ケアハウス ラポーレ駿河ってこんな処

静岡市にあるケアハウス「ラポーレ駿河」の楽しい生活を紹介します。

南蔵院は高額当選の・・・

2014年01月12日 | 気になるネタ

JR博多駅から電車で25分。城戸南蔵院前(きどなんぞういんまえ)駅から徒歩3分の場所に宝くじ開運のお寺と呼ばれる「南蔵院」がある。世界一の大きさを誇るブロンズ製の釈迦涅槃像が有名だ。この寺の境内を歩いていると、頻繁に握手や記念写真を求められている人がいる。彼こそ、宝くじで高額当せんを果たしたこの寺の住職・林覚乗さんだ。

    

「1995年に、当時取引があった第一勧銀(現みずほ銀行)の担当者に勧められて、ユニバーシアード福岡大会の協賛宝くじを400枚買ったんです」(林さん)

 宝くじを購入した林さんは、その束を自宅の本棚の上に置いていた。そしてその隣には、大黒様の描かれたお札が。ある日、お札が風で飛ばされてしまい、近くにあった宝くじの束をお札の重しがわりに使ったのだという。

「抽せん日を迎えるまで、宝くじとお札はそのままずっと一緒に置いていました。当せん番号を確認しようと、その束をひっくり返してびっくり。大黒様のお札に触れていた宝くじが、1等に当せんしていたんです」(林さん)

 当せんの実感が湧かず、妻やお寺の職員たちにも何度も確認してもらったという。

「もしかしたら別の宝くじの発表と勘違いしているんじゃないかと思って、わざわざ銀行の担当者に番号をFAXしてもらいましたよ(笑い)」(林さん)

 前後賞も合わせて1億3000万円を手に入れた林さん。さらに、その当せん金で購入した『ナンバーズ4』で、今度は140万円を4口、計560万円が出た。

     

 林さんの“ツキ”はこれでおさまらず、その後大小合わせて30回以上の高額当せんを繰り返している。

 この「金運を招く大黒様のお札」の話はあっという間に宝くじファンに広まり、ご利益にあやかろうと南蔵院には全国から参拝客が急増した。今では年間130万人以上が訪れるまでになったという。

「ここに参拝に来て、宝くじが当たりました」というお礼の手紙と一緒に、100万円の束が賽銭箱に入っていたこともあったというから驚きだ。

         

「ありがたいことに、たくさんのかたに足を運んでいただくようになりました。特に『宝くじが当たりますように』とお願いしに来る人が多くいますが、そんな人には『ここに来る途中、ゴミのひとつでも拾うとか、いいことをしてきましたか?』と聞いています。大黒様は、そういったところをちゃんと見ているんですよ。私自身、人の喜ぶことや、人の役に立つことを心がけてきました。だからこそ、運が寄ってきたんだと思っています」(林さん)

コメント

こんな角度で撮影を♪

2014年01月12日 | ケアハウスラポーレ駿河とは?

 ラポーレ駐車場から撮影しました。

手前のまっすぐに伸びた二本の線は何かしら?

避難階段でして~真っ直ぐ1枚のガラスで「明かり採り」になっています。

オシャレでしょ

ベランダの曲線のタイルと手前の避難階段一帯のタイルは色が違います。

手前はピンク系、ベランダは紫系です。

いろいろ凝った造りになっています

コメント

今年の運勢は?

2014年01月12日 | 気になるネタ

星座×血液型48パターンで占う「男の占い」。2014年、仕事運で最も輝くのは誰か?

「職場での出世や引き立て、転職運に恵まれるのは蟹座O型と魚座O型。抜擢されたら、慣れない仕事でもチャレンジしてみる価値は、大アリです。昇給のチャンスに恵まれる年でもあるので、給料交渉に力を入れるのも忘れずに!」と語るのは、西洋占星術、数秘術などが専門の華川瑶香氏だ。

 ただし、仕事に希望が持てるのは蟹座、魚座だけではない。

「後半は、火の星座に(牡羊座、獅子座、射手座)に活躍のチャンスが巡ってくるんですが、前半はやはり水の星座の人たちの活躍が、目立ちそう。あと、今年前半、火星が長期滞在(約7か月)する天秤座の仕事運も好調。ここ数年は、働き方や収入、体力などに不安を感じることも多かった天秤座ですが、やり甲斐のある仕事や、やりたかった仕事に挑戦する機会に恵まれて、意欲も金運もアップしてきそうです」

 逆に今年、注意が必要となるのが山羊座や獅子座だ。

「この人達は、仕事運が悪いというより、リニューアル運。特に山羊座や獅子座は、環境の変化や職種の変化、心境の変化と縁がある年。特に山羊座O型と獅子座A型は、頑張ってきたけれど、イマイチ結果が出ていないことは、潔くシフトチェンジしたり、思い切って環境を変えたりすると、よい変化を起こせるかと。あと、ここ数年、仕事運が好調だった乙女座B型は、疲れが出てきやすい星まわり。でも前半、乙女座と牡牛座は対人関係や出会いに恵まれますから。とにかく名刺を配って人脈を広げておいてください」

コメント

不思議な光景☆

2014年01月12日 | 建物内の様子

食堂の入り口に数本の杖が置かれています。

食事時なんですがね?

何時も何本も置いてあるんですよぉ~

 

どんな理由があるのか~聞いてびっくりの話です。

開設以来「自立」をモットーに運営してきました。

5年も経つと~杖を使う方もチラホラ~

そこで・・・誰が言い出したのか分かりませんが

食堂に杖を持ってて来るなんて~自力で歩けなくなったら「居られないよ」そんな話が実しやかにぃ~

我々が気が付いた頃には徹底されてました。

それ以来・・・どう説明しても変わらない。

    

ガンコな方々が

もちろん、食堂内は杖も車椅子もOKです

でもねぇ~って言う方が数名いらっしゃることは間違いないようですね

コメント