そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

プール

2009-09-12 | 劇場映画れびゅー
『かもめ食堂』、『めがね』を彷彿とするキャストとシチュエーションに期待をして、『プール』を観てきました。
★★★

なんだこの似て非なる違和感、それもそのはず『かもめ食堂』や『めがね』とは監督も原作者も違って、悪い言い方をすればバッタモン映画。
でもオリジナル(と言っていいのか?)の小林聡美ともたいまさこに加え、『めがね』に出ていた加瀬亮まで登場してるし、何よりスポンサーは敷島製パンって事で、スポンサー主導で3匹目のドジョウを狙って似たような映画を作ったかのような感覚。

これまで印象的だった美味しそうな食事シーンはこれまでに比べると断然見劣りしまくりで、きっと同じ監督による3作目なんだと勘違いして観た人は「あれ?なんか違う」思ってしまうかも。
知ってて観ると、「コピルアック」なんて言いそうな場面やら、海外なのにトーストでフツーに食パン(いかにもPascoっぽい)使ってるのを見てると、「そこまで似せようとしなくても」なんて感じてしまった。

でもね、悪い映画ではないんですよ。

舞台はタイのチェンマイ。
お国柄の独特なゆるーい空気と、少年ビー君の優し過ぎる台詞回しにやられるやられる。
作風としてこの雰囲気を醸し出していた『かもめ食堂』や『めがね』と比べると、今回は元々そこにあった天然のものを利用したところが違うね。

母娘関係の謎についてはこの際どうでもいいやとか、菊子さんの体調の事なんて気にしなくても大丈夫なんじゃないかとか。
オリジナルからパクってきた作風と、タイ時間のミックスを感じてるだけでもう結構癒されて満足なんですこれが。

ネタバレ
母娘で鍋を囲む長回しの場面がイイ。
母をどうしても理解できなかった娘に、「あなたの事をしってるから」と言ってのける母。
ああ、そうやって周りを信用して、責任感なんてものに縛られずに自由に生きれたらどれだけ良いんだろうなんて、俺自身思わず納得してしまいそうになったところで、「お母さんと一緒に居たかったの」と娘。
そしてその言葉に一瞬戸惑った表情を見せながらも、平然と鍋をよそう母。

最後、菊子さんはもしかしたらもうとっくに死んでて、本人も周囲もそれに気づいてないんじゃないかと思えてしまうタイの空気に、最後の最後までやられました。

でも、やっぱ偽物感たっぷり。



かもめ食堂 [DVD]

バップ

このアイテムの詳細を見る
めがね(3枚組) [DVD]

VAP,INC(VAP)(D)

このアイテムの詳細を見る

コメント (2)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
« ウルヴァリン:X-MEN ZERO | トップ | 火天の城 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
曇りめがね (akatuki)
2009-09-14 21:42:39
僕もなんか違和感アリアリの映画でしたね。
やっぱりキャストが同じだけでは駄目なんでしょうかね?
もう一回ぐらいこのキャストをの映画を見てみたいんですけどね・・・
>akatukiさん (そーれ)
2009-09-15 21:43:37
どうもです!
違和感って言葉が一番しっくりきますよね、この映画w
この3人で、ちゃんと荻上直子監督の作った極上のホンモノが観たいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

