笑ってボヤかせて

嬉しいことはもちろん ボヤくときも
明るく笑って話したい
そんな大阪のおばちゃんです。

アゲハの幼虫 角臭~い

2022年05月19日 | 日記
虫と園芸と妖怪が好きな4歳孫。

アゲハ蝶を観察したくて、アゲハ蝶が卵を産み付けるレモンの木を買ってもらった。


そしたら思惑どおり卵が産み付けられたらしく、幼虫発見。


なんとこんなににたくさん!


虫嫌いの私も、さすがに慣れたわ。苦笑

孫が指でチョンと触れると、黄色い角が出た。


ところが大変!?
孫は「指臭い~~~!」と大騒ぎ!
ハンドソープで洗ってもまだ「ウゲ~~」っと言っている。
調べると黄色い角は「臭角」で、幼虫の時にだけあって危険な目にあったときに臭いを出すらしい。

その後は、黄色い角を見たいときは綿棒で触れている。


今、わが家の小さな庭はパンダスミレが盛大にはびこり花盛り。


昨年、ツマグロヒョウモンの幼虫に食われて丸坊主になったのにパンダスミレ強いね~~
パンダスミレは世話いらずで助かるわあ。
昨年の様子。





さてさて、孫の絵本。
きみのとなりに いる リアル妖怪図鑑

これの猫又のページに載っているこの中央のネコちゃん。


うちのナンちゃんにソックリ!!!
毛色も顔も。
下はナンちゃん。


家族中で「そっくり!」「ナンの親ちゃう!?」などと言い合っている。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ねこ首輪なしに

2022年04月28日 | ねこ
動物病院でナンちゃんを見てもらったときのこと、先生に「首輪がきつい」と言われた。

実は、ナンちゃんと暮らし始めたころのこと。
なんかニャゴニャゴ言うなと振り向くと、ナンちゃん、首輪でさるぐつわ状態になっている。
ナンちゃん必死で「なんとかしてくれい!」と訴えていたのね。
かわいそうによだれでべとべとになっている。
「ごめんねごめんね~~~」と慌てて外す。

そのあと観察すると、どうやら毛づくろいで胸をペロペロしているときに首輪をくぐってしまい口にはまるようだ。
それ以来首輪の余裕は、指2本入るぐらいより気持ちきつい目にしていた。

先生に指摘されてから思い切って首輪をやめた。


お外には出ないので、別に首輪を付けて飼い猫アピールしなくてもいっか。

首輪のせいで毛並みが分かれ段になっていたところも奇麗になった。


でもちょっと可愛い首輪にはあこがれるけど。





妹と実家のお墓参りに行く。
お墓の父には申し訳ないけど、お墓参りを口実にドライブとランチを楽しむ。
以前行った、たんば黎明館の中にある「ル・クロ 丹波邸」というフレンチレストランに行くと、なんと臨時休業!

でもまだまだ美味しいお店はいっぱいあるのでめげない。

築100年を超える町屋を改装したイタリア料理店オルモ。

地元の食材を使った前菜。


私は鉄板のキノコとベーコンのパスタ。


妹は、ホタルイカ。


姉妹なので、コロナもへったくれもなくシェアして両方いただくのだ。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

パソコン相談から

2022年04月19日 | パソコン
60代の女性相談者が、クロームブックを持ってこられた。

このクロームブック、小二の孫も学校指定で買っている。
特に孫から何も聞かないので普通に使えているんだろうな。


起動はパスワードを入れるだけ、終了はログアウトするだけ。

マイクロソフトOffice Wordに相当するものがドキュメント。
Excelに相当するものがスプレッドシート。
個人的にはGoogleスライドをよく使っている。

いずれもGoogleドライブに保存されていく。
Officeで「名前を付けて保存」手順に慣れている者は、そこが何となく腑に落ちない。

相談はUSBメモリに保存したワードやエクセルを見たいというもの。
クロームブックにはワードやエクセルは入っていないんですよ。
でも、ドキュメントやスプレッドシートで開いて見ることができます。
編集もできますよ。
編集したものを、またワードやエクセルで保存もできますよ。


暖かくなってきたとはいえ朝晩は肌寒いこともある。
ストーブを付けると、ナンちゃんもこのとおり。


やっぱり寄ってくる。
でも真冬のころに比べて距離が遠いなあ(笑)


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

やっと春休みが終わった!

