すーさんの山日記

山と釣りとテレマーク
八幡平の登山情報

空吹のブナ林

2008-02-26 21:48:19 | 秋田の山(積雪期)

今日は乳頭温泉郷の空吹のブナ林を山の母さんとスノーシューで歩いてきました。

この辺のブナは樹齢60~70年のものがほとんど。
戦争当時ほとんど伐採されてしまい、写真のような母樹(これは齢約150年ぐらい)から落下したタネから、背後に写っているような太さにまで成長し、2次林を形成するにいたったというわけ。これぐらいのブナ(樹齢20~100年)が枯死率が低く、木どうしが込み合いながらも成長していくんだとか。これぐらいの時期がブナの若年期とされています。トップの写真のブナがまさに今一番勢いのある時期のブナです。枝振りも勢いがあります。言わばブナの「女盛り」。
 
温泉ガスの噴出しているのが「空吹」の地名の由来。
硫化水素ガスの影響で、ガス噴出口近くのブナの幹には地衣類が見られません。お肌つるつる。

空吹湿原奥の沢。春になるとリュウキンカが見事。

山の母さん、ご一緒していただき、ありがとうございました。
それにしてもスノーシューはスキーよりラッセルが大変です。疲れた・・・。

ちなみにはこんな雰囲気


コメント   この記事についてブログを書く
« 2月25日 ゆきむし撮影@... | トップ | 午後から下倉 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

秋田の山(積雪期)」カテゴリの最新記事