日々ラーメン

おつかれ麺です!博多生まれの博多育ち、4年間の江戸拉麺留学を経て2011年に帰国。拉麺本位副部長のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

こんな日もあるさ 麺王一風堂 

2006-02-25 | 福岡
休日の昼時に訪麺した一風堂天神店。西通り店程の行列はないですが、
15分程並んだでしょうか、、。
博多の人は500円以上のラーメンが高い高い言う割りには、この一風堂
だけはみんなこぞって行くんですよね。うん?それともあの行列はみんな
観光客??









なんだか今日の一風堂はいつものキラキラ輝くトロっとしたスープの感じは
なく、なんだか美味しいところを吸い取られているように感じました。

王者一風堂と言えども、こんな日もあるよね。


場所   福岡市中央区天神1-13-13
ジャンル 豚骨
評価   3.8
2006年年間通算拉麺数 26杯
コメント (3)

すみれ小ラーメン

2006-02-24 | 福岡
MAXを食べることもあれば、今日みたいに小ラーメンを食べることも、、、。
すみれの小ラーメンは感覚的には普通の博多ラーメンの量と同じぐらいかな~。







小は普通サイズより具なども少なめであまり胃もたれもしないぐらいの量だし、
ちょうどよい。

でもたぶん、店員さんは僕がMAXを頼まないのは不思議がってるのかも?(笑)

MAXはですね~、カロリーがあまりにも高いのでそうそう食べれるもんでは
ありませ~ん!!


場所   福岡市中央区今泉1丁目3-1 TY今泉ビル2F
ジャンル 味噌
評価   5.0
2006年年間通算拉麺数 25杯
コメント (2)

長浜とん吉

2006-02-21 | 福岡
結構、食べてはいるんですが、まったくUPが追いついてない状況です。

もうかれこれ2週間ほど前でしょうか?長浜とん吉に行って来ました。







道路挟んで向かいの元祖長浜屋(通称ガンナガ)は行列。
なのにここはガラガラ。後ろのテーブル席では昼間から仕事中の
おっさんが何故か焼酎を飲んでいるし。何故???

元長も個人的にはあまり好みではありませんが、ここが元長よりも
100円高い理由はよくわかりましぇ~ん♪


場所   福岡市中央区大手門2-7-10
ジャンル 豚骨
評価   2.8
2006年年間通算拉麺数 24杯


コメント (7)

蘭丸の次は本丸 大砲ラーメン本店 五麺ジャーの食べ歩きPart7

2006-02-18 | 福岡
さあ、今回の五麺ジャーの食べ歩き、オオトリを飾るのは、久留米ラーメン城の
本丸、大砲ラーメン本店です。久留米っ子にとっては泣く子も黙るラーメンです。

久留米っ子に大砲の悪口の一言でも言おうものなら、大阪近鉄いてまえ打線も
びっくりの集中砲火をくらいます。(笑)

今まで、キャナル店にしか方麺したことがなかったので、本日、7杯目とはいえ、
内心とてもウキウキしていました。



狭い路地を入っていくと、まさに大砲御殿と言ってもよいぐらいの要塞が
ドカンと登場します。



さすが、大砲本店。キャナルに比べるとかなり丁寧に作られている印象を受けます。大砲の名の通り、パンチも効いています。

久留米っ子が絶賛するのもわかるぜ~♪

てなわけで、計7杯にも及んだ今回の五麺ジャーの食べ歩き。これにて終了です。

たけひこさんはこの後、博多に戻りスイーツを食べたとか、、。
いやはや恐れ入りました!

最後に見事に本丸を攻め落とし、多大な武功を残し、五麺ジャーは戦いを終えて、
それぞれの家路についていくのでありました。

お疲れ麺でした!!

