そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

自虐の詩

2007-10-30 | 劇場映画れびゅー
クワイエットルームへようこそ』『ヒートアイランド』と続いた松尾スズキ月間。
いよいよ本命のミュージカル『キャバレー』来阪を前に、彼がちょびっとだけ出演している『自虐の詩』を観てきました。
★★★★

豪華とは違う方向でのツボを付いたキャストに大満足。
いや、豪華は豪華なんですけどね。

思いっきりは笑えない、クスクス笑いのネタが延々と続きます。
ちなみに原作漫画は、名前を聞いたこともありません。

見所は…ちゃぶ台返しw

主演は『嫌われ松子の一生』以来、『7月24日通りのクリスマス』とヘタレな女役が続く中谷美紀。
今となってはぴったりな役柄とも思えてしまうんだけど、逆に『嫌われ松子の一生』での成功に乗っかりすぎな感が有るのが残念なところではある。
堤幸彦監督としては、彼の映画の中で彼女を使って遊んでみたかったんでしょうね。

情夫役は堤監督にいじらせたらいくらでも深い味わいが広がっていく阿部寛。
今回もまた、今までに見たことの無い阿部寛(無敵なのはお約束)が観られます。

隣のおばちゃんはカルーセル麻紀。
うーんオイシ過ぎるw
もう、この3人だけでも世界が回りそう。

同時日に公開された『クローズ ZERO』では、ヤクザの組長をやってる遠藤憲一が中華料理屋でヘタレな店長をやってたり、たいして大きな役でもないのに西田敏行がお父ちゃん役で出てきていつの間にか居座ってオイシイとこ持っていったり。
意外なところでどういう訳か名取裕子もw
トリック 劇場版2』の片平なぎさに続いて2時間ドラマの女王の起用ですかw

関西ローカルな安いお笑いタレントが多数出ているのだけど、一部についてはその事に気づかなかった方が楽しめたかもしれない。

本命の松尾スズキはエロオヤジ役(お得意w)でほんの少し出てるだけだけど、現在公開中の『クワイエットルームへようこそ』では天才的な原作、脚本、監督っぷりを発揮している裏での余裕の顔出し。
しかも『クワイエットルームへようこそ』と同時日に公開の『ヒートアイランド』では結構良い役で出演してるし、演出のミュージカル『キャバレー』は公演中だし、どんだけ一人でバッティングする気なんでしょうw

ネタバレ
少女の頃の熊本さん。
名前は江利花ちゃんなのでは?と思える位にそっくりだったのですが、成長したらやっぱりアジャ・コングで、ツボ過ぎて大笑いしそうに。
しかし、その旦那さんは予想外に予想GUY。
もう我慢ができずに大笑いしてしまった。
ずっとクスクス笑いだったのが一気に爆発した瞬間でしたw

エンドロールを観ていると、どこに出ていたのかわからない連中の名前も多数。
気仙沼ちゃんなんかどこに出てた?w



自虐の詩 (上)
業田 良家
竹書房

このアイテムの詳細を見る

自虐の詩 (下)
業田 良家
竹書房

このアイテムの詳細を見る

嫌われ松子の一生 通常版

アミューズソフトエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

コメント   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
« スターダスト | トップ | 象の背中 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

