ケアハウス ラポーレ駿河ってこんな処

静岡市にあるケアハウス「ラポーレ駿河」の楽しい生活を紹介します。

鰈の香草パン粉焼き

2018年06月04日 | 食事関係

今日のラポーレご飯! 

今日の献立は

【鰈の香草パン粉焼き・金平ごぼう・味噌汁・漬物】

です!

鰈の香草パン粉焼き…!初めて食べるメニューですがこれはスパイシーで美味しいですね

パン粉を付けて揚げているのでサクサクで食感も面白い

乾燥にんにくが良いアクセントになってご飯が進む一品です

身も柔らかく、口の中で魚の旨味とスパイシーな衣の旨味が広がってきます

食事のお供に美味しいお茶もありますよ

掛川のお茶ですがやっぱり色が良いですよね~

このお茶を飲む為だけでもラポーレで体験宿泊をする価値あるかも!?

ごちそうさまでした!

コメント

アマリリス

2018年06月04日 | ラポーレの花達

アマリリスが開花しましたので、玄関に置いてみました

かなり大きなお花なのでとっても目を引きますね…

ちなみにこのお花、ユリの様な見た目をしていますが、実はヒガンバナの仲間だそうです。

中南米原産のお花とあってダイナミックなお花ですね!外国種は何でもかんでも大きい様な気がします(笑

ボールペンと比べてみるとほぼ同じ大きさなのが分かります。

アマリリスの花言葉は

『誇り』『内気』『おしゃべり』『強い虚栄心』『すばらしく美しい』

アマリリスの花言葉は、ギリシャ神話に登場する羊飼いの少女アマリリスのエピソードに由来しています。

 

羊飼いの少女アマリリスは、同じく羊飼いの少年であるアルテオに思いを寄せていました。

しかし、アルテオは花が好きだったため、花を届けてくれる別少女に恋をします。

彼を振り向かせたいアマリリスは、神様にお願いをして、ある日1本の矢を手に入れます。

その矢で自らを傷つけ、流れ出た血からとても美しい花を咲かせます。

その花の美しさに心奪われたアルテオは、アマリリスを好きになり、咲いた花はアマリリスと呼ばれるようになりました。

 

この神話から花の美しさにちなんで「すばらしく美しい」、アマリリスが話好きであったことから「おしゃべり」、

自らの血で美しい花を咲かせたことから「誇り」「強い虚栄心」という花言葉が生まれたといわれています。

とっても魅惑的な花言葉ですね ぜひ外出の際にご覧ください~

コメント