じいじの独り言

気持ちだけは 少しでも若くありたい。
そんな年寄りが ボケ防止のために始めた
ブログです。

消防団

2016-07-31 14:38:35 | じいじの独り言
今日は 消防操法大会







今日の大会は
市町村大会で 優勝した
代表チームが 出場する「京都府大会」



5人の チームワークで
ホースを伸ばして 火点に放水し
その技術を 競うもので

いかに 正確に 早く 正しい姿勢で
処理するか などが 争われる



さすが 各市町村で選抜された
代表チームだけあって

どのチームも
きびきび した動きで 実に 素晴らしい

見ている だけで
背筋が ピーンと してくる



数ヶ月間に わたって

休日は勿論のこと 仕事を終えた夜間も
厳しい練習を
重ねて こられたに 違いない


選手の皆さんからは
自信と誇りが 感じられる


今日の 猛暑の中

練習の成果を 遺憾なく発揮された
選手の 皆さんに
心から 拍手を 送りたい



その一方で

いくら 操法の技術を 磨いても
実際の 火災現場では
何の役にも 立たんだろう

そんな 冷ややかな 声も 聞こえる

確かに 操法の技術が
実践で 活かされることは 少ない



同様のことが
消防団の 日々の訓練にも 言える

礼式や 歩行訓練が
火災や 水害の現場で 役に立つことは
殆ど ない


いづれ
こうしたことは 見直される 時代が
やってくるのかも しれない



けれど
消防団の 操法であれ
礼式であれ 歩行訓練であれ

どれほど 実践で 役に立つかを
論じる以前の 大切な ものがあると
じいじは 思っとる


団員の 強い精神力を 養うこと
そして
固い結束力を 育てることである




そもそも 消防団は

自衛隊や 警察のような
プロの「職業人」と違って

いわば 民間のボランティアである

それぞれが 自分の 仕事を 持ち
職場も違えば 生き方も 考え方も
全く異なる 集団である


共通するのは
自分達の地域を 自分達で 守ろう!
その 熱い思いに 尽きる



消防団の訓練が
礼式であれ 歩行訓練であれ

全員が 約束事を 忠実に守って
自らの 精神力を鍛え

組織的な行動を 通じて
集団としての 結束を 固める


実に 意義深い ことでは なかろうか


人と人との 絆が薄らぎ
無責任な若者も 見受けられる中で

礼式を 重んじること 一つが
忘れ去られる ことの ないように
したい ものである



ある 高校の校長先生が
消防団の訓練を ご覧になった

高校在学中 手に おえない
「ワル」であった卒業生が

消防団に 入って 数ヶ月後
見違えるように 成長した

礼儀正しくなって
率先して 雑用をこなしている


そんな姿を目にされて

学校の教育と 消防団の教育訓練の
違いに 驚かれていた



一見 無意味に見える 礼式訓練が
実は 一人の人間を 立派に育て
大きく変えてしまった


消防団の 果たしている 役割を
改めて 痛感した 出来事である



いつの時代に あっても
忘れては ならない
大切なものが あることを

消防団から 教わった 感じがする



消防団には
これからも 大いに 頑張ってほしい❗












コメント

認知症の始まり

2016-07-29 23:01:24 | じいじの独り言
人の名前が 出てこない!
物の名前が 出てこない!
適当な言葉が 出てこない!



同じ職場で
何年も 一緒に 過ごしたのに …

どうしても 思い出せない (-。-;)

いや!
殆どのことを 覚えとるのに
名前だけが 出てこない


そんな ケースが
どんどん 増えてきた (^^;


何かの拍子で
ふと 思い出すことが 多いけど

それまでが
気になって 仕方ない ('_'?)



仕事してた 頃は

周りから 羨ましがられるほど
多くの仲間や 弟子が いて

その 一人一人と
実に 親しく 付き合ってきた🎵


ところが
仕事を 離れると 同時に


人との 出会いが
極端に 少なくなって

人の名前を 口にする 機会が
殆ど なくなってしまう


その結果
人の名前が 思い出せない
物の名前も なかなか 出てこない (^^;


これこそ
認知症の 始まりに 違いない!



出てこないのは
名前だけ ではない

言葉も 思いつかないことが 度々 ('_'?)


