ラッシーママのひとりごと

仕事を辞め好きな事に一日を費やしている主婦です。

オークションでの経験!

2018年02月02日 | 映画・観劇・コンサート

今、私はオークションに嵌っていて、落札できるかどうかのドキドキ感が堪らないのですが
自分なりに決め事をしてます。
それは同じ出品を他の落札者と争った場合で終了日時は書いてあるのですが
出品者は高く売りたいので終了時間を延長するのです。


落札者も熱くなると際限なく値段を吊り上げ、どちらかが下りない限りは凄い値段に跳ね上がってるのを見る事がありますが
私は絶対にそれは守って幾らまでなら落札するが、これ以上の金額になったら落札しない・・・
そんな事で今迄に落札した物は殆どが定価以下で買ってますが、中には失敗も幾つかあります。


オークションを始めたばかりの頃は分からなくて、損したり騙された事もありますが
金額が小さいし勉強代だったと思い今に至ってますが、最近騙された?と思ったようなオークションがありました。
それが国立劇場・大劇場で「通し狂言・世界花小栗判官」のチケットです。

 

  

 

  

 

 

商品説明には初春歌舞伎公演 通し狂言 世界花小栗判官
国立劇場千秋楽
1階5列~7列・3番~12番のうち1枚、花道側の前方の席ですと書いてあり
チラシの写真のみでチケットの写真はありませんでした。


このチケットが即決価格で5000円と出てたので、こんなに前方で良い席が5000円は安いと
すぐに落札しました。
送られてきたチケットの金額をを見てビックリでした。
今迄にもあちこちの劇場で花道の近くは何回かありましたが、どれもS席で12000前後で
国立劇場の座席表は特別でした。
お芝居好きな銀河さんに話しをしたところ、3等席は数も少なくこんな席は取れないそうで
商売人が利益目的で売ったチケットではないか・・・
騙されたようで気分が悪かった。

 

 

私は最近暇を持て余し暇な時間を何に使おうと思った時に、一人で気軽に行けるのがお芝居だったのです。
それに他のオークションで落札した物もありますが、チケットのように消費するものでないので
オークションに嵌ってる私としては芝居のチケットが扱い易いのです。

銀河さんから、お正月の歌舞伎は特に出し物が良いそうで1度観てみたかったのです。
通し狂言と言うように12時開演で終了したのが16時半位
その合間に3回程休憩が入りましたが長い長い・・・


イヤホンを借りて説明を聴きながらでも分からない所があったりで
歌舞伎は分からないのですが、菊之助さんが綺麗だったなぁ・・・


そして昨日(1日)に銀河さんと新橋演舞場「喜劇 有頂天一座」を観に行って来ました。

 

  

 

  

 

以前にTVで渡辺えりさんが中村勘三郎さんと組んで芝居をやってるのを見て気になってたのですが
オークションで2枚を出品してるのを知りました。
通常のオークションですと出品者が最低価格を入れ、その金額に落札者達が金額を上積みしていくのですが
1枚なら落札し易いのですが2枚となると落札し難いのですが
今回は個数2で、すぐに落札するというのがありました。
銀河さんをお誘いしたら、その日は空いてるのでOKですぐに落札し
それが昨日だったのです。

 

 

今度は間違いなく良い席で花道が隣です。
銀河さんも渡辺えりさんの芝居は観た事が無いので、観たいと思ってたそうで新橋演舞場前で待ち合わせ
大型バスが次々と演舞場前でお客さんを降ろしてます。
喜劇と書いてあるように面白かったです。
銀河さんからお土産を戴いてしまいました。

 

 

お芝居も面白かったですが、久し振りに銀河さんに会えて帰りにお茶し
色々な事をお喋りし楽しかった
初めてのお店でしたが雰囲気も良く、ランチも安くお薦めします・・・「マザーリーフ」

 

 

 

ランチのパスタ等5種類の中から1種類とサラダ・ワッフル2枚・飲み物付きで1200円(税込み)
すっかり気に入ってしまい、又来ようねと言う事になりました。
そして二人で話した事は、以前から私はバカかしら・・・と思う時があって
何時でも私からばかり誘ってて人から誘われる事は滅多に無く、誘ってくれるのは銀河さんだけと話したら
銀河さんも同じく感じてるそうです。


私、暇なの・・・誰か誘って・・・

 


 



 



 

 

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

やっと間に合ったチケット!

2018年01月26日 | 映画・観劇・コンサート

22日(月)は日本列島が雪にすっぽり覆われて雪に慣れてない首都圏は大混乱でした。
4年前の積雪60センチを思い出し心配しましたが
それほどの積雪は無かったものの、電車の本数を少なくしたようで帰路の人達は大変だったようです。
夜中に降り止んだようですが我が家でも積雪25センチ位
朝ラッシーパパが通路の雪掻きをして歩き易くしてました。
↓は雪が降ってる最中と止んだ時の写真です。

 

 

 

我が家は南道路なので比較的に雪が溶けやすいのですが、道路向かいは北側なので今日も未だ通路が氷結し
24日・25日と用事があり出掛けましたが、凍った道を歩くのが恐かったです。


この雪の為、私も大慌てした事があります。
私は最近、芝居に興味が出てきてチケットを自分で買う事はしませんが
そのチケットをオークションで落札できる事を知ってから、オークションで落札するタイミング
その面白さに嵌ってしまい、PCに向かった時は必ずオークションの何種類かを覗いてます。


今回も予定が入り急に行けなくなった人がオークションに出したのでしょう。
開始日時が1月21日3時48分で終了日時が1月21日23時48分なのです。
チケットは「近松心中物語」で1月24日(水)13時30分開演 個数は4
税込み9500円を3000円から開始でした。