場所   久留米市通外町11-8
ジャンル 豚骨
評価   4.0
2006年年間通算拉麺数 23杯
コメント (4)   トラックバック (1)

蘭丸~久留米の影武者 五麺ジャーの食べ歩きPart6

2006-02-17 | 福岡
一同、鳥栖を離れて、久留米にやってきました。
本格的な久留米訪麺は2回目になります。

なんと、ここでデジカメの電池切れという不測の事態が発生し、
仕方なく、携帯での撮影に切り替えました。
なので、画像が見にくくてご麺なさい。



この店は僕も今まで全然知らなかったのですが、先日オゴポコ部長が
見つけてきて、なかなかいいという評判だったので、今回の五麺ジャー
の旅の訪麺先に組み込まれました。
場所は3号線沿いにあるので、結構わかりやすいと思います。



メニューは非常に多く、

・あっさり豚骨の「らんまる」
・こってりとあっさりの中間ぐらいの「はんまる」
・こってり好きにはたまらない「まる」
・味噌
・煮干風味の醤油豚骨「日本丸細麺」
・同じく「日本丸太麺」

以上、ざっと挙げただけでも6種類。
これだけのメニューをそろえているところは九州広しと言えども
なかなかないでしょう。




僕は無難なところで「はんまる」を注文。

ラーメンオタク特有のスープの回し飲みをしたので、「日本丸」、「まる」
も味見だけはしました。「日本丸」は確かにかなりガツンと煮干ダシが効いて
いて、豚骨と煮干が混じり合うというなかなか面白い感じです。一方、
こってり豚骨の「まる」はその名の通り、かなりドロドロこってりです。

僕が頼んだ「はんまる」は確かにこってりとあっさりの中間ぐらいで、程よい
旨味と豚骨のいい風味が感じられ、なかなか好印象です。
なので、僕は一番「はんまる」がおすす麺です。

久留米の影武者、「蘭丸」はなかなか手強いですぞ~。


場所   久留米市国分町1606-1
ジャンル 豚骨
評価   3.9
2006年年間通算拉麺数 22杯
コメント   トラックバック (1)

岡村さんの岡村屋 五麺ジャーの食べ歩きPart5

2006-02-14 | 佐賀
只今、時刻は深夜1時。眠たい目を必死でこすりながら書いてます。

さてさて、五麺ジャーの食べ歩きシリーズPart5は、一同筑前町を後にしまして、
佐賀県鳥栖市にやってきました。

鳥栖での目的は大砲で修行した人が経営しているラーメン屋、岡村屋を
訪麺する為です。何でも店の名前は岡村さんがやってるから岡村屋みたい
です。(笑)



事前情報では、結構濃厚こってり豚骨のいい意味ギトギトした感じを
想像していましたが、意外とあっさり系でした。たけひこさんのヒアリング
によるとスープの濃度は時間帯によって異なるそうです。



大砲とは違うけど、これが岡村さんのラーメンなのでしょう!
今度は違う時間帯に訪麺してみたいと思います。



ちゃんと大砲ラーメンで修行した認定証が張ってありました。

短いですが、今日は眠いのでもう寝ます。

場所   鳥栖市古賀町15
ジャンル 豚骨
評価   3.7
2006年年間通算拉麺数 21杯
コメント   トラックバック (2)

幻は幻? 大陽軒 五麺ジャーの食べ歩きPart4

2006-02-12 | 福岡
もう、今日はイケイケドンドンです。もう我が胃袋走り出したら
止まりません。お次は丸八のすぐそばの大陽軒です。

なんでもここはお昼の数時間しか営業していないらしく、日本で初めて
アルカリスープを使ったとんこつラーメンを考案した店だそうで、
アルカリスープは3時間で酸化するので、店の営業も1日3時間のみ。
なかなか口にすることができないことから、「幻の限定ラーメン」と
呼ばれるようになった。 いや、正確には自分で勝手に謳ってるって
言うのが正解でしょう。(笑)



なんとも胡散臭いこの雰囲気。店内には芸能人のサインや、取材等の張り紙
が所狭しと飾り立てられ、その幻さ加減を自ら演出しているようです。



待つこと、45分ぐらいかな~。結構並びました。
醤油テイストの脂多め塩辛豚骨ラーメンといったところでしょうか。



店を出た頃には、既に営業終了の文字が、、。
一体、何が幻だったのか?そのことばかりが僕の頭を占領し、
しばらく考え続けていましたが、結局答えは見つかりませんでした。

まあ、本当に幻の店は自ら幻だなんて言いませんよね。
でも言うのはタダですからね!

場所   筑前町大字野町1847
ジャンル 豚骨
評価   3.5
2006年年間通算拉麺数 20杯

コメント (4)   トラックバック (1)

丸八 朝倉店 五麺ジャーの食べ歩きPart3

2006-02-11 | 福岡
お次は粕屋郡から遠く離れて太刀洗までやってきました。

ここ太刀洗は旧日本軍が東洋一と言っていた太刀洗飛行場があった場所です。
この地からも多くの若い特攻兵が片道分の燃料のみを積み、遠い海の彼方へ
旅立って行った日本人にとって悲しい思い出の地でもあります。
まあ、今ではその痕跡をとどめるものはほとんど見当たりません。
防衛庁の施設が多少見受けられたりするぐらいでしょうか。。?




余談はさておき、ここ太刀洗の地に我々が降り立った目的は、幻の久留米
ラーメンとも呼ばれる丸八の朝倉店を訪麺する為です。
皿山にある丸八の本店には一同訪麺済みなのですが、支店が存在するとの
洗足池さんの情報を元にはるばるここまでやってきました。





本店と変わらぬ美味しさ!無駄な脂分や臭みが全く感じられず、豚骨の旨味のみが
凝縮されたかのような濃厚久留米風スープ。
僕が知ってる限りでは、ここの久留米ラーメンはあらゆる久留米ラーメンの中で
一番美味しいと思います。
さすが、幻と呼ばれるだけはある。うんうん。




有名な話ですが、この店自体が名島亭出身ということが関係あるのでしょうか?
名島亭と同じように何故かラーメン屋におでんも置いてあります。
胃袋に余裕がある時にいつか食べてみたいと思います。

ナイスです。GOODです。ビバま・る・は・ち!!


場所   筑前町高田2555-1
ジャンル 豚骨
評価   4.7
2006年年間通算拉麺数 19杯

※ 前回の一九ラーメン粕屋店の投稿において、誤ってここ丸八のラーメンの
  写真を掲載しておりました。訂正してお詫び申し上げます。
コメント (2)   トラックバック (1)

一九ラーメン 粕屋店 五麺ジャーの食べ歩きPart2

2006-02-09 | 福岡
天天,有の道路を挟んで斜め向かい、そう、恐らく粕屋地区では一番有名で
あろう一九ラーメンが次の店です。
僕は実は今回が初訪麺になります。この店、取材拒否の店として有名な店で、
確かに有名な割にはTVとかでも見たことはありません。



白い暖簾をくぐり、いざ店内へ。
こんな昼間から男5人でラーメン屋に入るのはただでさえ、異様な感じなのに、
この5人、生粋のラーメンオタクです。もう、初訪麺に目がギラギラ輝いています。(笑)



取材拒否なので当然、写真もNGかと思っていて、カメラはポケットに
しまいこんでいたのですが、洗足池さんが勇気ある一言「すみません!携帯で
写真撮ってもいいですか?」と問いかけたところ、ぱっと見、怖そうなお店の方が
「あっ、いいですよ!」と以外にも撮影許可をくれたので、すかさず僕もカメラ
を取り出し、パシャパシャ。さすが、百戦錬磨の達人です。感謝です。

なかなか他の店に例えようがないような個性的な濃いコク系豚骨スープです。
確かにこの味は博多の人には受けるだろうっていうのが納得がいきます。

しかもなんとこの店、豚骨スープと麺の持ち帰りができちゃうのです!
しかもペットボトルにスープを入れて。。
これさえあれば、急な来客時にも客人に本格的なラーメンでもてなすことができる
ではあ~りませんか?
僕もいつか使ってみようと思います。
名づけて、豚骨接待

オゴポコ部長曰く、「一九粕屋店は他の一九とは全然違う!」らしいので、
他の一九も今度是非訪麺したいと思います。

場所   粕屋郡粕屋町大隈387
ジャンル 豚骨
評価   3.8
2006年年間通算拉麺数 18杯

コメント (3)   トラックバック (1)

天天,有 五麺ジャーの食べ歩きPart1

2006-02-07 | 福岡
今日は江戸から特別ゲストと一緒に食べ歩きです。

同行麺バーは、

たけひこさん
全国のラーメンを食べ歩いてるスペシャリスト。毎年、300杯以上をかれこれ
8年も続けていて、その行動力には脱帽です。

おださん
2005年通算ラーメン数731杯という強靭な胃袋の持ち主。スイーツの達人で
もあるおださん、クールな感じなのにやることはものすごいです。

洗足池さん
テレビ東京系番組TVチャンピオン第8回ラーメン王選手権準優勝という輝かしい成績の持ち主。貪欲な情報収集力で、おそらく日本でもトップクラスのラーメン業界情報に精通している方。その情報収集力において洗足池さんの右に出る人はなかなかいないでしょう。

オゴポコ部長
私が副部長を務める拉麺本位の部長。関東在住時代から延べ4年、毎年平均300杯
以上を食べ歩く。私をこの世界に導いてくれた尊敬する師匠。

そして、私、Shinyaの5人です。

一同、粕屋警察署の前のラ賊へ向かい、開店前の店でひたすら待ちます。
私は既食なのと、この先のことを考えてパス。



てなわけでまず、私にとっての1軒目はこの天天,有です。

見た目は濃厚豚骨スープと間違う程の綺麗に濁った鶏がら100%醤油スープです。

元々は京都、大阪を中心に何店舗か存在する天天有。

博多とは一線を画したこの強力な個性は初めて食べた人は少し驚くかもしれません。
ただ、私はあまりこの系統のラーメンは特別好みではない為、めったに足を運ぶ
ことはありません。

まだまだ、今回の食べ歩き始まったばかり。

さあさあ、次行くぞ~♪


場所   糟屋郡粕屋町大隈409
ジャンル 鶏がら醤油
評価   3.7
2006年年間通算拉麺数 17杯


コメント (2)   トラックバック (1)

通堂 最後の勇姿

2006-02-05 | 福岡
ちょうど1週間程、UPが遅れています。

ラースタ卒業が既に決まっている通堂ですが、おそらく僕の訪麺
もこれが最後でしょう。
今日はラースタ初訪麺だという友人も一緒です。
なんだかんだで今のラースタの中では僕はここが一番気に入って
るんで、ここを選択しました。





黒こがしラーメン(おとこ味)を注文。
やっぱ一風堂に似てるな~、これ。



さよな~ら~す~る日~はつ~ら~い~けど~♪(⇒実はドリフ好きです、僕は。)

路面店出店を切に願うと共に、今後更なるご活躍をお祈り申し上げます。

場所   ラーメンスタジアム
ジャンル 豚骨
評価   4.3
2006年年間通算拉麺数 16杯


コメント (2)

郷屋

2006-02-04 | 福岡
豚骨で好きな店はどこですか?

博多の人ならそれぞれ皆さん、お気に入りの店はある人は多いですよね。
では、醤油ラーメンでどこが一番好きですか?

「えっ、どこで醤油ラーメンが食べれると?」

「醤油ラーメンってラーメンやないやん!」

「麺が縮れとうのは許せん。細麺しか食べんばい!」

「醤油ラーメンって別物やもんね。やっぱ豚骨たい!バリカタじぇえ。元長最高!」

博多ではこのようなリアクションも別に珍しくはありません。

僕は博多では、ここの醤油ラーメンがダントツ好き!っていうのはない
ですが、おそらくここ郷屋は私の中での5本の指に入っています。

もう1週間前の事になりますが、郷屋天神店を訪麺しました。



天神大丸の道路を渡って細い路地を入ったところに郷屋はあります。





「百聞は一麺に如かず」

とにかく一度食べてみて下さい。

ほんのりカツオの風味が心地よく薫る極上の魚介ダシ醤油ラーメンを
味わえます。

スープまで完食しそうな勢いです。


場所   福岡市中央区渡辺通5-25-11
ジャンル 醤油
評価   4.4
2006年年間通算拉麺数 15杯
コメント (3)