2022年04月12日 | 日記
春休み中、小二の上の孫は学童保育がある。
下の年中孫は、スプリングスクールに通わせている。

とはいうものの、何日かは空白の日があって私が見ることとなる。



上の孫と二人、とんかつ屋さん(かつアンドかつ)でランチデートを楽しんだ。

私はひれかつ膳、


孫は渋く味噌ロースかつ膳。


最近、うちではとんと揚げ物をしなくなった。
久しぶりの揚げたてとんかつは最高!

孫も「美味しかった!」と付け合わせの大量の刻みキャベツまで完食した。
なのに、「でもラーメンの方がいい」だと!



下の孫は、ただいま妖怪にはまっている。
「すきまおんな(隙間女)だぞ~~」

おお怖っ!

下の孫を見る日は自分のことはなあんにもできない。



春休みが終わってやれやれだわ。
ナンちゃんもそう思うよね。






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ねこ主治医の変更

2022年04月03日 | ねこ
1月にナン持病のネコ風邪が出た。
クシュッ! プシュッ! ブシュッ! と何回ものクシャミの最後に黄色い鼻汁をブシャっとまき散らすのだ。


行きつけの動物病院に行くと、いつもの注射ではなく今回初めてお薬が出た。
錠剤で、一日1個、一週間分、砕いて飲ませてもいいとのこと。
レントゲンも撮られたが、鼻汁以外は問題なかった。

帰宅後、ちゅ~るの口を切り、砕いたツブツブを押し込んで揉み揉みして混ぜてからいつもどおり与えると、ツブツブはペット吐き出す。
そのうち、ナンは疑いの目でちゅ~るを見て舐めなくなった。

翌日、動物病院に行って、お薬を飲ませてくださいとお願いした。
先生、「今日は何とか飲ませられたけどもう無理ですね」と。
レントゲン撮るときに、ナンちゃん相当嫌がったそうだ。
なので「明日からは、連れてこないで」とのこと。

もう少し親身になって薬の飲ませ方など指導していただけたら良かったのだが。

ネコ お薬の飲ませ方、いろんなYouTubeを見た。
結果、砕いた薬を少量のちゅ~るでペースト状にして、唇の裏に塗り付けるというのが一番良かった。
それでもお薬の半分ぐらいがお腹に入ったかなあって感じ。

そんな飲ませ方でもお薬はよく効いた。
鼻汁は1週間しないうちに出なくなった。
もちろんお薬はええ加減な飲ませ方ながらも最後まで飲ませた。



さてさて、先日また黄色い鼻汁ブハッが始まった。
またあの先生のところに行くのはどうもね~~
お薬はよく効いたんだけど・・・

思い切って別の動物病院に行った。
ナンを飼い始めたころ、市主催の講座「初めてネコと暮らす」に参加したが、その時講演された女性の先生だ。

行って、まず驚いたのは、先生がナンを抱っこしてよしよししてくれたのだ。
前の先生はそんなこと一度もなかった。

治療はたぶん前の先生と同じだと思われる、注射2本だった。
でもその注射を打つ時、私に「頭を撫でてあげて、もっと強めに!」と指示された。
「紛れるでしょ?」と。

この先生のお世話になろうと思った。

ナン専用のフード!? と思ったら「コーナン」の「ナン」だった。


ナンちゃん、やっぱり少し太り気味だとか・・・


別のメーカーの体重ケア用のフードを紹介された。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする