すーさんの山日記

山と釣りとテレマーク
八幡平の登山情報

真昼岳(1059m)

2009-06-17 21:55:46 | 和賀山塊
和賀山塊の真昼岳は標高1059mとさほど高い山ではないが、ブナ林のすぐ上の900mぐらいに森林限界があり、峰越登山口からのアプローチならば、快適な稜線歩きを満喫出来る。
八幡平周辺ではブナ林の上には亜高山帯のアオモリトドマツの林があるのだが、和賀山塊には亜高山帯がない。これは月山などと同じような偽高山帯と言えるだろう。和賀山塊、月山エリアとも日本屈指の豪雪地帯である。
がしかし、実際のところ、偽高山帯の形成のされ方はよく分かっていないらしい。
 
峰越林道は秋田県大仙市美郷町と岩手県西和賀町沢内を結ぶ林道で、峰越登山口はその峠にあり標高900m。10台ぐらいの駐車スペースがある。
  
シラネアオイはもう終わりかけ。タニウツギは派手な色ながら、何故かゾンザイな扱いを受けてしまう。何故?コイワカガミの群落はこじんまりしてますが最盛期。

捕虫するアザミ「ハチマンタイアザミ」と勝手に思い込んでいるが、どなたかご存知ないだろうか?
和賀山塊にも、「ハチマンタイアザミ」って自生するのかなあ・・・?

オサバグサも見られます。しかし、このオサバグサ。花が付いている時期でなければ、ただのシダかと思って見過ごしがち。
早池峰山向いの薬師岳の樹林帯の中に大群落があります。
 
カラマツソウやコバイケイソウもこうやってみると綺麗でしょう?
 
と、高山植物を愛でながら、快適な稜線歩きを満喫・・・
  
満喫・・・・かどうかはともかく、汗だくになりながら約1時間15分で到着。勾配のきついアップダウンがかなり堪えました。エジプトヨルダンの楽々ツアーですっかり体がなまってた。

眼下に広がる仙北平野。ホント、日本の景色は目に優しい。
山頂の神社でお参りした後、下山。復路も往路とコースタイムはあまり変わりませんでした。
『秋田県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 納棺夫日記 | トップ | 斉内川 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

和賀山塊」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事