心の風景

晴耕雨読を夢見る初老の雑記帳

新井満が歌う「ふるさとの山に向ひて」

2018-12-20 23:50:10 | Weblog

 今朝、娘から電話がありました。孫長男君に続いて旦那までもインフルエンザに罹ったのだと。ついては孫次男君を預かってもらえないかと。家族全員がインフルエンザに罹らないようにという母親の判断ですが、夫婦ともに仕事をしていることを考えるとやむを得ない措置ではあります。ということで、きょう孫君を幼稚園に迎えに行った家内は、そのまま孫君を連れて我が家に帰ってきました。孫次男君、一人でお泊りするのは今回が初めてです。今夜はお婆ちゃんと一緒に眠りました。
 そういえば、今朝、谷町筋のビジネス街を歩いていると、マスクを被った人がちらほら。急に寒くなったり温かくなったりと、気温の変化に身体が追いついていないからでしょうか。でも、それだけでもなさそうです。年も押し詰まったこの時期、連日の忘年会で抵抗力が弱っているのは確実です。私自身、昨日の忘年会でひと通りのお付き合いは終わりましたが、この歳になっても勢いに任せて結構いただきますから、身体がダメージを受けているのは間違いありません。
 そんなヤバい時期に、3カ月毎の定期診断がありました。若い女医さん、血液検査の結果を見て、にやり。「そろそろお歳を考えてくださいね」と優しく窘められました。数値の悪化はこの時期特有のことと受け止められたご様子でした(笑)。
 そしてきょうは、ことし最後の会議でした。ひと足早い「仕事納め」。10月から慌ただしい日々が続きましたが、ここでひと休みです。仕事ではないと言いながら、けっこう拘束される日々が続いたので、家内の目論見が外れた格好です。google siteを使ったホームぺージもなんとか間に合い、きょう正式に公開できました。やれやれ。
 そう言えば、出雲の姉にお歳暮のお礼を送ったところ、甥からお礼のメールが届きましたが、実は宅配便が届いた後、その品をどこにしまったのか忘れてしまったよう。皆で探したら2台ある冷蔵庫の奥にしまってあったのだそうです。電話では元気そうでも、やはり認知症は徐々に進んでいます。甥には親孝行と思ってサポートしてやってほしいとお願いをしておきました。
 あんなに元気だった姉が、と思うと、なんとなく古き良き時代のことが思い出されます。最近、自宅から駅へ向かう道すがら、あるいは電車を降りてオフィス街を歩いているとき、ぼんやりと街の風景を眺めながら、新井満の歌「ふるさとの山に向ひて」を聴きます。

 ふるさとの山に 山に向ひて♪
 言うことなし ふるさとの♪
 山は あ~ ありがたきかな♪

そんな曲を聴きながら都会の喧騒のなかを歩く私がいます。この曲は石川啄木の詩をもと新井さんが作曲して歌っていますが、その声が曲想にマッチしています。
 手元にある石川啄木全集、といっても昭和3年11月30日改造社から出版された初版本です。この歌は、全集第3巻「詩歌集」に掲載されている「一握の砂」の「煙」の二に登場する詩です。あの有名な「ふるさとの訛りなつかし 停車場の人ごみの中に そを聴きにゆく」で始まる詩です。
 今週の授業「島崎藤村文芸の意義」を聴いて、なんだか急に文学青年になった私でありました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 慌ただしい最中に「旅」企画 | トップ | 14歳を迎えたブログ「心の... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (つわぶき)
2018-12-21 05:54:50
ran_coffeebreakさんへ

お元気そうで何よりです。
いろいろと充実した毎日を過ごされているご様子。
こちらまで元気をいただきます。

ご家族に 心配事があるというのは、大変ですが、その場その場で一番良い対応を
していくしか無いのかな?と思いますね。同世代と言うのは多かれ少なかれ
同じような問題を抱えてますね。
お孫さん、ちょっとだけ 家から離れて寂しいかな?でも おばあちゃんと一緒で、心強いでしょう。

来年早々に、歩かれるようですね。
観自在寺は、私にとって特別なお寺です
若い時に病をえて、
母が そのお寺で お守り(小さな神札、米粒が入っています)をいただき、もし病気が治ったら そのお寺に返すと良いと
渡されました。そのお札を 堂内に入り訳を話し 供養していただきました。もう
30年以上も、ずっと持っていました。
ぼろぼろになってましたが、やっと返せました。ご住職も、良く今まで持ってましたね。と言ってくださいました。

ran_coffeebreakさんも、いろいろと用事のある中、歩かれる。是非 元気で、行って来てください。
お気をつけて。
「ふるさとの山に向ひて」 (ran_coffeebreak)
2018-12-21 16:49:09
つわぶきさん
コメントをありがとうございました。

今年もあっという間ですね。もう10日もすればお正月です。そんな慌ただしさに右往左往する今日この頃ですが、そう言いながら結構楽しんでいます。お気軽なものです。

そうですか。観自在寺には深いご縁があったのですか。それもずいぶん昔からのご縁。心の拠り所でもありますね。そういう出会いを大事にしたいものです。私も年に一度か二度帰省しますが、時空間の違いに戸惑いつつも、古き良き時代を思います。まさに「ふるさとの山に向ひて」です。

遅れていた「歩き遍路」。さきほど帰りの高速バスの手配が終わり、これで準備万端です。今年の1月には阿波の国を歩きましたが、1年かけていよいよ伊予の国入りです。2,3か月に一回のペースだと、もう1年かかりそうです。ただ、これもまた「ふるさとの山に向ひて」です。

インフルエンザが流行り出しているようです。つわぶきさんもお身体にはお気をつけて。良い年をお迎えください。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事