シーサイド発

海外ドラマのあらすじをネタバレでレビュー!ゲーム・オブ・スローンズ、ウォーキングデッド、アメコミなど

[終]メンタリスト シーズン2 #23「夜明けの赤い空」

2011年10月21日 01時59分22秒 | The Mentalist
The Mentalist Season 2 #23 Red Sky In The Morning
 [シーズン2 最終回]

 クリスティーナとデートするジェーン。そこでもウェイターに交霊を披露するクリスティーナ…。女性が殺害される映像がネット掲示板にアップされる。事件現場の壁にスマイル・マークが描かれていたことから、レッド・ジョンの仕業と思われたが、現場を見たジェーンはレッド・ジョンではないと考える。クリスティーナは、女性は最近殺され遺体は水のそばで見つかると予言。ジェーンは捜査に口出しするクリスティーナにあきれる。
※以下、ネタバレです。

 被害者のマーリーはサンフランシスコの警官グレイディーと付き合ってが一度も顔を見たことがない、とルームメイトのルースとディランから聞く。犯罪学の授業ではディスカッションでレッドジョンの名前を出していたらしい。グレイディーとは殺人犯で刑務所でオーバル・タナーと一緒だった男の名前だった。そんな時、クリスティーナがテレビ番組でレッドジョンに「救いを求めて欲しい」と呼びかける。

 ジェーンはクリスティーナが狙われると心配、しかし彼女は自分は嘘を言ってないから大丈夫だと突っぱねる。マーリーの手帳からグレイディーの住所が判明。そこは壁一面にスマイルマークを描く練習してた形跡が。その直後、チョウとリグスビーは屋根から襲撃を受ける。追いかけるが男はバイクで逃走。その際にカメラの蓋を落としていった。ジェーンはそのことから模倣犯はマニアックなスプラッタオタクと推測。

 犯罪学の受講リストからウェスリー・ブランクファインが浮上。ルースからマーリーの彼は黒のSUVに乗ってたと情報を得る。すると母親がそれを所有していた。一方、FBIからレッドジョン事件が発生したと連絡が入る。クリスティーナが出演した番組の司会者が殺されたのだ。ジェーンは現場を見てレッドジョンだと確信。クリスティーナを心配し駆けつけるが、でも彼女はレッドジョンは来ないから帰れと追い返す。

 ウェスリーの自宅からマーリーに執着して作成した合成写真とスマイルマークが見つかる。一方、仮眠してたはずのクリスティーナが姿を消す。荷物もなくなっていたことから、誘拐と逃避を疑う。ジェーンはウェスリーの写真を見てサリンジャー・ミルだと気づきひとりで現地へ。ホテル・コロナが隠れ家と突き止め応援を待たずに中へ。背後から殴られ、気づくとデクスターがやるみたいにラップで椅子にまかれてしまう。

 ウェスリーが儀式めいたことを発したため、情熱がたりないと言ってやり直させる。実はディランとルースも仲間で、裏で撮影していた。ジェーンはマーリーを殺したのはディランだと指摘すると、ルースが自分がやったと告白。ウェスリーは母親を人質にされ強要されていただけだった。脅されジェーンを殺そうとするが、背後から銃声が。レッドジョンがディランとルースを撃ったのだった。

 ウェスリーは足を撃たれ、ルースは模倣は許さないとトドメを刺される。椅子ごと倒れたジェーンを起こし「虎よ虎、赤々と燃える、暗い夜の森でどんな不死身の手や目がその恐ろしき造形を作り得たのか」と告げる。そして「クリスティーナが愛を伝えて欲しい、行けタイド」と言い残して去っていく。二日後、ジェーンはレッドジョンが言った言葉をリズボンに報告しなかった。そして事件があった自宅のベッドに横たわってレッドジョンが言ってた言葉を復唱する。


最初の事件はどうみても模倣犯だったけどルームメイトが犯人だったとはねぇ。
まさかレッドジョンがジェーンを助けるとは思わなかった。
顔はマスクで隠れてたし、また謎が残った。クリスティーナは何であんな挑発的なことをテレビで言ったんだろう!?
そして彼女はどこへ消えたか??最初クリスティーナがレッドジョンなのかなと思ったけど、マスクの下の声は男だったしな~。
ジェーンの最後の笑も不思議すぎる・・・。
こんな状態でシーズン3を待たないと行けないとは(ノД`)シクシク

↓参考になったと思ったらポチッと!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへにほんブログ村

THE MENTALIST/メンタリスト<セカンド・シーズン>セット1 (6枚組) [DVD]
クリス・ロング,ブルーノ・ヘラー,ブルーノ・ヘラー
ワーナー・ホーム・ビデオ

