ケアハウス ラポーレ駿河ってこんな処

静岡市にあるケアハウス「ラポーレ駿河」の楽しい生活を紹介します。

久々に 大物ガール登場

2014年11月05日 | 気になるネタ

先日 この夏にとれた まだ「みるい」娘が事務所に登場

写真の左側見てもらえます…O君2世が来たと聞くと集まる集まるおばさまたち

 

泣くか 騒ぐかとみんなで抱き合いましたが…なんと!! 

 

ラポーレに連れてくる二世のボーイ ガールはこのおばさんたちの洗礼を受け

泣くのが定番

 

なのに…このガール!!

 

うるさい おば様たちを横目に誰に抱かれても 堂々とウトウト寝てしまう!!

 

 

この図太さ誰に似たのか…お顔は見事にお父さん似かなぷっ…

 

なににしても元気に育ってくれるのが一番ですね

コメント

171年ぶりの名月☆

2014年11月05日 | 気になるネタ

◆171年ぶりの名月 広くお月見日和

秋の夜のお楽しみといえば「お月見」ですよね。
旧暦8月15日の「十五夜」だけでなく、旧暦9月13日の「十三夜」も
昔から美しい月として楽しまれてきました。


「十五夜」は中国から伝わったものですが、「十三夜」は日本独自の風習で、
「十五夜」の月を見たら、「十三夜」の月も見ないと縁起が悪いといわれていたそうです。
そんな「十三夜」の月が、今年は、171年ぶりに2回楽しめるのです!


【うるう月とは】
一般に「旧暦」と呼ばれる「太陰太陽暦」では
暦と季節のずれが大きくなって、ひと月分くらいになると
ずれを修正するために「うるう月」を入れます。


今年は通常の9月の次に「うるう月」が入ったので「うるう9月」に。
9月に「うるう月」が入るのは、とても珍しく、前回は1843年でした。
(江戸時代で、ちなみに黒船来航が、その10年後の1853年です。)


【うるう月のおかけで、十三夜が2回】
明日11月5日は、旧暦『うるう9月13日』ということで、「後の十三夜」です。
ちなみに、旧暦『9月13日』だった約1か月前の10月6日の夜は、
関東から北では、お月見にはあいにくの天気でした。
でも、上記の星空指数を見ると、


今回の「後の十三夜」は、お月見日和の所が多そう。
171年ぶりの月を、ぜひ、皆さんの目で楽しんで下さい。

コメント

次期、新車はこれだ♪

2014年11月05日 | 気になるネタ

ラポーレ在宅関係には沢山の軽自動車があります。

今回買い替えの新車は?

誤発進防止と追突防止の機能が付いてます。

ただし、運転するのは人間ですから・・・

気をつけてくださいませ

コメント