シーサイド発

海外ドラマのあらすじをネタバレでレビュー!ゲーム・オブ・スローンズ、ウォーキングデッド、アメコミなど

覆面の連続殺人鬼「スラッシャー」シーズン1:処刑人

2017年09月26日 22時25分22秒 | クライム・サスペンスドラマ
Slasher: Season One [Blu-ray] [Import]
Shout Factory
Shout Factory


Slasher Season 1 #1〜8

 1988年のハロウィンに残忍な事件が発生する。処刑人の覆面をした殺人鬼がブライアンを殺し、目撃者のアランは生かされた。妻レイチェルの腹から赤ん坊を取り出して犯人のトムが赤ん坊を抱いていた。サラは夫のディランを連れて数十年ぶりに帰郷し、昔両親が惨殺された家で住み始める。サラは昔の懐かしい顔ぶれや、ちょっと変わった隣人と出会う。
※以下、ネタバレあらすじです

 ディランは新聞社で働き始め、サラは画廊を開く。隣人バーナから敵視され母親はふしだらな女だと罵られる。その夜、サラは処刑人に追いかけられる。サラは両親を殺したトムに面会すると、過去を取り戻したいなら30年前に両親が何をしたか調べろと告げられる。サラは両親が撮った母親と隣人ピーターとのセックスビデオを見つける。その後、テープを盗んだバーナは処刑人に四肢を切られ殺害される。事件を聞いたトムは七つの大罪のひとつ、憤怒への罰だという。

 ある日、サラを育ててくれた祖母ブレンダが訪ねてくる。そんな中、画廊の物件を以前所有していたヘザーがサラに難癖をつけてくる。彼女は5年前に娘のアリエルが失踪し気が触れてしまったのだった。そこへイザヤ書の一部と共にバーナの指が届き、サラは洞窟を調べバーナの夫の白骨死体を発見。バーナは夫ピーターの頭を撃ち洞窟に隠していた。そんな中、不動産経営のロビンが処刑人に襲われる。だがそれは囮で本当の狙いは夫のジャスティンだった。薬物に殺鼠剤が混入され死亡する。トムはそれを貧欲の罪だと言う。

 一方、神父のアランもトムに面会していた。ジャスティンは居住権のない家族を追い出して家を建てていた。追い出された一家はガス中毒で亡くなっていたのだった。更にジャスティンは多額の負債を抱えていたことが発覚する。そんなある日、サラは処刑人に家に押しいられる。サラは祖母と家を出ることにするが処刑人の魔の手が伸びて、ブレンダが殺される。1968年のプロムの夜にブレンダがブロックを橋から落としたことで親友のエイダが昏睡に陥った。ロナルドの子を身ごもったブレンダは恋人ソニアを狙ったがエイダの上に落ちてしまったのだ。

 バーナの弟トレントが処刑人ではないかと疑われる中、穴に落とされ蛇の毒で殺される。救命士だったトレントはアリエルが失踪した夜に彼女を見かけていたが歩いて帰らせていた。その夜は元相棒のジューンも同乗していたことが分かる。2人は浮気した過去があった。ジューンは処刑人に気絶させられ連れ去られる。ジューンは全身に蜂蜜を塗りたくられ虫や動物に噛み切られ死んでいた。夫で警官のキャムはショックを受ける。一方、トムはディランのインタビューに応じる見返りにサラの毛髪を要求。実はディランはトム宛に手紙を送っていた。トムはサラの毛髪をアラン神父に託す。

 サラは教会に侵入し釘と金槌を発見。実はアランは女王様に十字架に磔にされ喜びを得ていた。ディランはジューンの浮気メールを紙面に掲載。アリソンはテレビ出演し、処刑人に取材に応じるよう訴える。アリソンは処刑人の取材に成功し野心に燃える。アリソンはアリエルの事件に進展がなく父親ベニーを犯人に仕立て上げていた。ベニーは立件されると自殺した。アリソンはそれで新聞の売り上げを稼いだのだった。それをディランが密かに聞いていた。アリソンは処刑人に連れ去られ喉を切り裂かれる。アリソンの頭部がファストフード店の揚げ油の中から発見される。一方、サラはトムと母が寝ていたことを知る。

 ボーン警察署長はアリエルを地下室に監禁し子供をもうけていた。5年前、ボーンがアリエルを送ると偽ってレイプし監禁した。ボーンは秘密を知られまいと躍起になる。嘘の証言をさせた娼婦マージョリーにヘロインを過剰に投与させ始末する。サラは仮説をボーンの前で話すと、それは事実で危険が迫っていた。何とか逃げ切ったサラは保護され、アリエルが生きているはずとキャムに話す。ヤケになったボーンは地下室で火を放ち死のうとする。警察がアリエルと息子ジェイクを保護する。逃走したボーンは処刑人に捕まり生きたまま火葬される。一方、トムはサラに娘だと告げると、真実を知りたいと迫られる。

