私の独り言

仕事のことを書こうと思って始めましたが当分は仕事とは関係ない事でブログについて勉強してみます。

ISSでの外出着 その1

2011-10-18 09:02:03 | 模型製作(ガンプラ以外)

たまには模型とは関係ない事からです。

去年も秋に一度野球ネタを書きましたが久々にプロ野球についてです。

私は30年以上ドラゴンズが大好きで毎年応援しています。

昔は優勝がほとんどない球団だったのですが、それでも個人成績で首位打者等の個人タイトルをとったりしたりするだけで一喜一憂して楽しんでいました。

それが現在の落合監督がドラゴンズの監督になってからは毎年優勝争いをするチームになりここ数年のドラゴンズにかんしては最高でしたね。

以前まではプロ野球のチーム成績は選手次第と思っていたのですが落合監督に変わってから気がついた事なんですが、プロ野球のチーム成績はやはり監督で決まるって言う事に。

どんなスポーツでもこれは同じだと思うのですが、試合や大会までにどんなプロセスでやってきてどう準備してきたかで殆ど決まってしまうんですよね。

一試合だけとかトーナメント方式ならともかくプロ野球のペナントレースみたいに長ければ長いほどそういえるのではないでしょうか?

毎シーズン冷静にきちんと準備をして戦いに挑んでいる落合監督はいままでのドラゴンズ監督の中で最強の監督だったと思うのですが…

今年で監督辞めるって本当にがっかりです。

来年からどんなチームになるのかはわかりませんが、根っからのドラファンの私は今まで通り応援しつづけていきますが、落合監督には最低でも後10年はやって欲しかったです。


では模型の事です。

面白そうなというか気になる模型がバンダイから二つほどが発売と発売予定になっていますね。

一つ目はこれで



スカイツリーなんですけどスケールが驚きの大きさで700分の1で完成すると90Cmくらいになる大型模型 価格が42000円とちと高いですね。

10日ほど前に完成間近のスカイツリーに観に行ってきたばかりなんです。

実際、真下から見るとほぼ真上を見上げる位な感じになるくらいおおきい建造物で撮影してきた写真もこんな感じです。



購入しようかどうしようか検討中です。

悩むのは完成して置いておく場所がない事と初回特典にこんな魅力的なアイテムが



遊び心があるというか、センスがいいなぁバンダイと思う付録…

とはいっても今月末発売なので製作しようにも作れません。


もう一つの模型に関しては、塗料を買いにいった模型店でみつけました。

ついつい衝動買いしてしまったこれを今回は製作したいと思います。



これまたバンダイから発売になっていました。


コメント

スミいれ その5

2011-10-10 20:18:41 | ガンプラ
ここ最近製作していたオリジンガンダムがほぼ完成していました。

てっきりアップしたつもりでいました。

デカールを付属のパーツにはまだ貼っていませんが、本体はほぼすべて貼ってみました。








無塗装でここまで格好いいとは思いませんでした。

塗装は何も道具がないのでという方にはおすすめです。

パーツが細かくて大変ですが塗装しなくても完成時の満足感はかなりなもんではないでしょうか?
コメント (2)

スミいれ その4

2011-10-04 08:07:26 | ガンプラ
RGガンダムの全体がやっと組み上がりました。



後は、腕にスミを入れてデカールを貼付けると完成です。

デカールを貼る前に忘れずにアップしました。

以前作成した大きなガンダムと比べるとこんなにおおきさが違います。




















奇跡に近い4日連続でアップ              (|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!
コメント (1)

スミいれ その3

2011-10-03 02:55:53 | ガンプラ
実際にRGガンダムのビームサーベルにスミ入れするところを撮影しました。

RGシリーズはこんな感じで細かく筋と点が掘ってあります。



それにガンダムマーカーの油性ペンで点の部分をスミ入れし中央にエナメル塗料を流し込んでみました。



今回のキットは塗装しないので、はみでてしまってもお構いなしです。

たいがいの塗料でも拭き取れるのである意味一番相性がいいのはと感じたのはガンダムマーカーの油性ペンでした。

筋彫りが浅くても綺麗に入りました、

で拭き取ったらこんな感じになりました。




ガンダムマーカーの油性ペンと薄めたエナメル塗料でスミを入れたところの違いがわかりにくいと思いますのでもう一枚




わかりずらいですかね? 左側の2本線がガンダムマーカーの油性ペンで右側の2本線がエナメル塗料です。

左側の方が右側のラインより若干くっきりとはいっています。

エナメル塗料は田宮のものを使っています。

拭き取りは全て写真の青いふたの溶剤で拭き取りました。

コメント

スミいれ その2

2011-10-02 00:32:24 | ガンプラ
スミいれといっても入れる箇所や入れ方は人によってさまざまだと思います。

例えば谷になった部分なんかは模型誌みてても入れている方の方が少なく感じます。

私は谷になった部分には必ずスミを入れたい派というよりスミを濃くはっきり入れたいんですよ。

じゃぁスミの入れ方ですがある意味一番簡単で万人がやっているのがエナメル塗料を4倍とかに薄めたものを筋彫りしてある部分に流すというやり方だと思います。

この方法が結局早くて綺麗に出来上がるのですがそれでは面白くないので、私は色んなやり方でスミ入れしています。


そもそもスミ入れは完成の手前なのでそんなに急いで完成させたくないみたいなとこもありいつも映画とかを見ながら片手間でスミ入れをしている事が殆どなので

エナメル塗料を薄めて流し込むと当然ですが筋以外の回りにはみ出てしまうのではみ出た箇所はなるだけ早く汚れを取らなきゃならないので流しこんで筋を入れるのはバタバタするので映画どころじゃなくなります。

私の机の引き出しに入っていたスミ入れに使っているペンはこんな感じです。



写真右から

ガンダムマーカー  油性ペン   先端0.04mm      (個人的には一番くっきり入るので好きなんですが‥…)

ガンダムマーカー  水性拭き取りタイプ 先端ふでタイプ  (ふきとりと書いてあるそのままのペンただ筋彫りが浅かったりすると筋の中のインクも綺麗に拭き取れてしまいます)

リアルタッチマーカー 油性?拭き取りタイプ 先端ふでタイプ (誰が使ってもそこそこ雰囲気がある感じで仕上がるのでスミ入れ面倒と思っている人にはおすすめです)

シャ-プペン KURU TOGA Bの芯 先端0.3mm     (常に芯の先端が尖っている優れたシャ-プペン 塗装していないとこれでスミは引けませんが、塗装してあるものであればはみ出しても消しゴムで消すだけ)

ボールペン ゲルマーインク 先端0.4mm   (最近のボールペンはかなり進化してます、インクがゲルマーに変わった事で先端がこんなに細くても滑らかにインクが出てきます。スミの入れにくそうな場所でもインクが滑るように流れるのでそんな場所でもイージーにスミが入ります)

ボールペン ゲルマーインク 先端0.25mm

油性ペン  先端0.03mm   ガンダムマーカーより細い文具屋さんに売っている極細タイプの2種類

水性ペン  先端0.03mm

左から2番目3番目の先端の芯の交換パーツ  よく壊れる先端が交換できるなんて経済的ですよね。

これ全然関係ないペンにも強引につけて使っています。

0.1mmのネームペンが0.03mmのネームペンに




この替芯はお勧めです

私はハンズで購入しました。

確か替芯2本入って150円だったと思います。
コメント