Randonneur旅日記

おじいちゃんの自転車一人旅
輪行サイクリングと
のんびりポタリング

三宝院の山門                2020年5月2日 土曜日

2020-05-03 11:44:58 | サイクリング・自転車旅
 今日もまた、手賀沼へ出かけた。
 大津川沿いの風景。冬の間は、民家の背後の崖の上の木々は竹箒を逆立てたような姿だったんだ。



 ここは手賀沼に近い大津川の土手上の道だよ。



 手賀沼の水面には、冬の間見られなかった白いヨットの帆が走る。



 連休三日目の今日は、ランナーや自転車がいつもより多い。さすがにマスク姿がほとんどだ。



 手賀川沿いを走って行く。卵を温めている白鳥の姿だ。いつヒナの姿が見られるのか、ここを通るたびに楽しみにしてるんだ。どうか無事にヒナがかえるといい。



 すでに田植の済んだ田んぼがそこここに見られる。季節が進んでいる。



 木下万葉公園の駐車場の手前から右へカーブしている道へ行ってみる。



 左手に万葉公園のローラー滑り台が見えるが、子供の姿は少ない。



 右手の細い道へ入り、国道の下をくぐる。



 いい感じの静かな道が続くよ。



 20%はありそうなこの急勾配を上りきると、車が頻繁に通る県道に出る。外出自粛の御触れが出されている今、車で出かける人が多いようだよ。



 県道へ出て左へ少し進むと、三宝院という寺の入り口があったんだ。



 石段を上ると、左側にお地蔵さまが並んでいる。





 一石二地蔵の石仏が三つ並んでいる。六地蔵ということかな。その横には如意輪さん。



 苔の生えた参道とその先の山門。味のある、とてもいい雰囲気だよ。これを見ただけでも、ここへ来た甲斐はある。





 三宝院本堂前の恵比寿さん。
 三宝院は、稲荷神社を管理するために置かれた寺なんだね。





 三宝院の前、県道を挟んだ向かい側に、三宝院が管理する稲荷神社の赤い鳥居があり、さらにその先に見える石段を上がると神社の本殿になる。





 竹袋稲荷神社・本殿だ。





 本殿の左手から始まる「ふれあいの小径」へ入る。距離は短いがなかなかいい。





 さらに先へ進むと、道は階段になる。ここは自転車を担いで下りるよ。





 「ふれあいの小径」の途中から、田んぼに挟まれた道へ。
 日差しがまぶしい。夏の日差しのようだよ。



 腐りかかった落ち葉の溜まった急坂を上るよ。



 ともするとタイヤが滑りそうな急勾配だけど、雰囲気は申し分ないね。



 薄暗い坂を上りきると、明るい畑が広がる。




 
 走りなれた長楽寺下の谷津道だ。
 柿の木の新緑がとてもきれいだったよ。


コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 木下貝層を訪ねてみた   ... | トップ | 白鳥のヒナ誕生      ... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (奥田茂雄)
2020-05-06 23:27:21
相変わらずお元気そうでこの時節何よりです。
北総の谷津道、やはりいいですねえ。
僕もなかなか遠出もためらわれるし、公共駐車場が閉鎖されてたりしますので、このところは近所の自転車散歩ばかりです。まあそれも楽しくて飽きはしないのですが。
早く気兼ねなく出掛けられるようになって欲しいものですね。

奥田茂雄
Unknown (みみ爺)
2020-05-07 08:34:38
奥田さんもお元気そうで何よりです。でも、奥田さんは、仕事が無くなってしまったのではないでしょうか。私は、そもそも年金暮らしなので、細々と生きていくことはできております。もちろん贅沢はできませんが。
車を利用して、あちこち回っている奥田さんも不自由していると思いますが、私も奥多摩や秩父方面には出かけることができず、悶々とした日々を送っております。電車に乗るのがためらわれるし、県外へ出ることも躊躇しますから。それで、近いところを走っているんです。手賀沼方面へは週に2~3回でかけています。道はほぼ走り尽くしている感じで、新しい道を求めると距離がどんどん伸びていくんです。で、このごろはへとへとになって帰ってくる始末で、午後は、何もする気がなくなり寝てしまうのが常です。
今後もコロナに気を付けてください。
いつか一緒に自転車で走れるといいですね。
Unknown (奥田茂雄)
2020-05-07 17:08:44
お気遣いありがとうございます。失業というか、引退が繰り上がったというか(笑)。何十年も楽器弾いたのでしばらくお休みもいいかなあと。僕も年金生活の仲間入りです。

奥田茂雄

コメントを投稿

サイクリング・自転車旅」カテゴリの最新記事