 ディランがサラと出会う前からトムの事件を調べていたとサラが知ってしまう。そんな中、処刑人の殺人リストが見つかりトムとサラが標的だと判明する。トムはサラを守るために刑務所から脱走しキャムが保護していたサラを連れ去る。そして両親がポルノを製作しアランが売っていた、ブライアンが神父だったトムとレイチェルの浮気を撮影し脅したと真実を明かす。サラを2人から守るために殺したと言う。しかし処刑人の手を逃れることは出来きず捕まってしまう。残る罪は高慢で、自殺を図ったことがあるサラが標的にされる。トムが身代わりを望んでサラを助ける。

 翌日、処刑人はマスクと衣服をさらし終結を匂わせる。アランは街が清められたとキャムに告げる。キャムは戦利品であるトムの血が付いた切れ端を箱にしまい込む。キャムは幼い頃に夢遊病でオネショをして母親に叱られた。腹を立てて母親を階段から突き落として殺していた。キャムはサラに対する心に秘めた想いが浮上する。息子キャムの態度を怪しんだアランは戦利品の箱を見つけてしまう。キャムが処刑人だと気づき神の許しを乞う手助けを申し出る。だがキャムに絞め殺されてしまう。

 サラの信用を失ったディランは自業自得だったと新聞に寄稿。キャムは戦利品箱をディランのものだとサラに思わせる。ディランが逮捕され、キャムからかねての想いを告げられたサラは彼とベッドを共にする。アルバムでキャムの描いた絵を見たサラは彼こそが処刑人だと確信する。それを立証しようとキャムの家に侵入すると、切断されたアランの死体を発見。その夜はハロウィンでパーティが開かれていた。サラはキャムを誘い出しナイフを彼に突き立てる。だがキャムはナイフを抜いてロビンを刺してサラを追う。

 自宅に逃げ込んだサラをディランが助けに現れるがキャムに襲われる。逃げたサラは捕まり胸にナイフを突き立てられる。キャムは瀕死のサラの隣に横たわり初めて会った日の想い出を語る。サラは力を振り絞ってキャムを殴りつけトドメを刺そうとする。ディランに力を貸してと頼み殺された人たちの分、苦しめてキャムを殺す。そこへ警察が駆けつける。4週間後、サラとディランは家の売却をロビンに任せ街を出る。そして購入希望者の娘が裏庭にいた猫を殺してしまう。

<登場人物>
◇サラ(ケイティ・マクグラス)/両親を殺された日に生まれた
◆ディラン(ブランドン・ジェイ・マクラレン)/サラの夫で新聞社の編集長
◇ブレンダ(ウェンディ・クルーソン)/サラを育てた祖母
◆トム(パトリック・ギャロー)/サラの両親を殺した元神父
◆ロビン(クリストファー・ジェイコット)/サラの幼馴染で夫ジャスティンと不動産業を経営
◆キャム(スティーヴ・バイヤーズ)/サラの幼馴染で警官
◇ジューン(ジェシカ・シポーズ)/キャムの妻で救命士
◆アラン(ロブ・スチュアート)/キャムの父親で神父。処刑人の魔の手から生き延びたが頬に傷が残っている
◆ボーン(ディーン・マクダーモット)/警察署長
◆アリソン/新聞社の発行人
◆トレント(ジェファーソン・ブラウン)/バーナの弟で元救命士。ジューンとは相棒だった
◇バーナ/隣人で夫がサラの母親と浮気
◇ヘザー/5年前に娘のアリエルが失踪してから気が触れた
◆ロナルド/市長で実はサラの祖父

10月17日からシーズン2が配信されると言うことでシーズン1を一気見しました。主演が「魔術師マーリン」のモルガーナことケイティ・マクグラスだったり、ディランは「ハーパーズアイランド」のダニーだし、キャムも見たことある…とドラマでお馴染みのキャストばかりだったので再生し始めてからハマるのに時間はかかりませんでした。
サラの境遇がすごいなぁー。両親は惨殺されてるし、実の父は両親を殺した犯人だし。祖母も実の父トムも処刑人の餌食になっちゃうし…。
まず処刑人はディランとキャムを疑って、次にアランが怪しいと疑いました。キャムだと分かった時には動機は何?と考え込んでしまった。そしたら過去に母親殺してたとは。
最後はサラが復讐を果たしたけど、首まで切ったのによく自由になったもんだ。あそこまでやってると正当防衛ってよく言えたな…それに自分も重傷を負ったのに生きてたな…と突っ込みました。
誰が一番ひどい殺され方だったかと言うと生きたまま高炉で焼かれたボーンかな。トムが潔く死ねたかな。蜂蜜塗られてじわりじわりも嫌だけど。
シーズン2はキャストもガラリと変わるのでどんな話になるのか楽しみです。

↓参考になったと思ったらポチッと!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへにほんブログ村

Slasher: The Complete First Season (3 Dvd) [Edizione: Regno Unito] [Import anglais]
クリエーター情報なし
メーカー情報なし


視聴環境:Netflix

©︎2009 シーサイド発
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« クリステン・ベル主演「グッ... | トップ | LEFTOVERS/残された世界 ファ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

クライム・サスペンスドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事