Randonneur旅日記

おじいちゃんの自転車一人旅
輪行サイクリングと
のんびりポタリング

白鳥のヒナ誕生           2020年5月8日 金曜日

2020-05-09 10:02:29 | サイクリング・自転車旅
 手賀川の岸辺の何か所かに、卵を温めている白鳥のつがいがいた。その中の一組のつがいにヒナが誕生していたんだ。



 ヒナたちは毛づくろいをする親鳥の近くで、いかにも楽しそうに、無邪気に泳ぎ回っている。怖いことも、悲しいことも、まだ何も知らぬ様子で、この世に生まれたことがただただ楽しくて仕方がないという風なのだ。日の光にきらめく水面をあっちへ行ったり、こっちへ来たり、自由に、はしゃぐように泳いでいる。
 小さな生き物を見ていると、本当に心が温まる。その対象は人でも動物でも同じだ。まだ卵からかえってそれほど日が経ってはいないのだろう。ヒナたちはとても小さい。丸々としていて可愛い。天真爛漫そうに見えるその動きも、見ているだけで心がほっこりしてくる。いつまで見ていても飽きることがない。思わず知らず頬の筋肉が緩んでくる。 
 ヒナたちは、怖れや怒り、そして悲しみや憎しみといった、生きていくうちで必ず味わうことになるだろうことをまだ知らない。もっとも、それらを認識し、意識できるのは人間だけだと思うけれど、そうした場面にはまだ遭遇することもなく(たぶんまだ遭遇はしていないだろう)、明るい初夏の日の光のなかで、水面をただただうれしくて仕方なく、楽しくて仕方ないという風に泳ぎ回っている。彼らの周りで、時々跳ねる水がキラキラ光る。
 そんなヒナたちを目で追いながら、どうか無事に成長してほしいと、思わざるを得なかった。





コメント   この記事についてブログを書く
« 三宝院の山門       ... | トップ | べつの巣でもヒナが誕生した... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

サイクリング・自転車旅」カテゴリの最新記事