個数が1ですと価格が跳ね上がり落札は非常に難しいのですが
今回は4枚ですし日数も無いので私でも落札出来ました。
速達やレターパックで配達して貰っても23日着です。
ところがところがです。


22日の雪のため交通マヒが起こり、日本全国郵便物も滞ってしまいました。
私は速達配達を希望していたので23日はチケットが届くかと何度もポストを見に行ったのですが
16時になっても入ってないので、そこで管轄の郵便局に問い合わせました。
私の氏名と相手の氏名、郵便物は24日(水)の芝居のチケットなので
遅くとも24日の10時頃までには手に入らないと、芝居に間見合わないと話しました。
郵便局では1日に3便の集まった郵便物が届くそうですが、今配達してる便は2便に届いた郵便物で
その中に私宛の速達は入って無く、これから届く3便を待って連絡をくれる事になりました。

18時過ぎに郵便局から連絡があり3便にも入って無いとの事・・・
明日の1便に入ってるか分かるのは10時頃との事で、もし届かなかった事を考えました。
そこでオークションの出品者にメールしました。


こんばんわ!  お世話になってます。
チケットの件ですが今日何度もポストを覗いたのですが16時になっても届かず、管轄の郵便局に問い合わせました。
郵便局では1日に3便到着するそうで3便目は17時過ぎに到着との事で、掛かりの人が調べてくれたのですが
その便にも入って無かったそうで、昨日の雪の為に大幅に到着便が遅れてるそうです。

明日の1便は10時頃に私宛の速達が入ってるかどうかを連絡頂ける事になってますが、その便に入って無かったら間に合いません。
その便に入って無かったら自然現象なので文句を言う事は出来ませんが、事情が事情なので新国立劇場・中劇場に行って説明してみようと思いますがチケットの番号が分かりません。
他の2組の方々はチケットが届いたでしょうか、劇場の方がチケットが無ければ調べられないと言われた時に
その方々に訊いて頂ければ嘘でない事が分かってくれると思います。
明日の11時までにチケットが届けば間に合いますが、届かなかった場合の番号を教えて下さい。


こんばんは。
ご不安なお気持ち、お察し致します。

あとお二人の方からはまだ、受取通知がございません。
お一人は、同じ速達郵便での発送でしたので、調べる術がないのですが、もうお一人は、レターパックプラスでの発送でしたので、追跡番号で調べると、一応夕方に都内には届いているようです。(ご不在でお受け取りはされておりませんが)
ちなみに、お二人とも23区内の方です。

とりあえず、取り急ぎ、座席番号をお知らせ致します。
1階 18列 25番です。

八王子市はたくさん雪が降ったようですが、今日1日で雪は溶けましたか?
雪次第ではございますが、明日の朝に届きますことをお祈り申し上げます。


23日の朝8時過ぎに郵便局から連絡があり1便に私宛の速達が入ってたそうで
配達ですと時間が分からないとの事で、直接郵便局に取りに行き無事に間に合いました。


おはようございます。
チケットの件ではご心配掛けましたが今朝郵便局から電話があり、1便で私宛の速達が入ってるとの事で
只今郵便局に取りに行って来ました。
これで観劇を楽しんで来ます。  ありがとうございました。

 

 

  

 

  

 

このお芝居、前から気になっていたのです。
舞台が綺麗で出演者達も素晴らしかったです。



作・秋元松代 演出・いのうえひでのり

秋元松代×蜷川幸雄演出による衝撃の初演1979年以来
人々の心に生き続ける不朽の名作「近松心中物語」
「井上の近松は観たい・・・」そんな蜷川氏の言葉を胸に、いのうえひでのり演出で新たに描く
忠兵衛(堤真一)・梅川(宮沢りえ)・与兵衛(池田成志)・お亀(小池栄子)
男女二組それぞれの情念の実地域・・・

                      パンフレットより   


公演も1か月以上ですが満席でした。
パンフレットの写真から堤真一・宮沢りえが主演とばかり思ってたら
この二人よりも与兵衛(池田成志)・お亀(小池栄子)の方が目立ちましたね。
それに小池栄子さんはあちこちの舞台に出てますね。


二組の心中、一方は海で一方は山でしたが、両方共に心中する時には観てる私も胸が痛くなるような熱演でした。
それに場面も綺麗、特に忠兵衛・梅川が心中する雪の中、真っ赤な着物を着た梅川が印象的でした。
お芝居を観る回数が重なる毎に、つまらない芝居と面白い芝居はこんなに差があるのだと感じます。
兎に角素晴らしかったの一語ですが、これは私の感じ方ですので
他の方と違うかもしれません。

 

 

昨日(25日)はシネマ歌舞伎「京鹿子娘五人道成寺」と「二人椀久」を映画館で観て来ました。
平成28年12月に歌舞伎座で公演されたのをシネマにしてるのですが
120分、踊りと楽屋内を写してますが、踊りは素晴らしかったのですが私としては飽きてしまった。

場内には3,40人の女性の団体客?だと思うのですが観にいらしてて
多分、踊りを習ってる方々かしら・・・ 

 

    

 

 

 

23日(火)の「本白根山」の噴火で1人死亡・11人が重軽傷を負いましたが
あの本白根山は去年の10月にラッシーパパ・私・姉と3人でリフトでロープウエイ山頂駅で下り
中央火口ビュースポットに行ったのですが、写真を撮るのを忘れたようです。
その時の中央火口が噴火したようで、その時の記事は・・・こちら
亡くなられた方のご冥福を祈ると同時にこれ以上の被災者が出ない事と
1日も早く噴火が落ち着いてくれるよう願うばかりです。


約3か月前に今回噴火した場所に行ってるのですから、運が悪ければ私達も噴火に遭ったかもしれないので
本当に災害は誰に降りかかるか分かりませんね。

 

 

 

 

 

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

芝居2本!

