笑ってボヤかせて

嬉しいことはもちろん ボヤくときも
明るく笑って話したい
そんな大阪のおばちゃんです。

パソコン相談から エクセル出納簿 日付が昇順にならない

2018年10月28日 | パソコン
60歳代女性の相談。

エクセルで出納簿をつけている。
数日前の分をあとから記入しても昇順に並べ替えたらいいと聞いてはいるけど、おかしくなるというもの。

USBメモリーにそのファイルを入れて持って来ておられる。
早速拝見。

日付の表示形式は「3月14日」となっている。

どういう風におかしくなるのかやって見せてもらうと。
あ、確かに。
2件ほどが前年度繰越金の前になってしまう。

このおかしい日付のセルをアクティブにして、数式バーを見てみてみると。
案の定 年が違っている。
ただし、私の予想では「2017」年だろうと思っていたが、なんと「1902」年になっている。
えらいまた昔やなあ。
シリアル値の基準日から2年後やん!?

2件だけなので、手入力で「2018」年に直してもらう。
そのあと昇順に並べ替えたらOK。

なんで1902年になってしまったのかはわからない。


秋晴れのせいか、その日の相談者は少なかった。


同僚が受けている相談を外野から見る。

60歳代かと思われる男性が、LINEの相談をしている。

姪っ子さんとLINEが開通しないそうだ。
LINEを始めたばかりの様子。
まだ「友達」はなし、その姪っ子さんとが初めてだ。

年齢認証で突っかかっている。
SMSで送ってもらったものも見えないとかなんとか。

その相談者の物言いがめちゃくちゃ横柄!
「この前の○○はいてないの?」とか。
「でけへんから聞いてんのやないか!」とか。

私も口出しして、「姪御さんと会われることはないのですか?」と聞いたら、
「こんなことで会われへん!」だと。
おお コワッ!

SMSでうまくいかないなら、もう一度E-mailでやってみるとか、いろいろ提案するが「なんでできない!」の一点張り!
聞く耳持ってない。

同僚さんは丁寧に応対されたわ。
結局うまくいかなかったんだけど、お帰りの際に「申し訳ありませんでした」って何度も謝ってた。
偉いな~~



コメント

パソコン相談から

2018年10月17日 | パソコン
60歳代の女性相談者。PCご持参で。

「市の広報で"パソコン相談"を知ったんですが、どんなことでも聞いていいんですか?」と開口一番に訊ねられる。

はい! どんなことでも、と 私。

「パソコンを覚えようと思って商工会議所がやっているパソコン教室に通ったんですが、ちょっとした分からないことを聞いても、また別の講座を受けてくださいと言われて・・・」
埒があかないご様子。

で、ご相談は、写真のフォルダが同じものがあるので何でや?というもの。

先ずはピクチャの写真を見せていただく。

アドレスバーには、PC⇒ピクチャー⇒フォルダー名 と出ている。

さてさて、相談者はカメラメーカーの画像整理アプリを入れておられて、その中にも同じフォルダがあるとおっしゃる。

そのカメラメーカーの画像整理アプリから同じフォルダを見せてもらう。

そして、アドレスバーを確認すると、ピクチャから開いたのと同じ、PC⇒ピクチャー⇒フォルダー名 となっている。

それでフォルダは同じものがふたつあるように見えているけど、実は同じひとつのものを見ているんですよ、と説明する。

なので、削除する必要はないです。

そうそう、それからそのカメラアプリ曲者で、ワードを印刷しようとして、印刷プレビューから印刷をクリックすると、カメラアプリのプレビューウィンドウが開いて、そこから印刷に進めないのだ。

そのカメラアプリ必要そうなので、カメラメーカーへ問い合わせてみるそうだ。

他にもPC起動のたびに「ワンノートになんちゃら」っていうポップアップが出るのが嫌だと言われる。

スタートアップのアプリを整理して解決。

こういうちょっとしたことがわからなかったり、不安だったりするのね。

とても感謝してくださった。


コメント

9月ももう終わり

2018年09月30日 | 日記
夫の仕事の引継ぎや後処理。
今月でちょっと一息付けそう。

その夫は施設に入所で、地震が起きようが台風が来ようが家族の中で一番安全安心だ。

今も台風24号が近づきつつある。
どうか被害小さく早く通り過ぎますように。

内館牧子の「終わった人」を読んだ。


男の眼から見た定年退職後のお話。
最後大金をなくしてしまうのは妻の身からすると大変悔しくて許せないけど、まあいい旦那さんじゃないの?
他人事だから言えるのかもしれないけど。

内館牧子を読むのは2回目。
1回目は「十二単を着た悪魔」。
これもすごく面白かった。

実は内館牧子さん、あんまり好きじゃなかったけど、2回も面白かったので好きになるわ。
大相撲の横綱審議委員会委員を辞めてから、実は稀勢の里が好きだったと打ち明けたとこも可愛かったし。

26日(水)は、ワードで案内状を作る講習会のサブに入った。
対象者は「文字入力ができる人」だったにもかかわらず、一文字一文字「ローマ字50音表」を見ながらっつう女性受講者がいて、サブ3人のうち誰かが交代で付きっ切りになる。
最初は親切に対応しているが、内心だんだん腹立ってくる。
だって、口だけは非常に達者なんだもん。
でも、お客様お客様!
サブが3人いて良かった。
最初から最後までだときっとブチ切れると思う。