この場面なら
この言葉が 最適や ‼

そんな言葉が 見当たらない ⁉


現役の 頃は

あちこちで
話を することが あったし 🎤

講演を 頼まれても
1時間くらいなら
原稿も何も 要らんかった 📑✏


大学や 高校で 話を したときも
みんな 身を乗り出すようにして
熱心に 聞き入ってもろた

それなりに 説得力のある
話をしとったに違いない



ところが 今は・・・
人前で 喋る機会も 殆どなくなり

日常の会話ですら
適当な言葉が 出てこない


そうなると
喋るのが 億劫に なってくる (/-\*)

どんどん
無口に なっていっとる 気がする


やっぱり
認知症の 始まり なんやろなぁ (^^ゞ



ところが
不思議なことに・・・

忘れよう!
忘れてしまわんと あかん!

そんな ことに 限って
どうしても 頭から 離れない

厄介な ことやなあ (^^ゞ


まぁ
時間が経てば そのうちに
薄らいで いくかもしれん

それまでは
無理して 忘れようと せずに
大事に 残しとくことに するか (^^)


コメント (2)

無精髭

2016-07-28 23:44:43 | じいじの独り言
アタマの ほうは
まだ 大丈夫やのに


無精髭は 白いのが
伸びてくる

しかも 顎髭だけが 白い


そう言えば

◯◯毛にも
白いのが 混じってきたなぁ (^^;

これは
写真で UPできんけど …


下のほうから 順に
白くなるんかな?



何で しらがに なるんか

わ・しらが・
知らん ことやけど (^^ゞ


コメント (2)

悔しい~😠⚡

2016-07-28 00:03:57 | じいじの独り言
ツーリングを 終えて
ご機嫌で 実家に 寄ってみると…

なんや~~~ 😱❕



家庭菜園が 無茶苦茶に
荒らされとるではないか!


ようやく 食べられそうになった
スイカは🍉

小ちゃ~いのだけ 残して
20個ほどを 完食!


メロンも 🍈

そろそろ 色づいてきて
楽しみに しとったのに
12個を ペロッ!

跡形も あらへん (-。-;)


カボチャは🎃

10個ほど あったのが
食べかすだけ 残して
全部 ご馳走さま!

娘のところに 届けてやろう
と 思とったのに … ┐(-。-;)┌


ほかにも
サツマイモの ほうは🍠

半分ほど残して 荒らされとる

まだ 実が ついとらんから
ちょっと 残したんかな?



誰や? 犯人は・・・


畑の 周囲の ネットは
壊されとらんのが 不思議や ❔



先日 大群で散歩しとるのを
目撃した 豬か?

ネットを 軽々と 飛び越えて
侵入してきた 鹿か?

それとも… ?


今度 見つけたら 全部 捕らえて
「ジビエ」にしてやる 🍴


コメント

天橋立

2016-07-27 12:54:47 | じいじの独り言
この夏 初の ツーリング!


まずは 近場から・・・

ということで … 宮津は 天橋立に!


日本三景の 一つに 数えられる 名勝

3 . 3 ㎞ に及ぶ 細長い 松林が
宮津湾を 塞いでしまっとる ⤴⤴



イザナギノミコトが
天に架けた 梯子が 倒れたものらしい

そんな 梯子で
天に 登る つもりやったんかな?

つっぱりも なしで
そら 倒れるわな (^^)



「 大江山 いく野の道の 遠ければ
まだ ふみも見ず 天橋立」

小式部内侍は
天橋立に 来たことが ないみたいや


じいじは
数年前までは 仕事で 度々 来たけど
いつも 列車やった 🚃

「大江山 長いトンネル 一眠り
まだ 目も覚めず 天橋立」

福知山から 特急に乗ると
山の中 ばっかりやし 🗻

ほんの 一眠りしとるうちに
宮津の海が 目に 飛び込んでくる 🌊



今日は 舞鶴から 海岸線を走ったら
途中の景色も なかなか素晴らしい❗


由良の海水浴場 から 奈具海岸へ


海水浴客が ちらほら… 🏊




山椒太夫の もとに
売り飛ばされた 安寿と 厨子王!

安寿姫が
日々 潮くみを させられた 浜や 😢💦





荒れ狂う 冬の海は
怒っとる みたいやけど 😠⚡

夏の海は 静かで 良いなぁ 🎵




次は 東尋坊かな❕

誰か 一緒に行こか ♪♪

コメント