2017年12月23日 | 映画・観劇・コンサート

今週2本、芝居を観て来ました。
今月は計3本の芝居を観た事になりましたが、どの芝居?も面白く拝見しました。
今週の1本目は日生劇場「屋根の上のヴァイオリン弾き」、市村正親さん主演です。

 

 

 

  

 

評判の良いロングランのミュージカルを以前に観に行ったのですが
大勢で歌ってる歌詞がよく聴き取れず、こんなつまらないお芝居の何処がいいのだろう・・・
などと思ってしまった程で、私はそれからミュージカルは好きではないと思ってましたが
私の大きな間違いでした。
休憩も含めて3時間半の間、飽きさせる事も無く楽しめました。


吊るし雛教室の時から一緒に習い、今も毎月2回の手芸の会も一緒のKさん
Kさんがブログを書いて無いので私のブログには殆ど登場しませんが
ご主人から「俺とボランティアとどちらが大事なんだ」と言われる程、ボランティアに熱心過ぎるKさん
我が家と家が近いので先日お好み焼きを食べに行った時に、「屋根の上のヴァイオリン弾き」の芝居に誘ったら
その日は空いてると事で約束してたのです。

二人の最寄り駅で待ち合わせたのですが、その日の夕方に避けられない用事が入ってしまい
1部の後の休憩の時に先に帰ると言うのです。
13時開演で1部が終わったのが15時近く、Kさんは「面白いねぇ・・・」と言いながら帰って行かれましたが
開演早々からテンポの良いリズムに軽やかに踊ってる大勢の人達、音楽を聴いてる私も気持ち良い・・・


帝政ロシアの時代、寒村で酪農を営むお人好しで働き者のテヴィエ(市村正親)は
信心深く楽天家で25年間連れ添ってる妻のゴールデ(鳳 蘭)に頭が上がらない。
5人の娘たちを可愛がり貧しいながらに幸せな生活を送っていた。


娘達の最大の関心事は結婚の事、ユダヤの厳格な戒律としきたりは
両親の祝福が無ければ結婚は許されない。
娘3人其々が好きな人が居るが、長女は貧乏な仕立て屋・次女は革命を目指す学生
ロシア人を追って駆け落ち同然で家を飛び出す三女と
親としては金持ちの安定した人との結婚を望むが、娘達の幸せを願って許してしまう。
テヴィエ一家にの革命の足音と共に、故郷を追われる日が刻々と迫って来る・・・


最近になって分かり始めたのですが、お芝居も面白いのとつまらないのに
これほど差があるのですね。
芝居を選ぶと云っても数多く観ないと、面白いのかつまらないのか判断がつかないのですが
今年は13本の映画・観劇・コンサートなどに行き、何となく選び方が分かってきたような気がします。
さすが市村さんと思いましたし面白く楽しめました。


昨日(22日)は新橋演舞場「舟木一夫55周年ファイナル」を観て来ました。
舟木一夫と言えば橋幸夫・西郷輝彦の3人が半世紀前に御三家と言われた時代。
私は特に舟木一夫のフアンでは無いのですが、このコンサートを知ってから気になっていたのです。
そんな時に花道近くのチケットをゲットしました(例のオークション)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

題目は通し狂言「忠臣蔵」、昼の部「花の巻」夜の部「雪の巻」
新橋演舞場に一番近い築地市場の出口から、演舞場に上がる道が見つからずウロウロしてると
私と同じようにウロウロしてる人がいたので「演舞場ですか?」、上り口が見つかりました。
演舞場まで4,5分の歩きですが、その方は昼の部・夜の部を通して観るそうで
昼の部は安い3階席で夜の部は高い1階席で観るそうです。


流石に来てる人達を見れば年代は分かります。
他の芝居では少ないですが若い人も見えますが、今回に限っては私の年台の人達ばかりで
9割以上が女性で偶に男性が居る程度で、特に驚いたのは舟木一夫後援会が
初日2日昼の部・夜の部と15日の昼の部を貸し切ってるのです。


1部の忠臣蔵の芝居ですが、共演者の人達は舞台慣れして声も良く通るのですが
舟木一夫の声は小さくて最初は何を言ってるのか分からなかったのですが
時間は経つにつれ耳慣れしてきて、話しが聴こえるようになりました。


芝居自体は脚本が良いのでしょう、とても綺麗だし主君の仇討ちの為に妻りくとの別れには
胸に熱いもの込み上げてくるような、11時から2時間の熱演でした。
この芝居は通し狂言と書いてあるように、昼の部を観たら夜の部も観たい衝動に駆られたほど
芝居自体も面白かったです。

40分の休憩の後「シアターコンサート」の始まりましたが、私が知ってた声と違うのです。
声も歳を取り年齢並みの声に替わるのですね。
それでもプロと思わせる声量は流石ですし、歌い出すとすぐに沢山のフアン?が並んで
花束や紙袋に入れたお土産を握手しては次々と渡し、未だに凄いフアンが居た事に驚きでした。


私は今の歌は全く覚えられないのですが、舟木一夫が歌ってた頃は青春時代の真っ只中
だから歌もよく知ってるし聴いてて半世紀も前の、どうにもならない恋に苦しんだ時が蘇り
切なく胸が痛くなり、不思議なのですが20代前半の私に戻ってたのです。
コンサートの1時間の間、若かりし頃の私に戻れたのは驚きでした。
今迄にも他の歌手のコンサートにも行ってるのですが、今回のような切ない気持ちになる事など無かったのに
今回は痛いほど切ない気持ちが溢れそうでした。
休憩をいれて4時間近くを楽しませて貰いました。

 

 

 

 



 




 

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

歌舞伎座!

