そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

小さいおうち

2014-01-31 | 劇場映画れびゅー
松たか子が面白そうだったので『小さいおうち』を観てきました。
★★★

切な過ぎるわー。
こんなに切なくなる話は、主人公のお婆ちゃんと同じ年代の方はご覧になられない方が良いかも、むちゃくちゃ重い気持ちになりそうで。
うちの婆ちゃんが観に行くとかって言ってたので止めようか迷い中。

10代から50代辺りの層には話も面白いし、歴史ものとして年代のギャップを感じる上でも楽しめるのでオススメです。
何と言っても松たか子と黒木華が良い。
山田洋次監督組の役者さん達は相変わらずなんかオカシイ人が…。

お婆ちゃんの綴る回顧録と、「美化してはいけない」と思い出に駄目だしをする青年の構図。
美化と言われようと思い違いと言われようと、お婆ちゃんにとっては生きてきた証なのにと思いながら、完全に作者の術中に嵌められてお婆ちゃんに感情移入。

そうそう、お婆ちゃんの若いころを演じてる黒木華、観に行くまで蒼井優だと思ってました。

ネタバレ
冒頭で主人公が孤独死とか切な過ぎるわ。
亡くなる前まで時間巻き戻されても何見ても悲しく映ってしまう。



東京家族 Blu-ray
橋爪功,吉行和子,西村雅彦,夏川結衣,中嶋朋子
松竹

コメント   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« エンダーのゲーム | トップ | アメリカン・ハッスル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

11 トラックバック

小さいおうち (Akira's VOICE)
この世は小さいおうちの集合体なんだな。  
映画『小さいおうち』観てきたよ~ (よくばりアンテナ)
山田洋次監督最新作。 公式HPはコチラ。 あ、なんと、私、山田洋次監督作品を劇場で観るの初めてだ・・・・(;゜∀゜) いつも地上波で放送されてから見てるな。 原作の記事はコチラ。 今回は妻夫木聡くんは大伯母のタキさん(倍賞千恵子)の自叙伝の中へ導く...
小さいおうち (心のままに映画の風景)
大伯母・布宮タキ(倍賞千恵子)が亡くなり、晩年つづっていた自叙伝を託された大学生の健史(妻夫木聡)は、若かりしタキの秘密を知ることになる。 昭和初期。 山形から東京に出てきたタキ(黒木華)は、赤い三角屋根のモダンな屋敷を構える平井家の女中として働...
小さいおうち ★★★★ (パピとママ映画のblog)
第143回直木賞を受賞した中島京子の小説を、名匠・山田洋次が実写化したラブストーリー。とある屋敷でお手伝いさんだった親類が残した大学ノートを手にした青年が、そこにつづられていた恋愛模様とその裏に秘められた意外な真実を知る姿をハートウオーミングかつノスタル....
小さいおうち (映画的・絵画的・音楽的)
 『小さいおうち』を、吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)山田洋次監督の新作ということで映画館に行ってきました(注1)。  本作は、中島京子氏が直木賞(2010年上期)を受賞した同名の小説(文春文庫)に基づくもの。  戦前の山の手(注2)の丘の上に建てられた...
静かに反戦を謳う~『小さいおうち』 (真紅のthinkingdays)
 昭和初期、山形から東京へ女中奉公に出されたタキ(黒木華)は、赤い屋根瓦 がかわいい山の手の 「小さいおうち」 に雇われる。そこには、まだ若く美しい 時子奥様(松たか子)がいた。  山田洋次監督の映画を初めて観た。感動しました。  原作は、直木賞...
山田洋次監督『小さいおうち』松たか子、黒木華、吉岡秀隆、倍賞千恵子、妻夫木聡、片岡孝太郎、他 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
2010年・第143回直木賞を受賞した中島京子の同名小説を山田洋次監督が映画化『小さいおうち』(脚本・山田洋次、平松恵美子)。音楽・久石譲物語・健史(妻夫木聡)の大伯母で、先日亡くなったばかりのタキ(
『小さいおうち』 原作を離れて「失敗作」を撮る理由 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  山田洋次監督の『小さいおうち』を鑑賞して、こんなことがあるのかと驚いた。  本作は中島京子氏の小説に基づいて山田洋次監督と平松恵美子氏が脚本を書き、山田洋次監督みずからメガホンを取った作品だ。決して山田洋次監督のオリジナル企画で...
『小さいおうち』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「小さいおうち」□監督 山田洋次□脚本 山田洋次、平松恵美子□原作 中島京子□キャスト 松 たか子、黒木 華、片岡孝太郎、吉岡秀隆、妻夫木 聡、倍賞千恵子■鑑賞日 1月25日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ...
「小さいおうち」おうちの秘密を知った先にみた暗黙の了解の守秘義務を守り通した女中の中の女中 (オールマイティにコメンテート)
「小さいおうち」は中島京子原作の作品を山田洋次監督で映画化した作品で、田舎から都会に出てきた女性が女中としてある小さなおうちに奉公し、そこで起きた出来事を亡くなる直前 ...
「小さいおうち」 小さい罪 (はらやんの映画徒然草)
こちらの作品は観る予定ではなかったのですが、出演している黒木華さんがベルリン映画