ざっきばやしはなあるき 《なぞべえむ》

 雑記林花或木《謎平夢》Since 2005-01-01
  美術とか映画とか趣味とかなんとなくぶろぐ 

おうちでダリナイト(諸橋近代美術館)

2020-06-13 16:32:49 | 美術展など(た~と)
6月12日(金) 【おうちでダリナイト】
18:00~19:30第1部  『裏磐梯よりダリをこめて』
20:30~22:00第2部  『THEダリ夜会』
 by アートテラー・とに~さん&当館ダリ好き学芸員




 というわけで、340点という東洋一のダリ作品収蔵を誇る諸橋近代美術館が主催の、Zoomでつながるオンライントークイベントに参加した。今の私はZoomでリモート会議などをする職場ではないので、巷で流行っているZoomを使うのはこれが初めてだった。募集定員の100名は1日で埋まってしまったようだ。参加人数は8割を超えていた。金曜日の18:00からという難関もあるので、急な残業てんてこ舞いで間に合わなかった人もいたかもしれないが。

 美術館の学芸員さん+かっちゃん(東京・ミュージアム&アート情報)+アートテラーとに~さんを進行役として、諸橋近代美術館で開幕した「ダリとハルスマン展」の会場をヴァーチャル風リアルに案内してもらうという、行った気分になれる無料のリモートイベント。

 私は諸橋近代美術館に3回行ったことがある。中世の馬小屋をイメージしたという馬小屋の割にはゴージャス感ハンパねぇ佇まいも大好き。美術館の設計時にはノイシュヴァンシュタイン城みたいな背の高いデザインも検討されたようだが、国立公園内という立地のため建築物の高さに制限があって実現できず、現在の形になったのだという。開館時間は冬期以外の昼間だけなので、夜景は見ることができない。でも今回は18時から19時半という、たそがれdeナイトのリアルタイムな外観も映してくれたので、室内だけ照明の点いた美しい姿も見ることができて感動! 






 第2部はアートテラーとに~さんがメインMCとなって、ダリにまつわるオフレコトーク?などを自宅で飲みながら語る夜会という雰囲気。しかし私はノンアルコール日本茶を飲んでいた。ダリが好きすぎて諸橋に就職したというツワモの学芸員さんの「ギャラリートークで意気込んでダリのヤバい話をしていたら聞いていた女子大生が貧血になった」とかいう謎のエピソードやら、サザビーズのオークションでダリ物件を落札しちゃった強豪ダリジェンヌな人や、買った版画の真贋を知りたいという人なども出て来たり、あれこれ楽しめる夜会だった。


 コロナの影響でテイクアウトだけだが、シュルレアリスムコーヒーという謎の物件が目を引く。アリとかチーズとか入ってないことを願う。




 諸橋近代美術館が最初に所蔵したダリ作品 『ビキニの3つのスフィンクス』




 笑みがこぼれるダリファッション! 第2部では、アートテラーとに~さんがこのファッションのバッタもんで登場した。




→ 諸橋近代美術館
→ ふくみんさんのDali World

コメント   この記事についてブログを書く
« アマビエの日 | トップ | おうちのダリグッズ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

美術展など(た~と)」カテゴリの最新記事