24 トラックバック

プール (だらだら無気力ブログ)
桜沢エリカが映画用に書き下ろした原作を基に『ネコナデ』の大森美香監督 が映画化した癒しドラマ。 タイのチェンマイを舞台にそれぞれ事情を抱えたワケありの男女5人の 6日間の人間模様を描く。大学卒業を控えた女子大生のさよは、卒業旅行でタイのチェンマイを訪れ...
プール (悠雅的生活)
曜日占い。コムローイ。君の好きな花。
プール (いい加減社長の映画日記)
「火天の城」「キラー・ヴァージンロード」「しんぼる」と注目作品が公開されたこの土曜日。「しんぼる」は、前作「大日本人」でガッカリさせられたので、私には合わないと思い、最初からパス。「火天の城」「キラー・ヴァージンロード」は興味あるんだけど・・・ちょっと...
*プール* (Cartouche)
{{{   ***STORY***               2009年 日本 大学生のさよは卒業を控え、タイ北部・チェンマイのゲストハウスで働く母・京子のもとを訪ねる。迎えに現れたのは母の仕事を手伝う市尾だった。小さなプールのあるゲストハウスには、オーナ...
■かもめ食堂・めがねのキャストが出演の「プール」見ました・・・ (AKATUKI DESIGN)
私の大好きな「かもめ食堂」「めがね」のキャストが出演している「プール」をシネスイッチ銀座で見てきました。 小林聡美、加瀬亮、もたいまさこといったいつものメンバーがゆったりとした時間を奏でてくれます。 しかし、コレまでの作品のファンとしては少し不満な出来...
プール (Diarydiary!)
《プール》 2009年 日本映画 タイのチェンマイにありゲストハウス、そこで働く
「プール」:豊島区役所前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}「音楽はいいぞ」なんていいキャッチフレーズだねえ。ここの楽器屋でギターでも買うか。 {/hiyo_en2/}なんでまた急にギターなんか欲しくなったの? {/kaeru_en4/}決まってるじゃないか、大森美香監督の「プール」を観たからだ。 {/hiyo_en2/}ああ、あの映画...
プール (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。桜沢エリカ原作、大森美香監督、小林聡美、もたいまさこ、加瀬亮、伽奈、シッティチャイ・コンピラ。眠っているのは菊子(もたいまさこ)だけではない。映画そのものが睡眠薬のようで、眠気を誘い、登場人物も、風景も皆嘘っぽく、嘘の自然の中で嘘の睡眠で憩っ...
プール◇◆POOL (銅版画制作の日々)
かもめ食堂、めがね、そして今度はプール・・・・。 前回の“めがね”のメンバー、小林聡美、もたいまさこ、加瀬亮が登場。そして今回初登場のモデルの伽奈は映画初出演だそうです。そしてそしてタイの男の子も登場しちゃいます。19日の土曜日に舞台挨拶があるそうです...
たゆたゆと、ゆったりと、プール (映画雑記・COLOR of CINEMA)
「かもめ食堂」以来、「食とリゾートとまったりと」といった映画のイメージが定着した小林聡美ともたいまさこのコンビ(最近、関東エリアで深夜テレビ番組もありましたね~)「かもめ食堂」「めがね」「プール」と3
理由なんて愛ひとつで十分だけどこれだけじゃわからんやん。~「プール」~ (ペパーミントの魔術師)
さて、まだ気持ちうまくまとめられないまま書けるかな? 卒業旅行でたどり着いたのはタイ・チェンマイ。 4年前に自分を置いていった母に会いに行ったさよは ゲストハウスで働く母京子と再会するも ビーという少年と一緒に暮らしている母をみて 部屋にこもってしまう。...
プール (メルブロ)
プール 281本目 2009-41 上映時間 1時間36分 監督 大森美香 出演 小林聡美  加瀬亮 伽奈 もたいまさこ シッティチャイ・コンピラ 会場 吉祥寺バウスシタター 評価 6点(10点満点)  漫画家桜沢エリカ先生が原作の映画。タイのチェンマイ郊外にあるゲストハ...
『プール』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「プール」□監督・脚本 大森美香 □原作 桜沢エリカ □キャスト 小林聡美、加瀬亮、伽奈、もたいまさこ、シッティチャイ・コンピラ■鑑賞日 9月12日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5) チェン...
映画 「プール」 ( m e r c i *)
自由気ままな母親、京子(小林聡美)に会うため、娘さや(伽奈)が大学の卒業旅行でタイにやって来るところから物語ははじまります。自分と祖母を日本に残してタイに行ってしまった母親の気持ちが理解できない、さや。京子と上手くコミュニケーションをとることができません。...
プール (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
漫画家の桜沢エリカが映画用に書き下ろした原作を、『ネコナデ』の大森美香監督が映画化したほのぼのとした癒し系人間ドラマ。 タイの古都、チェンマイを舞台に、それぞれの事情を抱えた5人の男女の6日間の人間模様をさらりと映し出す。 出演者も独特の空気感をまとう...
【映画】プール (新!やさぐれ日記)
▼動機 かもめ食堂が面白かったから ▼感想 なんてことのない映画 ▼満足度 ★★★☆☆☆☆ あんまり ▼あらすじ さよ(伽奈)はタイ北部、チェンマイのゲストハウスで働く母(小林聡美)を訪ねる。4年前、祖母にさよを預けて旅立った母は小さなプールのある場所...
映画「プール」 (Andre's Review)
プール 2009 日本 2009年9月公開 劇場鑑賞   『かもめ食堂』も『めがね』も劇場鑑賞しているので、やっぱり気になるこのシリーズ(?)。今回は監督・脚本が違うのでちょっと不安ではあったのですが、もうすぐ公開も終了しそうな中、滑り込みで観にいってきまし...
「プール」 サチエへの共感、京子への反発 (はらやんの映画徒然草)
小林聡美さん、もたいまさこさん、加瀬亮さんという出演者で、まったりと癒し系な予告
映画 【プール】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「プール」 漫画家の桜沢エリカが映画用に書き下ろした原作を大森美香監督が映画化。 おはなし:さよ(伽奈)はタイ北部のチェンマイのゲストハウスで働く母親・京子(小林聡美)のもとを訪れた。そこにはオーナーの菊子や手伝いの市尾、タイ人の少年ビーも暮...
プール (映画的・絵画的・音楽的)
 映画『プール』を銀座のシネ・スイッチで見てきました。  小林聡美、もたいまさこ、それに加瀬亮が出演する映画と聞いて、『めがね』のような感じなのかもしれないと思い、銀座まで出かけてきました(監督も、『めがね』の荻上直子氏だと思い込んでいたところ、大森美...
プール (POCKET BASE)
桜沢エリカが原作、小林聡美、もたいまさこ、加瀬亮が出演の映画『プール』を観てきた。 舞台は、タイの古都チェンマイ。郊外にある、小さなプールのあるゲストハウス。そこに集まった、5人の6日間の物語。 小林聡美、もたいまさこが出演とくれば、大好きな映画の『かも...
プール (C'est joli~ここちいい毎日を~)
プール’09:日本 ◆監督:大森美香◆出演: 小林聡美、加瀬亮、伽奈、シッティチャイ・コンピラ、もたいまさこ ◆STORY◆大学生のさよは卒業を控え、タイ北部・チェンマイのゲストハウスで働く母・京子のもとを訪ねる。迎えに現れたのは母の仕事を手伝う市尾だっ...
mini review 10489「プール」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
漫画家の桜沢エリカが映画用に書き下ろした原作を、『ネコナデ』の大森美香監督が映画化したほのぼのとした癒し系人間ドラマ。タイの古都、チェンマイを舞台に、それぞれの事情を抱えた5人の男女の6日間の人間模様をさらりと映し出す。出演者も独特の空気感をまとう小林聡...
プール (いやいやえん)
かもめ食堂の流れの作品のひとつ。 娘である自分を置いて、小さなプールがあるゲストハウスで楽しそうに暮らしている母の姿をどうしても素直に受け入れることができず、戸惑いを感じるのは当然。 チェンマイのどこかゆったりとした気質はこの世界感にあっているもの...