2017年12月15日 | 映画・観劇・コンサート

今年は例年よりも寒さが厳しいのでしょうか、あちこちで大雪が降り雪かきに悩ませれ
毎年の事ながら除雪作業中に命を落とされる方が沢山いらっしゃいます。
今年も83歳の一人暮らしの元気なおじいちゃんが、除雪作業車の下敷きになって亡くなられました。
未だ冬も始まったばかりで、これから続く厳寒期、くれぐれも除雪作業には気をつけて下さい。


そう言えば今年は例年より寒かったのか、今年の干し柿作りは楽でした。
只、渋柿の皮を剥き吊り下げただけで出来上がったような・・・
例年のようなカビを心配する間も無く出来上がったのです。


13日(水)は月1のKさん宅での手芸のお稽古日でした。
今月は「雪ん子」を作りで初めて顔を作りますが、顔は作り手に似るのです。
お二人とも顔を描くのは難しいと言ってましたが、一寸手が混んでるので
次回と2回に分けて作る事にしたので、お茶飲みはゆっくりしました。
出来あがった干し柿を持って行きましたよ。

 

 

先日の詰め放題の野菜をお二人にお持ちしたら、Kさんからはシュトレーン
Nさんからはリンゴと、帰りにお土産を頂きました。

 

 

先月作ったワンちゃんと、その前に作ったネズミです。

 

 

先日、青汁のカレンダー2冊の内、1冊を友達に分けてあげたと書きましたが
そのNさんからお礼のリンゴが玄関前に置かれてありました。
このNさんは遠慮深くて家に用事があっても、何時もこのように品物と手紙を置いて行くので
後からお礼の電話をした時にチャイムを押してくれればいいのに・・・と言いますと
忙しい所をお邪魔してしまっては申し訳無いので・・・
Nさん、余りに気を使い過ぎです、我が家の前を通った時は声を掛けて下さい。

 

  

 

毎月2回行ってる手芸の会では会うKさんですが、ボランタリーに打ち込み過ぎて
午前中だけ手芸をやって、午後からはボランタリーに駆け付ける為落ち着いて話しも出来ず
前から「お好み屋さん」に行こうとは言ってたのですが、話しが纏まらなかったのです。


Kさんとは家が近いしお互いに車を運転するので、お好み屋さんで待ち合わせしました。
このKさん、これだけボランタリーに時間を費やしてるのにブログは書いて無いので
私のブログにも登場するのは滅多に無いのですが、shinabiさんの友達でした
・・・こちらこちら


寒くなると「お好み焼き屋」で会うのですが、今年は初めてだったかなぁ。
それほど忙しいKさんなのです。
ランチで「満腹コース」と言うのがあって、サラダ・もんじゃ焼き・お好み焼き・焼きそばに
ドリンクバーを付けます。


話しに夢中になり其々の写真を撮るのを忘れましたが、混んで無いのでゆっくり出来るのです。
もんじゃ焼きは写真が撮れても不味そうで、とても載せれません。
最後の焼きそばだけ写真が撮れました。

 

 

2時間ほどお喋りをして、またお好み焼きを食べに来ようねと言って別れましたが
次回は何時になる事やら・・・

 

手芸の七福神を作り上げてからは次に作る作品も思い付かず、暇に任せてる私ですが
今月は観劇に目覚め?3本もチケットを買ってしまった。
その内の1本が昨日(14日)歌舞伎座で観て来ました。

 

  

 

   

 

最近の私はチケットの落とし方をオークションで知ってから
オークションで落としてますが、チケットを手放す人は株主の方が多いようです。
とても個人で1階席は買えませんが、オークションならそれなりの値段で落とせます。

 

今回は2部でしたから演目は「らくだ」と「蘭平物狂」でした。
「らくだ」は以前に観た事があったのですが何方が演じたか忘れてます。
今回は市川中車さん(香川照之)が久六で、片岡愛之助さんが熊五郎を演じてます。


この芝居は現代調なのでイヤホンの説明を聴かずに分かりました。
上方落語を題材にしてるそうで、フグの毒に当たった店子の通夜をしようと
家主の所に無心に行くのだが、その亡くなった死体を連れて行くのです。
その死体を久六が背負って行くのですが、その恰好が面白い。


死体役の人も難しいと思いますが、可笑しくってゲラゲラ笑って
お酒に弱い久六に無理に薦める熊五郎、久六が飲むに従って態度が大きくなり
久六と熊五郎の立場が逆転していく様も可笑しいのですが、死人が踊り出す
本当に面白かった。

 

「蘭平物狂」は難しくてイヤホンで説明を聴きながら観ましたが
尾上松緑さんの立ち回りが綺麗で素晴らしかった。
この松緑さんは当然ですが、役人が2,30人も出て来て宙返りをやったりするのですが
普段から相当体を鍛えてるのでしょう。
幕間が25分あったのでロビーに出てスイーツを買い、席に持って行って食べた。

 

  

 

来週は2本の観劇を楽しんで来ます。


 

 

 

 

 


 


 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

シネマ歌舞伎!

