そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

オブリビオン

2013-06-07 | 劇場映画れびゅー
俳優トムちん渾身のSF超大作『オブリビオン』を観てきました。
★★

ごめんなさいねトムちん、悪意は無いんです。

序盤のワクワク感はどこへやら、中盤からコテコテな展開と「なんでやねん」感に眠気が起き、後半はサイトロ臭さまで感じて、どこまで暴走するのかと心配に。

間接的に言うと映像が美しく世界観の構築に信念を感じた。
ストレートに言うと製作者によるご都合主義な世界観の押し付けと、観客が着いてきているという勘違いが暴走して『バトルフィールド・アース』を彷彿とする失敗作。



バトルフィールド・アース [DVD]
クリエーター情報なし
東宝ビデオ

コメント (1)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« イノセント・ガーデン | トップ | G.I.ジョー バック2リベンジ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBさせていただきました (西京極 紫)
2013-06-08 18:38:35
いつもレビュー拝読させて頂いております。

あ~、ダメでしたかぁ。
僕は最後までしっかり付いていけたクチなのですが…
日本人の好みの終わらせ方だと思いました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

11 トラックバック

オブリビオン (だらだら無気力ブログ!)
映像が綺麗で面白かった。
オブリビオン (本と映画、ときどき日常)
監督 ジョセフ・コシンスキー 出演 トム・クルーズ     モーガン・フリーマン     オルガ・キュリレンコ 宇宙人との侵略戦争から60年。 勝利したものの人間が地球に住めない環境に。 人々は他の惑星に移住する中、その地球を管理し偵察する男女。 哲学....
映画『オブリビオン』観てきた~(*бωб*)♪ (よくばりアンテナ)
SFって私には当たり外れが激しいので、 苦手なタイプだったらどうしようって不安もありながらの鑑賞。 杞憂に終わり、観て良かった~~とちょっと爽快な気分。 とは言っても、前半はかなり眠たかった。...
オブリビオン (心のままに映画の風景)
2077年。 エイリアン“スカヴ”の侵略を食い止めた地球は、壊滅的な被害を受けていた。 生き残った人類は他の惑星へと移住し、人々のいなくなった地球では、ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)が無人偵...
オブリビオン/OBLIVION (いい加減社長の映画日記)
SF大作っぽいけど、どうなのかなぁ・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 2077年、地球は“スカブ”と呼ばれるエイリアンによって壊滅し、人類は他の惑星へ移住を果していた。 荒廃した地球に残っているのは、無人偵察機を管理するために高度1000mの管制塔に...
映画『オブリビオン』 (健康への長い道)
 バルト9の下の階にある「青葉」で中華そばの大盛りを食した後、2本目はトム・クルーズ主演のSF『オブリビオン』。  オブリビオン(oblivion)という聞きなれない単語の意味は、映画を観れば分かるだろうと高を括っていましたが、分からなかったので、調べてみると「忘...
「オブリビオン」 独特の感覚、言うなれば滑空感 (はらやんの映画徒然草)
未来は見えないもの。 見えないものであるからこそ、見てみたい。 だから映画は、特
『オブリビオン』 その意味するものは? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  TPP、すなわち環太平洋戦略的経済連携協定は2010年代に話題になった言葉だが、それより以前からビジネスパーソンにはTTPが大切だった。  トリンプ・インターナショナル・ジャパンの...
オブリビオン (銀幕大帝α)
OBLIVION 2013年 アメリカ 124分 SF/アクション 劇場公開(2013/05/31) 監督:ジョセフ・コシンスキー『トロン:レガシー』 製作:ジョセフ・コシンスキー 原作:ジョセフ・コシンスキー 出演: トム・クルーズ:ジャック・ハーパー モーガン・フリーマン:...
オブリビオン (いやいやえん)
記憶改変、コールドスリープ、クローン…いかにもSFといった設定が、無機質的な映画雰囲気を高めていると思うのですが、主演二人の顔立ちが妙に生々しさがあって、切なさを感じるに至らなかった。 ただ、SFとロマ
オブリビオン (Oblivion) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョセフ・コシンスキー 主演 トム・クルーズ 2013年 アメリカ映画 124分 SF 採点★★★★ 「オッサンだからでしょ?」と言われればそれまでなんですが、どうにも昨今主流のCGの嵐映画ってのが苦手な私。ロケーション撮影に付きまとう様々な問題もクリア...