DIARY yuutu

yuuutunna toki no nikki

笑い話:切手の額面か、宗派か?(Reader's Digest,Dec.2018/Jan.2019)

2019-01-14 20:46:20 | 日記
ミリアムはハヌカカードの切手を買うため、郵便局に行く。 Miriam goes to the postoffice to buy stamps for her Hanukkah cards.
彼女が「ハヌカカードの切手を50枚ください!」と係員に言う。 She says to the cashier, "May I have 50 Hanukkah stamps?"
「額面(denomination)は?」と係員がたずねる。 "What denomination?" asks the cashier.
ミリアムが一瞬考える。 Miriam thinks for a second.
彼女は「正統派6枚、保守派12枚、改革派32枚ください!」と答える。 Then she says, "Give me 6 Orthodox, 12 Conservative, and 32 Reform."

《感想1》ミリアム(Miriam)はユダヤ系の女性の名前だ。(モーセの姉の名前。)ユダヤ教徒はクリスマスカードでなく、ハヌカカードを送る。
《感想2》切手の《額面》も、《宗派》も、英語では「denomination」という。郵便局の係員は切手の《額面》をたずねた。ところがミリアムは宛先の《宗派》を答えた。「正統派6枚、保守派12枚、改革派32枚ください!」
《感想3》ちなみに言葉の意味の取り違いは、時々起きる。「何で来るの?」(交通手段を問う)とメールを打つと、「電車!」と答える人と、「来るなと言うのか?」と怒って返事する人がいる。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 了解とは融合モナドの成立(... | TOP | 笑い話「牧師が酒を嗜む・・・・・... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 日記