シーサイド発

海外ドラマのあらすじをネタバレでレビュー!ゲーム・オブ・スローンズ、ウォーキングデッド、アメコミなど

スーパーガール シーズン4 #2「フォールアウト」

2019年01月08日 22時49分50秒 | SUPERGIRL
Fallout
クリエーター情報なし
メーカー情報なし


Supergirl Season 4 #2 Fallout

 *「ヤングスーパーマン」のデイヴィスことサム・ウィットワーが登場

 ショッキングな新事実が明らかになり、ナショナルシティは混乱に陥る。大統領は辞任を決意し、副大統領のベイカーが職を引き継ぐ。アレックスがDEOの指揮を執る一方、スーパーガールはマーシー・グレイブスの捜査に乗り出す。キャットコーメディアでマーシーの調査報告書を書くカーラはレナにルーサー一家を紹介して欲しいと頼む。
※以下、ネタバレあらすじです

 Lコープに忍び込んだマーシーはクリプトナイトを入手していた。マーシーはLコープの元警備責任者でレックスと親密で、レナにとっては姉のような存在だった。彼女は知性だけでなく宇宙人より優れた力を手に入れようと考えたのだ。そんな中、マーシーがイメージ誘導装置を停止。ピザ屋を訪ねていたブレイニーとニアの2人は危険な状況に陥る。レナが対策を講じイメージ誘導装置の利用者を守る。一方、行方不明のフィオナを捜すジョンは彼女が関わっていた件を調べる。

 宇宙人へのヘイトクライムを目撃したニアは編集長として社説を掲載すべきだとジェームズに提言。ニアはトランスジェンダーだと告白し、否定され攻撃される辛さが分かるから見過ごせないと主張する。だが焦って社説を書けば偏向報道だと判断されると懸念があるのだ。マーシーがメインフレームのあるLコープに侵入し建物が閉鎖される。カーラはレナと一緒に閉じ込められスーパーガールになれない。

 試作品の保管庫に向かうとパワードスーツの腕パーツを身につけたマーシーが現れる。レックスはレナの方が優れていることに恐れていたと告げる。レナとマーシーがパワードスーツのアームで対峙することになる。スーパーガールがレナの窮地を救いマーシーを捕らえる。キャットコーでも宇宙人に対する嫌がらせが起こり、ジェームズはヘイトクライムを許さない姿勢を社員たちに見せる。

 ブレイニーはイメージ誘導装置の故障で起きた事件で傷つき、予測の精度が落ちていた。スーパーガールは人々に向けて、人間や宇宙人の個性を決めるのは出身地ではなく行動だと声明を発表する。ベイカー大統領が就任する一方で、ジョンは黄金の仮面の男、エージェント・リバティ(サム・ウィットワー)がヘイトクライムを煽っているのを知る。一方、グレイブス兄妹はDEO捜査官を言いくるめて脱獄を図り、クリプトナイトを噴射する。

「ヤングスーパーマン」のドゥームズ・デイことデイヴィスを演じていたサム・ウィットワーがエージェント・リバティだとは!!これでロイス(エリカ・デュランス)とスーパーガール(ローラ・ヴァンダーヴォート)まで揃っちゃったw
でも、あの黄金の仮面を見るとクロエが被ってたドクター・フェイトに見えてしまうw
ニアがトランスジェンダーと告白しましたが、演じているニコール自身もトランスジェンダーだそうです。
スーパーガールはLGBTに関するネタが多いですね。今回の宇宙人へのヘイトクライムもそうだし、人種・性差別問題を取り上げていていい番組だと思う。
AIのブレイニーのヘイトクライムを目の当たりにして、傷つくという感情を知った模様。どんどん学習して人間のような感情を身につけていくのかな。
ついにマーズデン大統領は辞任ですかー。後任のベイカーもヘイト側だったりして?
マーシーやエージェント・リバティの背後にどうしてもリリアン・ルーサーがいるんじゃないかと疑ってしまうなぁ〜。

↓応援ポチッ!とお願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへにほんブログ村

*エピソードリストはこちら
*アローバースガイドはこちら

Fallout
クリエーター情報なし
メーカー情報なし


視聴環境:Amazonビデオ



©︎2009 シーサイド発
『ドラマ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« THE FLASH/フラッシュ シーズ... | トップ | [新]パトリック・メルローズ ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

SUPERGIRL」カテゴリの最新記事