DIARY yuutu

yuuutunna toki no nikki

原民喜(1905ー1951)「偶作」(1926):詩人は冬景色に注視を向け、自分を隠す!

2019-01-14 22:35:07 | 日記
 「偶作」 A poem I happened to write

旅に来て While I was traveling.
日輪が赤らむのを見た I saw the rising sun become red.
朝は田家(デンカ)の霜に明けそめて In the morning, a rural area gets light frosted,
磯松原が澄んでいる and pine trees at the seashore are clear.
一色につづく海が寒そうだ The sea spreading with mono color looks cold.

《感想》旅の途中で作った詩。朝日が昇る。一面の霜。磯松原が澄んでいる。モノトーンの海が寒そうだ。詩人は冬景色に注視を向け、自分を隠す!
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 小熊秀雄(1901ー1940)「隅田... | TOP | 八木重吉(1898ー1927)「富士... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 日記