2017年12月12日 | 映画・観劇・コンサート

皆さんも〇〇詰め放題、好きですか?
私は詰め放題の字を見るとやらずにいられないのです。
何時も買い物に行くスーパーでも滅多に詰め放題は無いのですが
先日買い物に行った日にジャガイモ・ニンジン・玉ねぎの詰め放題をやっていた。


先日カレーを作ろうと思ったらニンジンが無くて買ったばかりでしたが
ニンジン1本38円?だったようで、3本100円だったので6本買って来ましたが
値段を見ると250円なのです。

 

 

よくTVなどの詰め放題で、詰め方の上手な人がいますが私も挑戦してみました。
籠の中にビニール袋を広げて、ニンジンの細い方を下向きに並べ
その合間に太いニンジンを入れると結構入るのです。


私の隣で入れてた同年齢位の奥様、私の袋を見て「沢山入りましたね
私もその奥様の袋を見ると太いニンジンを入れてるので隙間があって、何本も入って無いのです。
私思わず「下手」と言ってしまったら「お姉さん、入れ方教えて・・・」で教授しました。
私をお姉さんと言うのが気に入りました。


まず入れたニンジンを袋から出させ、籠を持って来て籠の縦にビニール袋を立たせ
細いニンジンを下向きに入れ、その合間にニンジンを重ねる」と説明しながら入れてあげました。
その奥様、沢山入ると喜んで入れてました。
私が入れた袋詰めです。

 

  

 

ジャガイモや玉ねぎは沢山あっても使ってしまうのですが、これだけ沢山のニンジンは使い切れずに
腐らせてしまう事もあるのですが、詰め放題と云うと燃える私です

 

 

昨日(11日)久し振りにシネマ歌舞伎「め組の喧嘩」を見て来ました・・・こちら
写真はネットからお借りしました。

 

 

解説にも書いてありますが、5年前の5月、平成中村座での収録で
十八世勘三郎が初役にして最後となっため組の辰五郎を演じています。
町火消の「め組」鳶頭らしくテンポのよい話し方、威勢のいい若集達
舞台だけでは足りず、客席の通路上での揉み合いなど
観客一体となって演じるというより一緒に楽しんでる・・・


最後には三社祭の神輿が舞台になだれ込んで来た時には、映画を観てるのを忘れて
思わずアット声をあげてしまったほど面白かった。
ブログ仲間の銀河さん、歌舞伎・芝居等を毎月観てて、通の人でないと分からない程の
詳しい感想を述べるのですが、私は感想など書けないが面白かったとしか言えないのです。

歌舞伎は数えるほどしか観て無く、歌舞伎に関して何も分からない私でさへ
中村勘三郎さんの余りに早い死に、惜しい人を失った事を残念に思います。

 

 

 

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

芝居2本!

2017年11月02日 | 映画・観劇・コンサート

10月26日(木)に文学座創立80周年記念・文学座公演「鼻」を
ラッシーパパと観に行って来た。
私は手を出したものには凝る方で、最近は芝居に興味が出たと言うよりジャンルが多く
其々のジャンルを観たいと、今回はTVなどで知ってる名前の人の生の演技が観たかったのです。

 

  

 

  

 

公演日の前日にチケットが手に入るという急な話しなのでラッシーパパに付き合って貰ったのです。
場所は新宿の高島屋と隣接してる「紀伊国屋サザンシアターTAKASHIMAYA]
最近、私は芝居に行き出してますが、その芝居が面白いかどうかはパンフレットから想像するだけですが
このお芝居は面白いだろうと思ったのです。

 

 

 

入口には渡辺 徹さんに届いた花輪が殆どでしたが飾ってありました。
私はお芝居と言ったら場面がクルクル替わるものだと思ってましたが
この芝居も最初から最後まで同じ場面で、8人が入れ替わり出たり入ったりしてたので
それほど眠気はこなかったですが、思ったほど面白くなかった・・・

ラッシーパパは途中で眠くなってウトウトしてて、最後はどうなったと訊く始末
実は私も最後はよく分からなかったのです。
今迄、ラッシーパパは用事が無ければ付き合ってくれましたが
この芝居を観て「時間の浪費だ、これからは芝居は絶対に付き合わない」と言われてしまいました。
お芝居って人を誘うのは難しいです


芝居が終わったのが16時頃、家に帰って夕食の支度をするのが嫌なので
隣の高島屋のレストラン階で軽食をして帰る事にし、パスタと飲み物にしました。

 


先日、ブログ仲間で芝居に詳しい銀河さんと電話で話す機会があったので
この話しをしたら、今やってる市川猿之助演出の「スーパー歌舞伎Ⅱワンピース
銀河さんが観に行って、絶対にお薦めのお芝居と言われました。


私も前から気になり行こうかどうか迷ってた芝居だったのですが、そんなに面白いなら行こう
以前は正規の値段で買ってたのですが、最近ネットのオークションで買える事を知りました。
観に行くつもりで買ったのに都合で行けなくなった人が、チケットを安く手放します。
公演日が近いほど安くなります。
そんな訳で公演日の3、4日前にチケットが手に入りました。


ラッシーパパに「銀河さんが面白いと言ってたから行かない?」と訊いたのですが「行かない
それならブログ仲間のtonaさんに声掛けたらOK
昨日(1日)新橋演舞場で待ち合わせて観て来ました。

 


猿之助さんはこの芝居が始まって4日目の9日にワンピースの公演中に昇降装置 が
衣装を巻き込み左腕を骨折する怪我 をして代役は尾上右近さん。
銀河さんがお勧めと言うだけあって、この芝居文句なく面白い・・・


