頼成(らんじょう)の森だより

半夏生には早いですが、半夏も・・・

田んぼの畔で
ハンゲ(カラスビシャク)をみつけました。大分、早いように感じますが・・・?
昔は、半夏生の頃( 7 / 1)、天地に毒気が満ち、半夏(ハンゲ)という毒草が生ずると考えられた。




余り毒気が満ちてはいないのですが・・・?
 新型コロナウィルスという厄介者な毒が今、世の中に、充満しているようです。
新型コロナウイルス感染症に罹患された方々および関係者の方々に謹んでお見舞い申し上げます。

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「季節」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事