魅惑のワインと出会う100の方法

デイリーからカルトワインまで、日々探し求めては飲んだくれているワイン屋のおはなし。

グリーンカレー-モコブラック ピノ

2016年12月29日 | ワイン 2016
宝町の「なんば」今年の食べ納め。




ちょっと悩んでグリーンカレーに。


久しぶりだったグリーンカレー。
手前のオレンジ色のはトウガラシで、これがメチャ辛!!!

長崎市内のもの、とのことでピーンと来たのが外海町の山下さん(クリック)
長崎辛味界のエースさ。

きっとそこのだよー、とトウガラシ談義。

このオレンジ色のトウガラシ1本食べきるのは結構きついでしょう。
私も半分くらいで止めましたもん。

あと、エビを3匹手で剝かないといけないのが難点ですが、味はバッチリよ。


ところでこのお店の辺りは長崎新幹線が通ることになるので立ち退きがあるかもしれません。
どうなるんでしょうね???





夜は試飲。NZのピノ・ノワール。





2014 モコブラック ピノ・ノワール
  (NZ、ピノ種、赤、税込み2千円ちょい)


淡い色合い。香りはチェリー、フランボワーズなど明るいベリー、革やシナモンも少し、
赤い花の蜜、白コショウ、石灰など。

味わいは軽やかで単純?と思いきや、時間とともに染み渡るように旨味が出てきます。
「軽くて物足りない」と言ってしまうことも可能でしょうが、開いてきてからのダシのような
旨味の広がりと柔らかさは、心地良いと思います。

やはりもうちょっと複雑味が欲しいところではあります。あと数百円安かったら
採用できますが、ちょっとのところ感があります。でもとても美味しいです。
惜しいと思います。でもグビグビ飲んでしまいます。
もちろん今夜も飲み過ぎです。

ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
« ランパス最終レポート-とも也 | トップ | ラーメン食べ納め-ラス・オチョ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ワイン 2016」カテゴリの最新記事