすというのも、

1世帯あたりの所得を言っているあたりが、奥さんも、年寄りも働いた場合で、

給与が上げる意味ではないところが ミソ。 

そりゃ、家族が働けば、低所得でも100万ぐらいは増えそうだ。

この10年で、年収が100万減っていたから、元に戻すと細田幹事長は言うけど、

働く人が増えて、世帯所得が増えるというのは、企業としては、懐が

痛まない訳で、昔に戻す訳ではないのだ。 相変わらずの自民党だ

現在、日本の平均賃金に対する最低賃金は、OECD諸国で、最も低いレベルで、

下から4番目。 現行の最低賃金は、憲法25条に基づく生活保護の

受給水準より低い。 OECD平均だと 日本の場合、1000円となるから、

民主党の案は、妥当だとなる。 当面は、中小企業の救済とセットとなると思うが。  

自民党は、さんざん弱者を切り捨てておいたくせに、選挙の為のリップサービスが

ミエミエ。 基本姿勢に変更なし。 政権交代にためらいはない!!

 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ←よろしくします
にほんブログ村

『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 海軍・軍令部 反省会 | トップ | 行き過ぎた市場主義、反省気... »

政治・社会」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事