28日(金)は「エクセルの基礎」の講師。
サブより講師の方がよほど楽だわ。

上の孫の入院もありいの、慌ただしい9月だった。
あ、病気の方はなんてこともなかったんだけど…
15歳以下は小児病棟に入れない規則でしょ。
だから両親が病室に行っている間は私が下の孫を見てなくちゃならない。
下は11ヶ月でママのおっぱいが必要、だからママと離してうちで見るわけにはいかないの。
夜は息子が付き添った。
休暇を取って。
昼間は上の孫が入院病棟から出て来て、デイルームやレストランやキッズルームやらで家族で過ごした。
先生の診察や看護師さんのお熱測りのときは、両親の携帯に連絡が入りお部屋に戻る。
スタッフも事情を理解してくださっているので「元気で病室にいないね」とおおらか。
私も含めてみんな1週間よく頑張ったね!


コメント

お上りさんしてきた

2018年08月29日 | 旅行
息子が単身赴任で東京にいる間にと、お上りさんしてきた。
妹と。

金曜午後に東京に着く。





皇居に向かう。

二重橋で。



浅草寺へ。



スカイツリーへも。


展望デッキ(350m)に上る入場料は2,060円。

ガラス床は割れないとわかっていても、恐る恐る歩く。
子どもが普通に乗ってくるので、思わずそんなにドンドンしないでと言いたくなった。

夕暮れを楽しむ。



ホテルにチェックイン後、近所で夕食。
今晩はラーメンでもいっかと、ラーメンの看板を見て入ったところ、老舗の中華料理屋さんで大当たり!
餃子がジューシーなこと!?
老舗の中華料理屋さんと言えど餃子は外せない。


翌日は息子も一緒に東京見物。
普段なかなか行くことができないからと言って、こちらの行きたいところに付き合ってくれた。
駅探アプリで行き方を見なくて行けるのは嬉しい。

築地市場で朝ごはん。
すしざんまい本店で。

サザエのお造り。




築地のもう一つの名物 卵焼きを3人でシェアする。

100円。
甘口で美味しい。


靖国神社へ詣でる。


今まで戦争を起こした日本ということで何か肩身が狭かったけど、ここへ来て気持ちが変わった。
こちらにはこちらの事情があったのだ。

決して戦争を賛美しているのではなくて。
日本を大事に思った。
愛国心ではなくて祖国愛ね。

歴史は、勝った者が作るということは知っていたはずなんだけどね。
淀の方が悪者になったように。

こんな気持ちになるなんて、なるほど よその国が靖国神社を目の敵にするわけだわ。


月島でもんじゃを楽しむ。
明太子とお餅、チーズのトッピング。



官庁街を歩く。
さすが日本の首都だわ。
道路も広々、木々もたっぷり。




夕食は、浅草で駒形どぜう。



ホテルに帰る前に、息子のマンションをチェックする。

途中、上野で乗り換えるので ちょっと足を延ばし西郷どんをみる。


さて、部屋は週一掃除すると言うだけあって綺麗にしていた。
冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機、テレビ、パソコン、椅子1脚のみ。
台所はビール缶や酒瓶が…。
調理は皆無やろな。
大家さん喜びそう。

「もうあと少しの間、頑張って仕事しいや」
「今日は一日ありがとう」と言って息子と別れる。


三日目は午後ののぞみで帰るのでそこらをブラブラする。


新宿、都庁の展望台へ上がりお茶する。



原宿にも足跡を残す。


日曜日で高知のよさこいソーランのパレードをやっていた。
暑いのに元気に踊っている。



銀座を歩いてから、東京駅そばのKITTEビルでお昼。
ここが想定外!
なんと大相撲巡業 KITTE場所をやっていて超混み!

お蕎麦いただくのに思いのほか時間がかかった。
夏野菜揚げのぶっかけ蕎麦。


美味しかった。
そんなに味濃くなかった。
そっか、お蕎麦は大阪も変わらないんだ。

しっかり遊んだ3日間だった。
関西人としては、あんまり東京って好きじゃないけど・・・。
ん! 少し好きになった。

コメント

何べん銀行に行くねん!?

2018年08月21日 | 日記
昨日 銀行をハシゴした。
全ての用を済ました!

と思ったら 一件やり残したことに気付く。
先月末時点の残高証明を取るのを忘れてた。
これ、今月のはじめからズ〜〜ッと忘れているやつ。

次の機会に、次の機会にこそと思っているうちに、とうとう待ったなしになって、今日また銀行に行く。

確か手数料がかかるはず、と金額欄ブランクにして銀行印を捺した出金伝票を持って行く。
私にしては気が利いている、と意気揚々。

銀行で窓口の人に、残高証明発行依頼の書類を書かなきゃいけないと言われる。
印鑑は自宅だ。

書類をもらって出直す。
トホホ・・・

去年そんな書類書きしたっけ?
ぜーんぜん記憶にないわぁ〜
この記憶にないのが一番怖い

コメント