すーさんの山日記

山と釣りとテレマーク
八幡平の登山情報

七滝〜大地獄谷〜お花畑〜御苗代湖 6/11

2019-06-11 21:00:13 | 岩手山

 本日は七滝コースを大地獄谷経由で御苗代湖まで。

梅雨入り前ですが、梅雨寒の朝。曇天の七滝は少々肌寒い。

マイヅルソウ、チゴユリ、ユキザサ、ホウチャクソウ、登山道脇はユリ科の花が今盛り。

梅雨寒でエゾハルゼミはフリーズ。気温20℃を超えると鳴き始めるとのこと。

風通る稜線歩きもいいですけど、こんな梅雨寒にはブナ林歩きがちょうど良い。

一ヶ月前、一服峠手前にはたっぷり雪が残っていましたが、すっかり消え去った後に倒木現る。人力で処理しました。

ここまでさして急な登りではないのですが、一服峠では腰かけて一息入れたい。BGMに「アーオーッアオッ!」とアオバトの遠吠えのようなさえずり。熱帯雨林を彷彿とさせる鳴き声です。

一服峠からしばしブナとアオモリトドマツの混交林の山の小径。比較的新しい山体の東岩手山には見られないアオモリトドマツ。焼走りコースや柳沢コースにはありません。

左俣沢手前の泥濘区間。以前よりは歩きやすくなったはずですが。。。

一ヶ月前のパトロール時には、残雪豊富で難渋を極めたチバの滝周辺でしたが、もうすっかり消えて無くなっていました。

冬を越すたび道が細く痩せていく沢沿い登山道。

焼切沢本谷渡渉点。雪解け時もあまり増水しませんが、集中的な豪雨の際には注意が必要です。

森林限界を越えてもガスで展望なし。

今日のメインの作業はガイドロープ類、補助看板の点検、補修です。

大地獄谷ガイドロープは適宜新しいものにして張り直し。

大地獄谷最大の難所のガイドロープ、補助ロープも点検済み。

昨年新しくした巻道ガイドロープも張り直し。

七滝から大地獄分岐までは残雪なし。分岐からお花畑まではところにより残雪あり。

雪解け時期に見たいミネズオウ。

沢沿いはところにより障害物競走の様相。

雪はありますが、さしたる問題なし。

焼切沢本谷の涸沢と登山道が交差するところでは、残雪期に迷いやすいのですが、ピンクテープと看板を見落とさなければ迷うことなし。

お花畑をまずスルーして御釜湖前まで。「オカマコマエ」。「テクマクマヤコン」。「オカモトマヨ」。独り言です。

写真奥へ行けば御釜湖、御苗代湖方面。写真右へ行けば平笠不動。

積雪荷重に耐えられずビスが折れてしまった補助看板も補修。

御釜湖に着く頃には、岩手山山頂にかかっていたガスが上がる!

いつ来ても静寂の御苗代湖。最近、ドラゴンアイブームで騒々しかった八幡平界隈ですが、ここはいつ来ても良いですねえ。

お花畑に戻ってくればすっきり澄み渡る空に風に揺れるヒナザクラ。

登山道整備をしながらの下山中、往路では気づかなかったクマの食痕。生々しい上に毛も付着。

木漏れ日差す山の小径。エゾハルゼミの大合唱。気温は20°Cを上回ったようだ。

アブラゼミやクマゼミは7年ほど地中で過ごすと言われますが、果たしてエゾハルゼミは何年地中で過ごしたか?良い出会いがあることを祈る。

コメント   この記事についてブログを書く
« 茶臼岳/八幡平 6/8~6/9 | トップ | 八幡平〜黒谷地〜茶臼口 6/12 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

岩手山」カテゴリの最新記事