THE MENTALIST/メンタリスト<セカンド・シーズン>セット2 (5枚組) [DVD]
クリス・ロング,ブルーノ・ヘラー,ブルーノ・ヘラー
ワーナー・ホーム・ビデオ

THE MENTALIST/メンタリスト <ファースト~フィフス・シーズン>DVD ボックス (初回限定生産/57枚組)
サイモン・ベイカー,ロビン・タニー,オーウェン・イオマン,ティム・カン,アマンダ・リゲッティ
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

Network:CBS / Super!dramaTV

===============================
注意事項
*日本未放送分に関するネタバレコメントは禁止です!
*また内容に関係のないコメントやトラックバックは削除します。
*リンクは可としますが、記事の無断転載・引用は禁止!

===============================
『ドラマ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« Dr.HOUSE シーズン6 #15「秘... | トップ | ウェアハウス13 シーズン1 #... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (りんりん)
2011-10-22 15:26:25
「行けタイド」を知ってたり、クリスティーナの気持ちを代弁したり、、
私もクリスティーナが犯人なのかなと思ってしまいました。
でも女性にいままでの殺人が出来るのか?体力的に無理では?
あと前毒殺されたCBIのおばさん(名前忘れました)も、彼って言ってるし、、うーん。

今シーズンの終わりは、1シーズンラストと比べると、少し物足りない感じがします。
またしばらくジェーン達に会えないのは寂しいですね。
Unknown (jan)
2011-10-22 21:59:31
 吹き替えだと女っぽい声になっていたので、まさにクリスティーナ?って感じでしたが、字幕だと男だったので、ちょっとホっとしました。クリスティーナがいったいどんな位置なのか良く分かりませんが、自分の能力をひけらかすような彼女はイマイチ好きになれませんでした。今後も出てくるのかなー。S3待ち遠しいですね♪
⇒りんりんさんへ (ralph)
2011-10-23 17:26:03
そうそう「行けタイド」を知ってるのはあの場にいた人間ということになるんですよね~。でもクリスティーナから聞けば分かることだし、女性がレッドジョンとは考えられないですね。
しかもレッドジョンと付き合った女性が何人かいたし。

そうですね、S1の時と比べちゃうと緊迫感とか足りなかったですね。ボスコの事件の方がよっぽど・・・
チョウもアナコンダに勝てるような面白さが欲しかったなー。
しばらく見れないの寂しくなりますね。
⇒janさんへ (ralph)
2011-10-23 17:28:57
クリスティーナがレッドジョンと視聴者に思わせる展開でしたね。でも今までのことを考えると絶対に彼女ではないですね。
クリスティーナは彼の仲間なんじゃないかと予想。
そうそうジェーンの前でも相変わらず能力をひけらかしてますね。どこまで本当?って思っちゃいますが。
S3はよこーい!
Unknown (uki)
2012-01-27 01:38:05
クリスティーナは多重人格者で、その中の男性の殺人鬼の人格がジョンではと・・・。
赤々と燃える暗い森は、夢か深層心理で、どんな不死身の手足とは、過去の忘れることのできない体験。その恐ろしき造形(対象)がジョンという人格。クリスティーナのことをとても馴れ馴れしく話すところや“行け、タイド”の言葉。クリムゾンタイドに所属していた伯父さんの5年前という無くなった年月の事など。
また、ジェーンのジョンが去った後のピエロのような感情の混ざった笑顔と自宅での微笑みなんかがクリスティーナが犯人と思っていそうな感じがそんな感じがしますが。
鑑識の男性も怪しいですよね、ジェーンに驚かされたのをやり返した感もあり。
終盤のジェーンが椅子で安心した時にまた帰ってきて、ジェーンがびっくりするシーン。

色々考えてしまいますが、クリスティーナがジョンじゃないとすると生きているのでしょうか?
⇒ukiさんへ (らるふ)
2012-01-28 19:59:29
クリスティーナがレッド・ジョンということになると、以前彼と交際していたと証言した女性が嘘をついてたという事になりますね。
クリスティーナだと腑に落ちる点も多いけど、腑に落ちない点も多々ありますね。
こんなに早くレッドジョンの正体が明かされることはないと思うので、今後の動きによく注意してみる必要がありますね。
このドラマが終わる時に明かされるんだろうな~。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

メンタリスト S2 (観たよっ♪)
S2 #23(終)  シーズン最後を飾るレッド・ジョンっ!!  自分が疑心暗鬼していた内容を裏切ってくれてよかった~っ!!(笑)