22 トラックバック

自虐の詩 (お気楽に映画で極楽)
珍しくホロリとしてしまいました(ノД`)笑えて泣ける恋愛ドラマ! 幸江は母に捨てられ、父は銀行強盗で捕まった過去を持つ、幸せになることを夢見た少女。 前半はそんな幸江がボロ...
自虐の詩舞台挨拶試写会 (アートの片隅で)
「自虐の詩」の舞台挨拶試写会に行って来ました。 今回の舞台挨拶は上映後に阿部寛ひとりでした。 やはり上映後というのは、気楽に色々と話して貰えるから良いですね。 衛星劇場15周年記念イベントで、CMに出演している阿部寛が来てくれた訳です。 妻が「阿部ちゃんが...
「自虐の詩」を観る (紫@試写会マニア)
このところ、出る作品が尽く高い評価、ノリに乗ってる俳優のお二人、中谷美紀さん&阿部寛さん主演・「自虐の詩」を観てきました。この二人の演技力に裏打ちされた個性的なストーリー展開と迫力ある演出、面白かったです! この作品、業田良家氏の4コマ漫画が原作なんで...
『自虐の詩』 (Sweet* Days**)
監督:堤幸彦 CAST:中谷美紀、阿部寛、西田敏行、カルーセル麻紀 他 幼い頃から不幸続きの幸江(中谷美紀)は、大阪通天閣近くでやくざ上がりでダメ男のイサオ(阿部寛)...
自分の歩んできた人生には意味がある。『自虐の詩』 (水曜日のシネマ日記)
子供の頃から幸せになりたいと願い続ける、ひとりの女性の物語です。
自虐の詩 (ネタバレ映画館)
60連荘したら軽く30万は儲かっているだろうな・・・
「自虐の詩」他人には理解できない愛を描いたちゃぶ台ストーリー (オールマイティにコメンテート)
「自虐の詩」は業田良家のコミック4コマ漫画で人生不幸のど真ん中を生きる女性がどうしよもない内縁の夫を愛し続けるちゃぶ台ひっくり返しストーリーである。内容的には面白いけれど、幸せの是非において果たして?というのは否定できない作品と言えるだろう。
阿部寛さんの似顔絵。「自虐の詩」 (「ボブ吉」デビューへの道。)
「包帯の大盤振る舞い」の次は、「鈴なりの五円玉」でした。 こういう、ミニ「幸福の黄色いハンカチ」的なものには弱いです。 鼻水が止まりませんでした。 (撮影の順番としては、自虐の詩→包帯クラブ、のようですね) 映画館の予告編で見て以来、とても気になる映画...
真・映画日記『自虐の詩』 (          )
10月11日(木)◆590日目◆ この日も終業後に有楽町へ。 「よみうりホール」の『自虐の詩』の試写会に参加。 一緒に見たのはmixiコミュ「1000円で映画を見る会」のたつやさんとほよ助さんとらぱちんさん。 前から4列目で見た。 ボクはこの映画の原作(四コマ漫...
自虐の詩(じぎゃくのうた) (C'est Joli)
自虐の詩(じぎゃくのうた)’07:日本 ◆監督:堤幸彦(包帯クラブ)(TRICK トリック―劇場版―)◆出演:中谷美紀、 阿部寛、 遠藤憲一、 カルーセル麻紀、西田敏行 ◆STORY◆ ひなびたアパートに住むイサオと幸江。イサオは無口な乱暴者で、仕事...
自虐の詩 (Good job M)
公開日 2007/10/27監督:堤幸彦出演:中谷美紀/阿部寛/遠藤憲一/竜雷太/名取裕子/西田敏行 他【あらすじ】ひなびたアパートに住むイサオと幸江。イサオは無口な乱暴者で、仕事もせずに酒とギャンブルに明け暮れる。内縁の妻の幸江がラーメン屋で働き生計を立てていた。....
【2007-156】自虐の詩 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 一途に愛する女 幸江 元ヤクザ、今 無職(ニート) こんなアタシでもアンタがいる! 奇跡のどん底ラブストーリー
『自虐の詩』 ★★★・・ (じゃがバタ~ 映画メモ)
誰だかわからないでしょうが、この二人に泣かされてしまったのです。 劇場のあちらこちらでも、すすり泣く声が、、、 主役は不幸顔が板についちゃった中谷美紀さん、お上手です。 もう一人、ちゃぶ台返しが板についちゃった阿部寛さん、パンチパーマも似合ってます...
「自虐の詩」 必要とされることこそが幸せ (はらやんの映画徒然草)
予告でインパクトのある阿部寛さんのパンチパーマとちゃぶ台返しを観て以来、公開を心
映画:自虐の詩 (駒吉の日記)
自虐の詩(ユナイテッドシネマ豊洲) 「幸せになりたいねえ」 結構宣伝して力が入ってるのかと思いきや上映館は意外と少ない。。。 *****ややネタバレ感想なので反転して***** 前半は怒涛のちゃぶ台一徹返し。1回くらいはやってみたいけど「食べ物を粗末にして...
マイナスかけるマイナスは、なぜプラス?●自虐の詩 (Prism Viewpoints)
『ALWAYS 裏・三丁目の夕日』 『自虐の詩』 『自虐の詩』 ウィキペディア(Wikipedia) キャスト 森田幸江:中谷美紀・岡珠希(中学生時代) 葉山イサオ:阿部寛 森田家康:西田敏行 あさひ屋マスター:遠藤憲一 熊本さん
自虐の詩 (to Heart)
制作年度 2007年 原作 業田良家 脚本 関えり香 、里中静流 監督 堤幸彦 音楽 澤野弘之 出演 中谷美紀/阿部寛/遠藤憲一/カルーセル麻紀/ミスターちん/岡珠希/丸岡知恵/名取裕子/西田敏行 子どものころから不運続きの幸江(中谷美紀)は、乱暴者で酒飲み、仕事もせずギ...
自虐の詩 (いい加減社長の日記)
今週は、23日公開があるせいか?、新しい公開がなく。 何にしようか、迷ってたんだけど。 「やじきた道中てれすこ」か「自虐の詩」か? でも、勘三郎さんが、あんまり好きではないので、「てれすこ」はパスして、「自虐の詩」を選択。 キョンキョンは好きなんだけ...
自虐の詩 (Akira's VOICE)
ラストに畳み掛ける後半が良い。
★「自虐の詩」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の週末レイトショウは、いろいろ候補があったけど・・・ 4コマ漫画からの映画化?とか、ひらりん好みの中谷美紀だし・・・ 最近阿部寛もオモシロイし・・・って事で本作に決定。
自虐の詩 (月影の舞)
自虐の詩×自虐のショコラ 「自虐の詩」パンフと「自虐のショコラ」 23日。 「自虐の詩」公開1日前に地元FM局主催の 「スイーツ付き先行上映会」に行ってきた。 入り口でスイーツが配られる。 地元のケーキ屋さんの特製スイーツ。 この映画の原作が...
『自虐の詩』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじひなびたアパートに住むイサオと幸江。イサオは無口な乱暴者で、仕事もせずに酒とギャンブルに明け暮れる。内縁の妻の幸江がラーメン屋で働き生計を立てていた。少しでも気に入らない事があると、ちゃぶ台をひっくり返すイサオだが、幸江は彼を心から愛していた・...