役者と観客が一緒になって楽しんでる、こんなお芝居初めてです。
11時開演で途中2回、30分・20分の休憩がありますが終演が15時15分頃
約70名近い役者さんが運動選手かと思う程、素早い身のこなしで舞台上を走り回りタテあり
舞台は次々と回転し、ビックリだったのは舞台に滝が出来もの凄い量の水が流れ池が出来
その池に次々と飛び込むのです。


観客の前列より3列目ぐらいの人達は透明のカッパが配られたのでしょう。
全員カッパを着て観てます。
私達は2階席だったので、その様子が良く観えて2階席で良かったと思ったものです。
又、右近さんが空中を上がって行くのですが、1階席は総立ちでした。
音楽に合わせ役者さんも観客席に下りて来て、観客と一緒に手拍子
観客の手拍子は自然と出るのです。
あんなに面白い芝居は初めてで、見応えがあって楽しかった。
これぞ本物の芝居でしょうか


帰りには新橋演舞場から近い「築地場外市場」に行ってみました。
時間が時間だけに開いてるお偽は少なかったのですが
17時までランチをやってるお寿司屋さんに入った。
二人ともチラシ寿司を頼みました。
美味しかったですよ。

 

 

 

 

 

 

 

七福神の船が出来上がりました。
この船ですが巾が縫い代を入れて34センチ、長さが62センチですが
船は帯地で作るのですが帯地の巾は30センチしか無く
楯半分に切り2枚を繋ぎ合わせました。


この帯地ですが私が成人式に来た時に使った帯で、なんと52年ぶりに出したのですが
何処も傷んで無くて、まさかこの帯が再利用できるなんて考えた事も無かった。

 

  

 

 

 

 

 

明日(3日)より5日まで伊東の家に行って来ます。


 

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

鳥羽一郎コンサート!

2017年09月30日 | 映画・観劇・コンサート

昨日(29日)「鳥羽一郎コンサート」にラッシーパパと行って来た
ラッシーパパは普段からカラオケが好きで、月に何回かは近所の馴染みのスナックに
一人で行って歌ってきます。


ラッシーパパは何時もユーチューブで新曲を探して聴いて、その歌を練習の為に小さな声で歌ってるのですが
ブツブツ聴こえるだけで、私にはどのような曲なのかさへも分からないのですが
偶々、鳥羽一郎が新曲「海賊の舟歌」を出したばかりなのをもう歌っていたのです。
ラッシーパパと旅行に行く時は全て私が計画してるのですが
ラッシーパパが気にするのは、宿にスナックがあるかどうかくらいでです。

パンフレットではスナックを営業してるように書いてありますが、実際には開店休業の所が多く
フロントにやってるかどうか訊くと、「今日は開いてません」が2日目も続いてやってないと知るのですが・・・
余程の繁盛してる宿でないとスナックは無いのですが、偶にスナックがあれば必ず歌いに行きますが
私がラッシーパパの歌を聴くのはその時くらいで、歌い慣れてるだけあって上手いと思います。
私がその時にリクエストするのは男らしい歌、例えば北島サブちゃんの「祭り」とか
鳥羽一郎の「兄弟船」で、これらの歌を聴くとスカットするのですが
ラッシーパパに言わせると、こういう曲を4,5曲歌うと喉が潰れるそうです


鳥羽一郎さんの歌が好きなので、今回「鳥羽一郎デビュー35周年記念コンサート」が開かれるのを
ネットのオークションで知り、どうしても行ってみたくて落札しました。
ペアー券なのでラッシーパパを誘いました。
場所は「新宿文化センター」でラッシーパパとは旅行などは一緒に行きますが
今回のように新宿に一緒に行く事は滅多にありません。

 

  

 

  


14時開演の1時間前に着きましたがゆっくり昼食を食べてる時間は無いので
すぐ傍のビルの中にコンビニがあったので、其処でサンドイッチとビールとアイスコーヒーを買い
コンビニの前に大きな憩いの場、円周の池の縁は広くて座れるようになってます。
其処には昼食時だったので沢山の人達が、其処に座りお喋りやお弁当を食べてます。
私達も食べ出し、ふと顔を上げると正面のガラスに背後のビルが写ってます。

 

 

  

 

時間的に丁度良く13時30分の開場に合わせ行ってみると、大勢の人達が順番待ちでひしめき合ってます。
会場内の廊下には、私達が良く知ってる名前の芸能人から花輪が並べられてます。

 

 

  

 

 

 

 


会場の殆どが埋まり所々に空きがありましたが、これだけ集まったのですから立派です。
1階の前の方の席の全てを鳥羽一郎後援会?の人達が借り切ったのか、ペンライトを配ってます。
私達は2階の前列の方だったので1階席が良く見えるのです


始まってすぐから1番だけを12,3曲歌ったでしょうか
凄いと思ったのはあれだけ声を張り上げて歌っても喉が潰れない事です。
今迄に私が知ってるコンサートはお喋りで時間をかなり取りますが、今回は殆ど歌いっぱなし
途中で弟の山川豊が2曲歌いましたが、兄貴のコンサートだからと遠慮してましたね。
これだけ歌って喉を潰さないのは流石にプロで、ラッシーパパも凄いと思ったようです。

私は知らなかったのですが鳥羽一郎は船村徹門下生だったのですね。
作曲家船村徹は今年の2月16日に84歳で亡くなってますが、死の知らせを聴いた時は何も手に付かなかったそうで
今回は恩師を忍んでと彼の作曲した他の人の歌を5,6曲歌いました。
その中には美空ひばりの「みだれ髪」を歌いましたが流石に上手い。
2時間を殆ど歌いぱなしでしたが、聴いてる私も腹の底から力が湧き出るような勇気を?貰え
楽しかった


