シーサイド発

海外ドラマのあらすじをネタバレでレビュー!ゲーム・オブ・スローンズ、ウォーキングデッド、アメコミなど

[終]風の勇士ポルダーク シーズン4 #8「最愛の人」

2019年04月18日 22時21分10秒 | POLDARK
ポルダーク シーズン4 [DVD-PAL方式 ※日本語無し](輸入版) -Poldark Series 4-
クリエーター情報なし
メーカー情報なし


Poldark Season 4 #8
[シーズン4最終回]

 1780年10月、ロスの入隊が決まった頃。ロスは入隊し6ヶ月離れることをエリザベスに報告。フランシスもジョージも彼女に夢中だが、彼女の心はいつだってロスにあると思っていた。現在、バレンタインが実の息子でないと再び疑い始めたジョージはエリザベスやバレンタインにつらく当たり始める。エリザベスはジョージの疑いを拭い去るため、出産を早める薬を手に入れる。
▼以下、ネタバレあらすじです

 ナンパラに戻っていたデメルザは、ロスが二度とナンパラに帰って来ないのではないかという不安を抱いていた。一方、ロスはキャロラインに促され、コーンウォールに戻ることを決めるのだった。ドレイクは結婚してほしい、妻になってくれるだけでいいとモーウェナにプロポーズする。愛だけではどうにもならないとモーウェナは否定的だが、ドレイクは諦めない。最終的にはモーウェナが結婚を承諾し、デメルザやサムは大喜び。不安定なモーウェナの気が変わらないうちにデメルザは2人の結婚式を挙げさせようと動く。

 デメルザは教会の前でエリザベスと鉢合わせ、互いに優しい言葉を掛け合うのだった。ロスは帰宅する前にファルマス卿に会いに行き、アダレイとの間で起きたことが知れ渡っているため議員を辞職すべきだと話す。だが意見の相違もあるが、君に備わる資質を気に入っていると言われる。牧師がドレイクとモーウェナの結婚予告を行い、それを知ったエリザベスは祝いを告げると共にウィットワースとの結婚に関わったことを後悔していると話す。そしてジョージが不在のうちにトレンウィズから嫁いではどうかと提案する。

 ジョージ宛に首相官邸より手紙が届く。デメルザとドレイクが結婚の許可を取り付けている頃、モーウェナはエリザベスに付き添いトレンウィズへ。帰宅したロスは、モーウェナがトレンウィズへ行ったままだと知り、何があろうとジョージに結婚の邪魔はさせないとドレイクたちを諌める。モーウェナは運悪くジョージと鉢合わせてしまい、ドレイクとの結婚を知られる。モーウェナは娼婦同然だと罵られ出て行く。入れ違いでロスが現れるとジョージは今度現れたら撃つと脅す。ロスは「富も権力も地位もあり、一族の家も鉱山もエリザベスも手に入れ、それ以上なにを望む」と指摘。20年前、自分とジョージ、フランシスの3人ともエリザベスに夢中だった、今はお前といると告げる。

 モーウェナは森を歩きトムに追われていると、彼女を捜していたドレイクが現れる。彼の剣幕にトムはその場を去り、モーウェナは安堵する。ジョージは口論を止めようとエリザベスに話すが、彼女はバレンタインへの態度が許せない。いつまで嫉妬すれば気が済むのか指摘すると、アガサが死んだ日に「バレンタインはお前の子じゃない、結婚時期と合わない」と言われていたことを明かされる。階段から落ちたせいで陣痛が来たと説明するエリザベス。愛していると言うならバレンタインを愛して証明してと突きつける。追い詰められたエリザベスは処方された薬を飲んでしまう。そして気を失っている彼女をジョージが見つける。

 ドワイトはお互いの愛で関係を修復したいとキャロラインに提案する。そこへエリザベスの陣痛が始まったと知らせが入る。早産で女の子が産まれるが、陣痛が激しかったためエリザベスの体調に注意が必要だった。前と完全に同じ状況で産まれたことでジョージは自分が間違っていたと認め、二度と疑わないと約束する。そして娘はウルスラ(小熊の意味)と名付けられる。ジョージは首相を支援したお礼に、ナイトの爵位を国王に推薦されると報告する。一方、ロスはヒューが生きていたらと頭から離れずにいることをデメルザに話すと、誤解していると言われる。

 翌朝、エリザベスは激しい腹痛を訴える。ドワイトが診察すると血管が収縮し血行不良を起こしていて危険な状態だった。ドワイトは薬を見つけ原因が何か気づくが‥。ロスが見舞いに駆けつけるとエリザベスは死んだと告げられる。ジョージは僕らが死に追いやった、彼女を見てこいと言う。ロスは彼女の亡骸にキスをする。ジョージはどんな言葉も受け付けず、ドワイトは君には娘がいると言って預ける。一方、キャロラインはまた子供を産みたいから戻ったのだとドワイトに話す。エリザベスを失ったロスはそれ以上にデメルザを失うことを恐れる。デメルザもヒューを失った時に同じことを思ったと打ち明ける。そしてドレイクとモーウェナは無事に結婚式を挙げる。

エリザベスがまさか死ぬなんて〜〜!バレンタインのためとは言え無茶なことするなぁ。前と全く同じ状況だったことからジョージはすっかり信じたけど、こうなってしまってはね。せめてドワイトにだけでも事実を打ち明けていれば死は免れたかも知れないのに。そもそもジョージと結婚したことが彼女の不幸の始まりだった。結局、エリザベスはジョージなんか愛してなかったと思う。
ロスがジョージにぐうの音も出ないほど言ってやったのは良かった!本当にあれ以上何を望むんだよ。ナイトの爵位までもらえるくせに。
ロスもエリザベスを失ってみて、デメルザを失う方が怖いと気づいたし、ようやく互いに最愛の人だと確認し合えたのは良かった。
それとようやくドレイクがモーウェナと結ばれたことが何より!ここまで長かったね。一緒にさえいられれば良いじゃないか。
フランシスやアガサたち懐かしい面々も再登場。20年前のロスは髪がふわふわしてたw
ひと段落ついた感じで終わったけど、シーズン5ではどんな波乱が待ち受けているんでしょうか。

↓参考になったと思ったらポチッと!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへにほんブログ村

Poldark: Complete Series 1-4 [Region B] [Blu-ray]
クリエーター情報なし
メーカー情報なし


視聴環境:シネフィルWOWOW





©︎2009 シーサイド発
『ドラマ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 最高に楽しくて笑えるDC映画... | トップ | レジェンド・オブ・トゥモロ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。