ラーメンツーリング

神奈川のラーメン屋をバイクで走りまわり、色々なお店のラーメンを紹介します。
時には温泉やバイクや旅のグルメ話なども。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

○ラーメン博物館のラーメン 「むらまさ」

2009-09-16 | 環状2号を北上するラーメン
専門店 塩:★★★★(訪問暦:初 w/Shin&Aya,流星人サン)

本日は試食会という事で限定メニューは塩と塩豚骨、それと是非ご試食をとのサイドメの魚コロッケ。

唐津ラーメンを知らないので他店と比べ様が無いけれど全体の印象は”支那そば屋”の九州版と言った感じ、
少なくとも麺は普通の佐賀ラーメンより細目で重い。

スープは個性的、魚味が如何にも佐野実のプロヂュースという感じ、
鰹・煮干・アゴは確実だが他にもご当地産の何かを加えているかも。

多分、一番拘ったのは塩ではないだろうか? 
島産の「一塩」は柔らかで中々の代物、一方で其のせいか「塩ラーメン」と「塩豚骨ラーメン」の違いが分り難い。
若しかしたら新米女店員が間違えて”塩”と”塩豚骨”では無く同じ物を運んで来た?と思う位に酷似していた。

全体として九州らしくない繊細な仕上がりのラーメン、もっとワイルドな味の方が九州を食べた気がする。
寧ろ横浜生まれの九州ラーメンとして古里に錦を飾って欲しい一品。

テーブルの紅生姜とか揚げ大蒜を入れると俄然九州っぽい味になるので、両方楽しめるかも知れない。
穂先メンマは美味かったけれど、玄海地方特産のすり身のコロッケは意見が分かれたところ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ラーメン試食会 「ラー博 むらまさ」

2009-09-16 | 環状2号を北上するラーメン
神ラ盛上会がラーメン博物館から招待された試食会、今日は明日オープンする「むらまさ」という唐津ラーメンの店。
実は”唐津ラーメン”というラーメンの存在自体を知らなかった。
明日オープンする佐野実プロヂュースの「むらまさ」は唐津にあるのでは無くラーメン博物館が一号店だと聞いていた。

ところが、唐津には唐津ラーメンというのがあるらしい。
「一竜軒」「一黒堂」「マルハチ」「龍虎軒」etc. 名前も面白い店がある。
「からつんラーメン」はいいとして「関東軒」って、これって唐津ラーメンなの?
もっと面白いのは「様式美麺れいんぼ~」、何だかチンプンカンプンだけど、コレも唐津ラーメンの店らしい。
尤もラー博にも「牛乳屋」という訳の分らない名前のラーメン屋もあるけど。

「むらまさ」の店名は”妖刀村正”から来ているのかと思っていたら”村昌”だった。
「むらまさ」は唐津の造園会社の社長が出した店で、ラーメン屋は素人だから助っ人に佐野実を頼んだという感じだ。
因みに「むらまさ」は社長の名前の”村山昌治”から来た殆ど”そのまんま”の店名だった。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする