魅惑のワインと出会う100の方法

デイリーからカルトワインまで、日々探し求めては飲んだくれているワイン屋のおはなし。

なぜ問題にならないの?

2008年01月19日 | ワイン ~2012年
ガソリン税の暫定税率が問題になっていますね。
確かに賛否両論があるのです。今日はそれは書きません。

今日、私が問題にしたいのは、二重課税です。

お気づきの方も多いのでしょうが、

ガソリン本体価格+ガソリン税=ガソリンの価格

実はそれ自体に、さらに消費税がかかっていて、税に対して税がかかる
という二重課税状態になっています。

同様に酒税にも消費税が二重課税されています。

多分年間数千億円は下らないでしょう。「埋蔵金」なんて言い方をされて
いるお金はこういったものだと想像しています。

どうして問題にならないのか?昔からずっと不思議に思っています。



もしかしたら、酒税の二重課税分で将来?救済されるべきアル中や
ワインバカ患者がいるかも知れないじゃないですか!
もちろん私自身を救っていただきたいからこそ、強く言っているんです!

さて、明日はワイン会。恐ろしいブラインドが待ち構えています。
多分、いや間違いなく、思いっきり外しまくる予定ですが何か?


ジャンル:
お酒・お茶
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« その後のデイリーワイン | トップ | ほら、やっぱり »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
それは・・・ (aro)
2008-01-19 03:28:55
税金の問題以前にラリラリさんの憤りのご趣旨は
なぜ二重なのに、ということかと理解しましたが、
二重でもいいこともあるわけですし、
税金が二重だからといってそれが必要十分に
社会に広く還元されていれば問題無いと
思われますし、と考えますと、本来のラリラリさんの
問題提起のご趣旨は二重課税ということでは
なく、もっと具体的根本的なことだったのでしょうか?

Unknown (ラリラリ・ピノ)
2008-01-19 10:45:42
暫定という名のもとに税率を30年以上も引き延ばすのは
明らかにおかしいです。

同様に税に税が掛かるのも明らかにおかしいです。

名称をちゃんと変えればいいだけなんですけどね。

だからちゃんと議論されて、ガソリンと酒、タバコなど
は消費税を低く設定するか、
もしくは消費税は5%でいくのなら、ガソリン税、酒税、
タバコ税などをその分高く設定するか、いずれかに
しないと納得いきません。

aroさんのおっしゃる「社会に広く還元・・・」という
税の使われ方はまた別の問題として考えるべきではないで
しょうか。

って社会問題は書かないつもりだったけど書いちゃった。
ごめんなさいね。
了解しました。 (aro)
2008-01-19 12:10:39
そういうことだったんですね。
勉強になりました。

コメントを投稿

ワイン ~2012年」カテゴリの最新記事