帰りにラッシーパパの方向音痴には、今回も呆れかえりました。
今迄にも何度もあって信用しなかったのですが、新宿駅でよく待ち合わせをしてるラッシーパパ
ここら辺には何度も来てるので信用しろよと言って歩いて行く方向に?
私は変だと思いながらも新宿駅とは反対方向を歩いていたらしく、途中で人に訊いたら今の道を戻る事に・・・
歌舞伎町辺りに戻り私がこっちだと言うのに、そっちじゃないと歩く方向が西武新宿駅の方
JR新宿駅に行きたいのでしょ、バカか


最近外出した時に感じるのですが、若い方はスマホを上手に使いこなし
道を尋ねてもすぐにスマホを見て教えてくれるのですが、私はスマホが使いこなせてないのです。
まずスマホで目的地までの道のりの入れ方を勉強しなくては・・・


16時にコンサートが終わり新宿駅より15分位で往路は行けたのに、帰りは50分近くも掛かり
お腹も空いて来たので夕食を食べて帰る事にした。
新宿駅のルミネのレストラン街でパンケーキが食べたくて、色んなお店を覗いていたらあれもこれも
食べたい物が一杯で決まらない・・・
行ったり来たりして、やっとピザとパンケーキに決めて二人で分けて食べた。

 

 

ラッシーパパの方向音痴で何十分も歩かされ腹も立っていたのですが
美味しい物を食べたら忘れた・・・

 

 

 

 

明日(1日)より3日まで旅行に行って来ますので
コメントの」返事が遅れる事、お許し下さい。

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

戯曲って?

2017年09月20日 | 映画・観劇・コンサート

ブログ仲間の銀河さんは趣味の一つが芝居観賞で月に何本も観てて
私はお芝居は何回か観に行ってましたが、歌舞伎は行った事がなく
銀河さんが1日掛けて6人分の席を予約してくれ、最初に歌舞伎に連れて行って貰ったのが5,6年前
それまでは歌舞伎はセレブ夫人しか行けれないものと思ってましたが
実際に行ってみて初めて知ったのですが、歌舞伎って席に寄っては安くも観れるのですね。


その後は娘と2回ほど芝居・東京の姉とは歌舞伎が1度と芝居は何度も行ってますが
私が芝居に興味を持つようになったのも銀河さんの影響が大きいと思います。
今迄はただ観てるだけでしたが、最近では面白いとか面白くないとか・・・


昨日(19日)チケットが手に入り芝居を観に行って来ました。
その芝居とは日比谷シアタークリエ「ミッドナイト・イン・バリ」
パンフレットにはNHK連続テレビ小説「ひよっこ」を執筆中の脚本家・岡田恵和が
初戯曲「スタンド・バイ・ユー家庭内再婚」以来のオリジナル戯曲として手掛けたのが今回の戯曲
と書いてあります。

 

  

 

  

 

戯曲って?ブリタニカ国際大百科事典
俳優によって舞台で演じられることを意図して書かれた文学作品。
せりふを主体とし、必要に応じて舞台上の動き、しぐさ、装置、音楽・照明などに関する指定が加わる


私は戯曲と言う意味が分からずに観賞してしまったのが悪いのですが
2時間弱の舞台に、場面は一部屋の中で4人が言葉の応酬
私の家系なのでしょうが、私を含め姉妹が耳が遠くなるのが普通の人より早く聴こえ難くなり
私もだいぶ前から耳が遠くなって、家内でも訊き返す事が多いです。
その為か、今回の芝居のような言葉の応酬は良く聴きとれないので何時の間にか
今回は姉は用事があって一人で行きましたが、一人で行って良かった
芝居って金額が高いので誘った私も、お芝居が面白くないと姉に申し訳なく思ってしまうので・・・


そう言えば以前にも1度似たような芝居があって、その時も・・・と感じたのですが
これはあくまでも私個人の感想であって、私以外は面白かったと思ってる方も大勢いると思いますが
お芝居はやはりもっと動きのある方がいいかなぁ・・・


 


 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

ニンジンの観劇へ!

2017年08月18日 | 映画・観劇・コンサート

今日(18日)も雨、これで東京は8月連続18日間、雨です


こんな鬱陶しい中、最前席の最高のお芝居のチケットが2枚手に入りました。
お芝居と言ったら銀河さんでしょ、早速声を掛けてみました。
勿論返事は「行きたい・・・」で、昨日(17日)の新橋演舞場の入口で待ち合わせました。
題目は大竹しのぶ主演の「にんじん」38年ぶりの再演だそうです。

 

 


銀河さんに寄ると大竹しのぶのお芝居は失敗が無く、観客を満足させてくれるそうだが
現在60歳の大竹しのぶが10歳位?の少年を見事に演じ切っていた。


僕はニンジン、みにくいニンジン
劇中に何度もこの歌を歌うので、帰りには覚えてしまった

 

  

 

  

 

私は芝居歴が未だ浅いので銀河さんのような批評はできないのですが、なにしろ最前席ですので
役者さん達の息遣いまで聴こえてきそうな近距離で、遠くから見るのとでは全く違います。
ただ面白かったとだけしか言えないのですが
他に出演者の中で目を惹いたのが、おじさん役の今井清隆でした。
何の芝居を観ても主演者以外に光る方は必ずいますね。
銀河さんは、どのようにブログに載せるのでしょうか。


14時頃には芝居が終わり、新橋演舞場も歌舞伎座も東銀座にあり
銀河さんが歌舞伎座のすぐ傍にある「銀の塔」に案内してくれた。
この「銀の塔」は歌舞伎役者がよく利用するお店で、中村勘三郎さんも楽屋によく配達して貰ってたそうで
その店でビーフシチューのセットを頼んだ。

 

 

持ってきてくれた時はビーフシチューがグツグツ泡立っていたくらい熱々で、フーフーしながら食べた
銀河さんは例のごとく着物姿です
やはりお芝居に着物姿はいいですねぇ
銀河さんも着物が着れて嬉しいと言ってます。

 

  

 

  

 

その後は少し歩いてから「不二家」の店でパフェ
話しは次々と途絶える事も無く、よく喋りました。
外が明るいのでそんな時間とは思ってなかったのですが、時間をみたら18時前
慌ててみ店を出て帰りました

 

 

 

 

 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

明治座へ!

