ケアハウス ラポーレ駿河ってこんな処

静岡市にあるケアハウス「ラポーレ駿河」の楽しい生活を紹介します。

736万円☆

2014年01月05日 | 気になるネタ

東京・築地の中央卸売市場で5日朝、ことし初の取引となる生鮮マグロの初競りがあった。230キロの青森県大間産クロマグロが、最高値の736万円(1キロ当たり3万2千円)で競り落とされた。

 落札したのは、すしチェーン「すしざんまい」を運営する喜代村(東京)で、同社は168キロのクロマグロも672万円で落札した。こちらは1キロ当たり4万円と、1キロ単位の価格で最高値だった。

 木村清社長(61)は「年の初めに最高のスタートとなった。お客さんに腹いっぱいに食べてもらい、景気もよくなってほしい」と話した。

 初競りのマグロはここ数年、高騰が続いた。昨年は喜代村が222キロのクロマグロを1億5540万円(同70万円)で落札。記録のある1999年以降の最高値となった。ことしは喜代村と争ってきた別のすしチェーンが高値競争に加わらなかったため、落札価格が大幅に下がった。

コメント

コーヒーが胃に悪いか?

2014年01月05日 | 気になるネタ

もともと大のコーヒー党ゆえ、仕事が立て込んでいる時期などはとくに、ろくに食事もせずブラックで何杯もおかわりすることが珍しくない筆者。繁忙期のストレスと相まって、さぞ胃に大きな負担がかかっているだろうな…と怯えつつも、なかなかやめることができない。

コーヒーが胃に悪いとはよく聞く話。やはり、胃炎や胃潰瘍になる前に自重するべきなのだろうか。新宿ライフクリニックの須田隆興先生に相談してみた。

「コーヒーの飲み過ぎが胃炎や胃潰瘍の原因になる、というのはとても可能性が低いと思われます。医学的には現在、これらの病気の原因は細菌感染が主流と考えられています。その因子の筆頭格と目されているのが、有名なヘリコバクター・ピロリ菌(以下、ピロリ菌)ですね。胃潰瘍患者の9割以上がピロリ菌検査で陽性反応を示したというデータもあるほどです」

胃の好不調というのは、胃を攻撃する因子と守る因子のバランスの問題なのだと、須田先生は解説する。“守”より“攻”が勝れば、胃はやられてしまう。その攻撃因子の筆頭がピロリ菌というわけだ。

その点、胃酸の分泌を促す働きを持つカフェインは、食後には消化を助ける味方となるもの。つまり、胃を“守る因子”といえるのだ。ただし、空腹時や、すでに胃炎や胃潰瘍を患っている場合は、それが負荷にもなり得るので注意が必要だ。

「ちなみに、ブラックではなくミルクを入れて飲めば胃への負担が少ないと誤解している人も多いようですが、何を加えてもカフェインという成分を摂取していることに変わりはありません。また、コーヒーを控えめにして、緑茶や紅茶で代用したとしても、やはりカフェイン摂取という点では同様ですね」

結局、「コーヒーを飲むと胃が荒れる」とはいえないものの、胃の調子が悪ければ、悪影響を受ける恐れもある。自身の健康状態を見極めながら、適切な摂取量で楽しむのがよさそうだ。
(友清 哲)
(R25編集部)

コメント

何事もないようで☆

2014年01月05日 | 気になるネタ

このお正月休み

無時に今日で終えようとしています。

何事もなくすぎたようです???

まあ、逞しく生活されていると言うことで・・・はい

月曜日にお会いしましょう

コメント