そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

エリジウム

2013-09-27 | 劇場映画れびゅー
世界観の徹底した形成と、不条理過ぎる展開、目新しすぎる撮影技術がすこぶる面白かった『第9地区』監督作というのを頼りに『エリジウム』を観てきました。
★★★

今回も世界観の形成が完璧で、より磨きのかかったユニークな撮影方法に魅せられたけれど、『第9地区』を★4つにしてしまっているので★3.5個にしてみました。
完成度と独創性で言えばあちらの方が上だったので。

『第9地区』で脚光を浴びたおかげか、本作では超一流スターを起用しての映画作り。
最近はめっきりアクション付いてしまったマット・デイモンが、ニール・ブロムカンプ監督の描く不条理過ぎる目に合う主人公を演じています。
影のある主人公はマット・デイモン、アクションもマット・デイモンで、本作に一番似合うキャスティングに監督も大満足でしょう。

しかし、一点私は見逃さなかった。
監督が思ったよりも筋肉の上に贅肉が乗っていたのでしょうか、冒頭上半身を露出していたデイモン閣下の腹には思いっきりボコボコに割れたシックスパックを“書いて”います。
あんなに書いてるってわかり易いシックスパックも珍しいと言うか、一人映画館の中で笑いをこらえるのに必死。

そこからはこの映画が本気なのかジョークなのか気にしながらの観賞となってしまったので、恐らくは『第9地区』の時のように実際のスラム街を使っての撮影による完璧なまでの“地球”でのシーンに引きこまれながらも、どこかで笑いを求めてしまう俺。
そうなってしまうと、登場するキャラクター達のどこかアメコミっぽいダークでユーモアも兼ね備えたところを観ているだけでもなんか面白い。
面白くなって行くほど、主人公が痛々しく追い込まれて行くほど楽しいという、普段ニュートラルな自分にあまり無いSっ気が引き出されていく観賞となりました。

ジョディ・フォスター女史はまたこういったSF映画にお出になる事自体が、かつての宇宙人コンタクト映画(ままw)以来なんじゃないかな?と言う意味で、珍しく出ようと思われたSF映画に出ている満足気なご尊顔を崇むチャンスであります。

と、映画の中身にはあまり触れずにテキトーに書いていますが、物語的にも撮影の技術的にも面白いので是非。



第9地区 [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ワーナー・ホーム・ビデオ

コメント (1)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« 許されざる者 | トップ | 13年9月 台風で大荒れ(?)... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (デイジー)
2013-09-29 10:16:39
こんにちは。デイジーと申します。
トラックバックさせていただきます。
第9地区は観ていないのですが、アニメの実写版のような
不思議な映画でした。
マックスのようないい人が自分の時代にもいることを願いました。
では、またお邪魔させていただきます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

13 トラックバック

エリジウム (Mangosteen CINEMAlog/追いかけてサムソン)
    『エリジウム』  (2013) 2154年。 人口増加と環境破壊で荒廃が進む地球。 その一方、ひと握りの富裕層だけは、400キロ上空に浮かぶスペース・コロニー、「エリジウム」で何不自由ない暮らしを送っていた。 そこには、どんな病気も一瞬で完...
エリジウム / Elysium (勝手に映画評)
『第9地区(District 9)』のニール・ブロムカンプの作品。 『第9地区(District 9)』でも、安全で快適な生活をしている地球人と、不衛生で危険な生活をしている難民の異星人という格差が描かれていましたが、この作品でも、安全で快適なエリジウムに暮らす超富裕層と不衛生...
エリジウム (仲間が増えるといいなぁ・・・)
エリジウムって何だかわからず、観てきました。 誰かが地球を救うような、未来のお話のような気がしていました。もし、2154年の地球がこんな風になっていたらやだなぁ・・・ その頃には、私は存在していないけれど、だからどうなっても良いってもんじゃないですよね。 ...
エリジウム (Akira's VOICE)
シャルト・コプリーかっけーw  
「エリジウム」 持つ者と持たざる者 (はらやんの映画徒然草)
「第9地区」で長編映画デビューを飾り、高い評価を受けたニール・ブロムカンプ監督の
エリジウム (心のままに映画の風景)
2154年。 人口増加と環境破壊が進み、富裕層が400キロ上空に浮かぶスペースコロニー“エリジウム”で生活する一方、貧困層は、荒廃した地球での暮らしに苦しんでいた。 ロボットの組み立て工場で過酷な労働に従事していたマックス(マット・デイモン)は、工場で事...
エリジウム (だらだら無気力ブログ!)
エリジウム、遊びに行くにはいいけど、住みたくはないな。
エリジウム (映画的・絵画的・音楽的)
 『エリジウム』を吉祥寺のバウスシアターで見ました。 (1)マット・デイモンとジョディ・フォスターが出演する作品だというので、映画館に行ってみました。  映画の時点は2154年。  その頃地球は荒廃してしまっていて(汚染と貧困)、一部の超富裕層は、地上400kmの....
約束の地~『エリジウム』 (真紅のthinkingdays)
 ELYSIUM  2154年。地球は人口増加と環境破壊によって荒廃し、一部の超富裕層は 「エ リジウム」 と呼ばれるスペース・コロニー、不老不死の楽園に移住していた。 幼い頃からエリジウムへ行くことを夢見ていたマックス(マット・デイモン)は、あ...
『エリジウム』 本当はどちらの味方? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  これはマット・デイモンが取り組むべき映画だ。 --- プロデューサーに会い、この映画の話を聞いた瞬間に「やりたい!」って思ったんだ。「この映画に関わるにはどうすればいい?」って感じだ。 ---  映画『エリジウム』の主演をオファーされ...
エリジウム、そこは・・・ (笑う社会人の生活)
23日のことですが、映画「エリジウム」を鑑賞しました。 2154年 スペースコロニー“エリジウム”で生活する富裕層と荒廃した地球に暮らす貧困層 エリジウム政府高官のローズは地球からの侵入者を排除していく中 地球で暮らすマックスは残り5日しかない寿命を懸け エリジ...
エリジウム (銀幕大帝α)
ELYSIUM 2013年 アメリカ 109分 SF/ドラマ/アクション PG12 劇場公開(2013/09/20) 監督: ニール・ブロムカンプ 『第9地区』 製作: ニール・ブロムカンプ 脚本: ニール・ブロムカンプ 出演: マット・デイモン:マックス・ダ・コスタ ジョディ・フォス...
エリジウム (いやいやえん)
「第9地区」は独創性に溢れた面白い作品だったけれど、これはごくふつーのSFだった。 なんで大リーグ養成ギブスがでてくんの。箱庭感満載で、地球規模のSFに感じられない。富裕層のコロニーと、地球のスラム、そ