そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

UDON

2006-09-01 | 劇場映画れびゅー
子供の頃は断然ざるそば派で「うどんなんて」と思っていたはずが、最近は仕事で営業に出ている間に食べる昼食の三度に一度はうどん。
ああ、なんて美味しいんでしょう、特に讃岐うどん。
そんな讃岐うどんがテーマの映画『UDON』を観てきました。
★★★ (←3個にしようか悩んだ)


マンハッタンが映し出されるオープニングを観て、ミラマックスの映画の予告編かと思っていたら“ROBOT”の文字。え、もう始まってたのね(笑)

うどんの映像が美味しそうで美味しそうで、上映終了後讃岐うどん屋(チェーン店)に駆け込みました。
旨かったけど、映画に出ていたような讃岐うどんはもっと美味しいんだろうなぁ…。

内容?感想?うどんに関して以外は特にありません。

しいて言えば主演のユースケ・サンタマリアが最後まで香川の訛りを使おうとしないところが逆に清々しかったのと、ほんのチョイ役にいろんな芸能人が美味しい出方をしていて豪華だった事くらいかな?

オチバレ
ノリの軽い映画とはいえ、親父を継ぐだのなんだの言っておいて結局またNYに行くのはどうかと…。
タイムズスクエアをあんな風に使って金かけたラストシークエンスを作っても、香助の目指したことってコレだったの?と一気に冷めてしまった。







この記事について、トラックバックをこちらから貼れない場合がある不具合が発生しています。
ご了解ください。

コメント (4)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
« 花田少年史 幽霊と秘密のトン... | トップ | マイアミ・バイス »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これからですが<こればっか… (あかん隊)
2006-09-02 00:57:42
そうかぁ! やっぱり。

どうしたって「讃岐うどん」食べたくなる映画ですよね?予告編でも、チラシを見ても、そう思いました。

小西ちゃんが、わりと好きなので。かわいいでしょ?(爆) 明日、観に行けるといいな、と思ってます。(笑)
讃岐うどんを食べに行きたくなりました (そーれ)
2006-09-02 01:26:42
>あかん隊さん

いや、ほんと讃岐うどんを食べるためだけに香川へ行きたくなりましたよ。

コニタン可愛いですね(笑)小動物みたいで。



先週の火曜からずっと熱と咳を伴う風邪を引いていて、この映画しか観れなかったんですが、明日は明日封切る映画が山ほどあるし、風邪で咳が止まらないのもあってどうさばこうか悩んでます。

え?寝てろって?(*´д`*)
夢とか (メビウス)
2006-09-05 22:30:05
そーれさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪



そいえば香川にも訛りがあるんだった!( ̄▽ ̄;)ユースケずっと標準語でしたね。

地元の人もそこには不評入れそう・・(汗

オヤジさんのうどんをあそこまで再現したんだから継いでもいいのに、何とも微妙などんでん返し。『夢はあきらめるな!』と言う隠されたテーマを訴えていたんでしょうかね?(汗



※自分もUDONカップ麺食べましたが、素人にも分かるアンチ本場・・・(苦笑
他の人たち (そーれ)
2006-09-05 23:08:11
>メビウスさん

他の人たちは訛ってましたけど、必ずしも香川の訛りというわけでも無く思いっきり大阪弁の人もいたので、きっと現地の人が観るとみんなむちゃくちゃな言葉になっていると思いますよ(笑)

なのでユースケが下手な訛りをするよりは標準語を押し通したのも手かなぁと思ったり。

夢はキャプテンUDONになる事でしたっけ



※カップ麺、一度食べた人は次から赤いきつねを買いそう(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

10 トラックバック

「UDON」 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
日劇で先週公開になった「UDON」を見てきました。 「踊る大捜査線」シリーズの 亀山千広プロデューサーと本広克行監督が再びタッグを組み、 うどんをテーマにうどんを愛する人々を描いたソウル・フードムービー。 夢に挫折しうどんと出会い人生を取り戻したが 再 ...
真・映画日記(3)『UDON』 (CHEAP THRILL)
(2から) 3時15分からは『UDON』なんだけど……長いってば。うどんだけで2時間15分あるんだから。 監督は『踊る大捜査線』や『交渉人 真下正義』などを手掛けた本広克行。 主演はユースケ・サンタマリア。 他、小西真奈美、トータス松本、鈴木京香、小日向文 ...
「UDON(うどん)」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「UDON(うどん)」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、トータス松本、鈴木京香、升毅、片桐仁、要潤、小日向文世、木場勝己、他 *制作:亀山千広 *監督:本広克行 感想・評価・批評 等、レビュー ...
『UDON』   一杯のうどんが奇跡を起こす!! (enjoy! MOVIE☆LIFE)
1週間編集部?UDON オフィシャルガイド ? メディコム・トイReal Action Heroes CAPTAIN UDON ? 出演■ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、トータス松本、升毅、要潤、片桐仁、木場勝己、小日向文世、鈴木京香  他・・・ 監督■本広克行
「UDON」伝統の料理をブームに仕掛けて操作した仕掛け人の長続きしないストーリー (オールマイティにコメンテート)
「UDON」は四国讃岐を舞台に、1人の売れないコメディアンが夢破れ故郷である讃岐に戻り、そこでうどんとの出会いが1つのブームを作り、やがてうどんに夢を見出すストーリーである。内容としてはうどん宣伝映画と言った方が解り易いかもしれない。
UDON(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】本広克行 【出演】ユースケ・サンタマリア/小西真奈美/トータス松本/鈴木京香/升毅/片桐仁/要潤/小日向文世/木場勝己/他 【公開日】2006/8.26 【製作】日本 【ストーリー】 BIG!になるため故郷の讃岐か
UDON (八ちゃんの日常空間)
邦画に疎い自分が、上野樹里ちゃんが観たいというだけで[サーマー・タイムマシン・ブルース]をUDONの公開週にレンタルしたなんて一つの奇蹟だろうか…。
「UDON」 うどんの話なのにコシがない (はらやんの映画徒然草)
讃岐うどんブームのきっかけを作った麺通団をモデルにしたお話です。 映画を観ている
UDON (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『観ないと、マズイ!』  コチラの「UDON」は、タイトルの通り日本のソウル・フードの1つうどんを巡るハートウォーミングなコメディで、本日8/26に公開になりましたので、早速観て来ましたぁ~♪  お話としては、うどん屋の息子松井香助(ユースケ・サンタマリア...
UDON (Yuhiの読書日記+α)
 タイトルが面白いな~と思って、ずっと気になっていた作品。見てみると、本当に「うどん」だらけのお話なんですね~。あちこちのお店の美味しそうな「讃岐うどん」ばかり見せられると、ものすごく食べたくなってきましたよ~{/ee_3/} <あらすじ>  ニューヨークでコ...