2017年08月05日 | 映画・観劇・コンサート

昨日(4日)、東京の姉と待ち合わせて明治座「ふるあめりかに袖はぬらさじ」の観劇
姉には先日行った「鬼怒川温泉旅行」のアルバムを持って行ってあげようと再度アルバム作り
ここで又困った事が起き、先日助けて貰ったO先生にメール

 

  

 

↑のアルバムの写真上に字を書きたいのですが、上部の写真上にどうしても字が書けないのです。
困った内容を書きO先生にメールすると、O先生のサンプルが添付されてきました。
字が書けなかったのは写真の文字の折り返しが前面になってるのが原因で
対策としては写真をクリック、文字の折り返しを背面か最背面、テキストの背面に移動を選ぶ。


テキストボックスは挿入時に既に文字の折り返しが全面になっているのが標準です。
なので写真の文字の折り返しが全面や最前面になっていると、テキストボックスは後ろに隠れてしまい
何を前に表示したいかで、文字の折り返しを選ぶ必要があります。


作成手順として①白紙を開く  ②写真を挿入  ③文字の折り返しは背面  
④テキストボックスを挿入「シンプルテキストボックス」が標準で
 横書き・背景は白、枠は黒です。
⑤テキストボックスに文字を入力し、文字の大きさ・色窓を設定
⑥テキストボックスの塗りつぶしを無し、枠線無しに設定
⑦写真の好きな位置に配置


わざわざ対策方法を書きましたのは、何方かが私と同じように困ってる方が
この対策を見て解決出来たら嬉しいですね。


アルバムに字が入力出来なかったのは写真の「文字の折り返し」が前面になっていました。
今迄に何度もアルバムを作ってたのですが、自分で気がつかずに何処かを触ってしまってたのかも・・・
このような事が無かった為でしたが、O先生からの指摘ですぐに解決しました。
メールのやりとり3,4回
O先生からは皆とパソコン教室してた頃を思い出しましたと書かれてましたが
私も楽しく授業?を受けさせて頂き感謝してます。

 

  

 

ワードに張り付けた写真をブログに載せると画像が劣化してしまうそうで
オリジナルを添付されてきました。

素晴らしい小豆島の小瀬の夕陽ですね

 

  

 

姉と明治座で観劇した話しから飛んでしまいましたが、姉と一緒にコンサートに行ったのは
去年の3月ですから久し振りでした・・・こちら


今回も私が姉を招待しました。
姉もこのような芝居やコンサートに行きたいと思ってながらに
一緒に行く友達やチケットの買い方が分からなかったりで、年1回地元の信用組合が明治座を借り切って
チケットを纏めて買ってくれるので、姉から招待を受けた事が何度かあります・・・こちらこちら


私も今迄、地元のホールで公演される歌舞伎やコンサートに偶には行く事もありましたが
わざわざ明治座のチケットを買ってまでは行きませんでしたが
偶々チケット2枚が安く手に入ったのです。

 

  

 

有吉佐和子が杉村春子の為に書き下ろした戯曲「ふるあめりかに袖はぬらさじ」
昭和47年初演から幾度も再演を重ねてきて、今回は「大地真央」主演です。


時は幕末、港町横浜。
攘夷派による外国人排訴の機運が高まる中、雄郎・岩掛け楼(がんきろう)の芸者お園(大地真央)は
病気がちな花魁・亀遊(きゆう)を看病していた。


亀遊は通訳の藤吉と想い合っているが
お客として来たアメリカ人・イルウスに見初められてしまう。
だが、藤吉との恋が叶わぬことを儚んだ彼女は、自らの手で命を絶った。


お園はこの悲劇的な話しをお客に語って聞かせるようになるが
異人の身請けを拒んで死んだ攘夷女郎・亀遊」と虚像がだんだん膨らんでいき・・・(パンヘレット)

 

12時開演で途中に30分間の休憩があったが正味3時間の
ミュージカル?的芝居は見応えのあるお芝居で、大地 真央さん流石に綺麗ですね。
姉は私のお土産に、重たいのに立派な桃とお菓子も持って来てくれた。

 

 

その後は明治座の近くのファミリーレストランに入り
カツサンドにピザを1皿づつに飲み物を頼み半分づつ食べたが、これは姉がご馳走してくれた。
そこで話したのだが、姉も芝居やコンサートなどに興味があるのだが
近所で誘ってくれる人がいないので、これからも機会があったらドンドン誘ってぇ・・・
姉はあの年で何でも興味があって、我が姉ながら立派


最近、身近な人で姉の歳と変わらぬ人二人が、今年になってから気力が無くなり
何もする気が起きない姿を見てるので、姉とその二人の違いに驚くばかりです。

 

 

庭に4本のスイカの苗を植え3個実が付き、其々の写真を載せたばかりなので
1本の葉っぱが黄色くなってきたので根元を見たら、何と腐ってる・・・
折角実が5センチ位に大きく生り楽しみにしてたのに残念!

 

  

 


 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加